スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

テニスのパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給

HOME » スポーツ脳がパフォーマンスを上げる! » テニスのパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給
水しぶき 画像

メンタル面の重要性!

テニスのパフォーマンス向上にはメンタル強化が不可欠

テニスの試合を見ていると、広いコートの中を長時間走り回り、とてもハードなスポーツであることが伝わってきますよね。 スポーツにおいて、種目に応じた体作りは基本中の基本ですが、テニスはメンタル面も大きく関わっています。 試合中にミスをして負けてしまった様子を見ると、技術というよりもそのときの集中力が欠けていたり、メンタルが保てなかったために起こっているミスがとても多いのです。

パフォーマンスを上げるためにメンタル面を整えるには、メンタルトレーニングや試合中のコンディションの管理が重要になります。 こちらでは、テニスの試合でパフォーマンスを向上させるために有効な方法についてご紹介していきます。

下半身強化のために有効な「ピラティス」

下半身が安定するとパフォーマンスが上がる

テニスのパフォーマンスを上げるために、日頃からいろいろなトレーニングにチャレンジしていると思います。 多くのスポーツに共通していることですが、特にテニスやゴルフなどの場合、ラケットやクラブを持ってプレイするので、重心がしっかりしていることと、下半身が安定していることが重要です。

重心や下半身が安定していないと、トレーニングで筋肉に負荷がかかったときに体が歪みやすくなり、体が歪むと筋力が低下してしまいます。 バランスの取れたしなやかな体を作ることは、テニスのパフォーマンス向上に直接的な効果が期待できます。

「ピラティス」で下半身や体幹を鍛える

テニスプレイヤーの中で最近注目されているのが「ピラティス」です。
ピラティスはインナーマッスルを鍛えることができる上に、体の歪みを整え、下半身を強化できるので、ラケットを握りながらプレイをするテニスに適しています。
サーブのときに下半身が安定していないとよいサーブが打てません。
また、ピラティスでは体の中心に重心をおいて動くので、これも重心が大切なテニスのパフォーマンス向上につながります。
ハードなトレーニングで疲労している筋肉を緩める効果もあるそうですので、ぜひ日常のトレーニングにピラティスを取り入れてみましょう。

パフォーマンスを向上させるメンタルトレーニング

イメージトレーニングで試合に備える

テニス以外のスポーツでも、イメージトレーニングを活用している選手は多いです。 よいサーブが打てている様子や、よい試合ができている様子を具体的にイメージすることが、パフォーマンスの向上につながります。 行っていない試合を具体的にイメージすることが難しいのであれば、過去のベストショットを思うかべるのもよいでしょう。 イメージしようとすると集中できなかったり、イメージが途切れてしまっても大丈夫です。

さらに、内的イメージトレーニングとして筋肉がしっかり動いている様子をイメージすることも効果的です。 筋肉を使っている感覚を思い浮かべるのですが、このとき目を閉じて体を動かしながらイメージがすると、よりイメージしやすくなります。 内的イメージトレーニングは根を詰めて行うと疲労してしまい、試合のパフォーマンスに影響が出てしまうので、適度に行うことが大切です。

ヨガや瞑想はメンタルトレーニングに効果あり

精神状態を整えるために、ヨガや瞑想を行っているアスリートは多いですね。
テニスの試合においても、ヨガや瞑想は有効です。
これらを行うと、集中力が高まったり、後ろ向きな思考を排除する効果が得られます。
集中力は試合において最重要ともいえるポイントですし、「試合に負けたらどうしよう」という不安を排除することも、勝つためにはとても有効です。
また、緊張や不安からくるストレスを緩和させる効果も期待できるので、適度にリラックスした状態で試合に臨めます。
マインドコントロールのひとつの方法として、ぜひ取り入れてみるとよいでしょう。

集中力を高めるトレーニング

いろいろなスポーツに共通した、集中力を高める訓練方法がありますが、テニスに特化したものだと「ボールに合わせて声を出す」のが効果的です。 ボールがバウンドしたときや、ラケットに当たったときにちょっとした掛け声を出すようにすると、ボールとのリズムがつかみやすくなり、集中力が高まります。 掛け声はどんなものでもかまいません。 「よし」や「ナイス」など、自分のかけやすい声で声出しをしてみましょう。

テニスの試合で「タイミング」はとても重要な要素で、自分にとってよりよいタイミングをつかむことも大切ですし、相手のタイミングをずらすことも戦略として有効です。 タイミングに合わせて声を出すトレーニングは、タイミングをつかみながら集中力を高めることができるので、一石二鳥。 ぜひ実践してください。

試合当日にパフォーマンスを上げるためにできること

呼吸を意識する

試合を見ていると、サーブのときなどに呼吸を意識して行っている選手が多いように思います。 呼吸はパフォーマンスを上げるための大切な要素で、意識することで体幹に力が入り、ボールを打ったときの強さが増すほか、ボールのリズムを取りやすいなどのメリットもあります。 集中力を高める効果も期待できるなど、呼吸法はぜひ取り入れたいもののひとつです。

具体的には「腹式呼吸」を意識するのですが、まずは姿勢をしっかり整えて、「鼻から吸って口から出す」を基本とします。 呼吸をするときはただ息を吸ったり吐いたりするのではなく、体幹や背中、脇腹などを意識しながら呼吸をすることで、筋肉をより活発に動かすことができます。

