スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

手軽に飲める!スポーツの水分補給に最適なお茶とは?

HOME » 水分補給にピッタリのお茶ってあるの? » スポーツのときはどのお茶がいい?
水しぶき 画像

水分補給にピッタリのお茶ってあるの?

スポーツの水分補給はどのお茶がいい?

スポーツの水分補給にお茶は向いている?

自分である程度飲む量を配分できる大人ならともかく、子どもに糖分たっぷりのスポーツドリンクを日常使いさせるのは、やはり気になるものです。

日常的に飲んでいて、健康に良いイメージもあるお茶ではダメなのでしょうか。

ということで、スポーツの水分補給とお茶の関係を調べてみました。一般的に良く知られている緑茶・烏龍茶・麦茶・紅茶のうち、スポーツの水分補給に向いているお茶は、あるのでしょうか?

スポーツに向いているお茶はどれ?種類別・お茶の成分を徹底分析

お茶 イラスト

緑茶と烏龍茶・麦茶・紅茶という、一般的に飲まれているお茶について、含まれる成分や効果について調べてみました。

緑茶・烏龍茶・紅茶ともにすべてお茶の葉を原料にしていますから、基本的には同じような成分が含まれます。緑茶は発酵させていないのでビタミンが多めで、紅茶や烏龍茶はビタミンが少ない分、ポリフェノールやアミノ酸などが多くなります。麦茶は麦が原料なので、その他のお茶とは全く別物。カフェインが含まれていないのが最大の特徴です。

それぞれのお茶の成分や効果について、下記にまとめてみました。

緑茶

カテキンや
ビタミンが豊富

主な
成分
カテキン、カフェイン、テアニン、ビタミン類(ビタミンCなど)、ミネラル(カリウム、カルシウム、リン、マンガンなど)
主な
効果
血中のコレステロールや体脂肪を
低下させる作用
抗酸化作用
抗菌作用
覚醒作用(眠気を覚ます)

烏龍茶

ビタミンやミネラルは
少な目だが
ポリフェノールが豊富

主な
成分
カテキン、カフェイン、ビタミン類、ミネラル(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン)、ポリフェノール
主な
効果
血流促進作用
抗酸化作用
疲労回復作用
胃の粘膜を保護する作用

麦茶

ミネラル豊富で
ノンカフェイン

主な
成分
ミネラル(カリウム、ナトリウム、マンガン、マグネシウム、リン、亜鉛など)、ビタミン(ビオチン)
主な
効果
血流促進作用
抗酸化作用
疲労回復作用
胃の粘膜を保護する作用

紅茶

タンニンやアミノ酸が
含まれるが
カフェイン多め

主な
成分
タンニン、カフェイン、アミノ酸、ビタミン類(ビタミンAなど)
主な
効果
血中コレステロールや体脂肪を
低下させる作用
抗酸化作用
抗菌作用
血糖値の上昇を抑える作用
覚醒作用(眠気を覚ます)

カフェインレスのお茶を選ぶことが大切

イメージ

まず結論から言ってしまうと、スポーツ時の水分補給として最も適しているお茶は、麦茶です。茶葉を原料とするお茶にはカフェインが含まれており、今回調べたものでは麦茶以外すべてに含まれていました。

のどの渇きを潤す、という程度の水分補給なら、どのお茶でも問題ないのですが、スポーツ後やお風呂上がりなど、汗を大量にかいた後には、カフェインが含まれているお茶はふさわしくないそうです。カフェインには利尿作用があるので、摂取した水分が体内に吸収されず、尿として排出されてしまうことがあります。これでは水分補給になりません。

また、カフェインには中枢神経を興奮させて眠気を覚ましたり、集中力や瞬発力を高めるという作用があります。適量を守って摂取する分にはその効能を得ることができますが、摂取し過ぎると、頭痛や動悸、不眠や嘔吐、下痢などの身体症状を引き起こします。依存性も強いので、毎日摂取し続けていれば常習化し、カフェインの摂取がやめられなくなることも…。スポーツ時の水分補給としてたくさん飲むドリンクとしては、カフェインが含まれるお茶は適切ではありません。

その点、麦茶にはカフェインが含まれていないので安心。お子さんからお年寄りまで飲むことができますし、糖分もカロリーもなく、たくさん飲んでも大丈夫。火照った体を冷やす作用もあります。麦茶は、体に優しく水分補給ができる万能ドリンクですね。

ただし、麦茶にはミネラルが含まれているとはいえ、大量に汗をかいた後に補給が必要なほどの量は含まれていません。水分だけでは体液の濃度が薄まって、体調を悪くしてしまうこともありますから、ミネラル補給の食べ物を一緒に取るなど、工夫するようにしましょう。