水分補給はパフォーマンスを大きく左右する

スポーツの試合で水分補給は欠かせませんが、テニスも同様です。 テニスの試合はとても暑い中で行われることが多いので、適度に体を冷やすことと、しっかり水分補給を行うことがとても大切です。 水分補給においては、試合当日はもちろんですが、前日からできるだけたくさんの水分を摂取して、体に水分が十分に補われている状態で試合に臨むことがまずひとつ。 そして試合中は、喉が乾いたと感じる前にこまめに水分補給を行うのがポイントです。

最近では「グリセリンローディング」という製法で作られたスポーツドリンクがあり、これは体内に水分を維持する効果に優れているといわれています。 せっかく水分補給をしても、すぐに汗で出てしまっては意味がないので、できるだけ長く体内に水分を留めておければ、だるさや頭痛を感じることなくパフォーマンスを維持できます。 グリセリンローディングを使用したドリンクは、試合中はもちろん前日の水分補給でも有効です。 試合開始後に水分を体内に留めておく効果が期待できます。

テニスの水分補給のポイント

夏場のテニスコート上の体感温度は、実に60度に達することもあると言われています。そのような過酷な環境の中で、全身の筋力と瞬発力を駆使して3~4時間も動き回るテニス。水分との上手な付き合い方こそ、試合のパフォーマンスを大きく左右することは、誰にでも容易に想像ができるでしょう。

以下、テニスのパフォーマンスを上げるための水分との付き合い方に関連し、大事なポイントを4つピックアップしました。

「喉が渇く前に飲む」が基本

プロテニスプレーヤーの試合を見ていると、実に頻繁に水分を摂取していることが分かります。その光景を見ると、「あれだけの汗をかいているのだから、かなり喉も乾いていて当然だろう」と思いたくなりますが、実は、プレーヤーたちは喉が渇いたから水を飲んでいるのではありません。喉が渇く前に水を飲んでいるのです。

いかなるスポーツでも同じですが、特に発汗量の多いテニスにおいては、喉が渇いてから水分を補給しても手遅れ。パフォーマンスが下がり、普段の力をほとんど発揮できないことになります。

喉が渇く前にこまめに水分と摂ること。これがテニスにおける水分補給の大前提です。

水分不足はメンタルにも影響を与える

テニスの世界では、たった一打のミスが試合全体の流れを変え、一気にストレート負けを喫することもあります。

ミスの原因の大半は、肉体ではなく脳の働き。状況を読む力、瞬時の判断力、一瞬の恐れなどが肉体の動きに影響を与え、ミスを誘発します。

これらメンタルの働きは、多分に脳の水分量が関係していると言われています。現に医学的にも、脳の水分量が及ぼす精神への影響については多々議論されているところです。

脳は、その重さの約85%が水分でできている組織。脳の働きに水分がいかに多大な影響を与えているかは、容易に理解できると思います。

極端なたとえですが、体の水分が1%減ったら脳の働きが1%低下する、と考えておいたほうが良いでしょう。緊張感で張り詰めた試合中に判断力が1%鈍れば、一打のミスなどは十分に起こり得ます。

水分の摂り過ぎにも注意する

いかに発汗量の多いテニスとは言え、水分を摂り過ぎてしまってはパフォーマンスを低下させます。体が重くなり、動きが鈍くなってしまうからです。試合中の発汗量に対して適切な水分量を補給することが大切、と心得ておきましょう。

ちなみに発汗量には、大きな個人差があります。自身の発汗量を知るためには、1時間あたりの体重の変化をチェックしてみてください。1時間で水分を1リットル摂り、かつ体重に変化がなければ、あなたの試合中の発汗量は1時間あたり1リットルということになります。

グリセリンローディング法が注目されている

アスリートの新たな水分補給の方法として、近年、グリセリンローディング法が注目されています。

グリセリンローディング法とは、普通の水やスポーツドリンクではなく、グリセリンを含んだ水分を補給する方法。海外のオリンピック選手の間ではメジャーな水分補給法として知られ、日本でも一部のプロテニスプレーヤーなどが導入している方法でもあります。

グリセリンには「水を引っ張り込む性質」があるとされ、これを混合した水分を摂取すると、余分に尿や汗で排出されることを防ぐ働きがあると言われています。つまり、長時間にわたり体内に適度な水分が蓄えられ続ける、ということです。

なお、グリセリン自体は通販なのでも安価で販売されていますが、くれぐれも自分で水分補給用のグリセリンウォーターを作らないようにしてください。配合量を誤ると逆効果になるからです。グリセリンウォーターに興味のある方は、専門メーカーから販売されているものを購入するようにしましょう。

まとめ

1対1で行われる試合なので、緊張や不安が高くなりがちなテニスの試合。
テニスの試合でパフォーマンスを上げるには、特にメンタルトレーニングをしっかり行うことが重要です。
日常的にメンタルトレーニングを行うのはもちろんですが、試合前日や当日に心を落ち着けられるツールを見つけておくとよいでしょう。
その上で当日のコンディションを最良の状態に整えるために、瞑想などで試合に不必要な思考を排除し、しっかり水分補給を行って体をよい状態に保ちます。
日常的に行っているトレーニングに加えて、ぜひ今回ご紹介したトレーニング方法も実践してみてください。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS2がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:22mm×長さ:50mm×高さ:162mmで、重量:165gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kenco使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS2で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS2の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(22mm×50mm×162mm)
  • 5分の吸引で水素水(1.0ppm)5L分
  • 3種のアロマでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!