スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

ピーキングの内容と達成する上でのポイント

HOME » スポーツ脳がパフォーマンスを上げる! » ピーキングの内容と達成する上でのポイント
水しぶき 画像

ピーキングの重要性とは?

 

ピーキングで最高のパフォーマンスを発揮する

トレーニングを工夫することでパフォーマンスを上げる

普段のトレーニングを細かく調整することで、自身のパフォーマンスをピークの状態へ持っていくようにすることを「ピーキング」といいます。ここではピーキングを行う上でのポイントなどについて紹介します。

スポーツにおいて、試合で最高のパフォーマンスを発揮するためには普段のトレーニングに加えて微細な調整が必要になります。試合当日にパフォーマンスがピークになるようにトレーニングプログラムを工夫することを「ピーキング」と呼びます。

今回はそんなピーキングのポイントを学び、どのように行えばいいのかを理解していきましょう。

ピーキングにおいて大切なのは休息期、準備期、試合期に分類すること

ピーキングはすべてのスポーツにおいて重要です。しかしこのピーキングが注目されてから日は浅く、とくに学生選手やコーチなどはピーキングに対する理解が少ないのが現状です。

明確なオフシーズンも定めずに強度の強いトレーニングを継続的に行なっていると、知らず知らずのうちにオーバートレーニングに陥り、試合当日に疲労が抜けていないことも…。結果を残せないだけでなく、怪我の原因になってしまうこともあります。

ピーキングを行うこと、すなわち、試合当日に疲労を溜めず、体を動かしやすい状態に導くことで最高の結果を生み出せるようになるのです。

ピーキングにおいて重要なのが、トレーニング期間を休息期、準備期、試合期に分類すること。各期間で適切なトレーニングを行い、長期的な視野でトレーニング内容を考えていく必要があります。

休息期は「回復」が目的

休息期はトレーニングで駆使した筋肉や体力を回復させることが目的です。過度なトレーニングを避け、体を休めて体力の向上を図ります。

準備期はトレーニングの「強化」

準備期では試合に向けてトレーニングを強化していきます。

筋力やパワー、持久力などのフィジカルはその日鍛えてすぐにどうにかなるというものではありません。試合で最高の結果を出すには、何よりも日頃のフィジカルを鍛えるトレーニングが大切です。準備期、休息期を繰り返すことで徐々にパフォーマンスを上げ、試合に備えることができます。

試合期はコンディショニングを「整える」

試合期に最高のコンディションに整えるためには、直前にトレーニングをしすぎてオーバートレーニングになることを避ける必要があります。試合数日前はトレーニング量を少なくし(テーパリング)、メンタルのチェックやメディカルチェックなども行い、選手のコンディショニングを選手自身やコーチが把握しながら微調整を行っていくことが大切です。

ピーキングを行なう上でのポイント

状況に応じて柔軟にトレーニング内容を変更する

ピーキングは原則上記のサイクルに沿って行われますが、選手のコンディションは常に変動しています。そのため、常に選手の状態をコーチや選手自身が把握しながら、柔軟にトレーニング内容を変更していく必要があります。

疲れの感じ方やメンタルなどの主観的な面はもちろん、体重、脈拍など客観的な数字をもとにトレーニング内容を変更することも大切です。

また、筋肉や体力を向上させるためには休息は必要ですが、休息期が長引くと逆に筋力や体力の低下を招きます。

試合前にはトレーニング量を減らすというのがピーキングの重要なポイントですが、その結果体がなまったり体重が増加して思うように体を動かせないという事態に陥らないよう、あらゆる面で調整していかなければなりません。

テーパリングをする際は食事内容にも気をつける

ピーキングを考える上でテーパリングは欠かせません。

テーパリングとは、試合に向けて徐々にトレーニングの量を減らしていくことです。ピーキングと混合されがちですが、試合で最高の結果を残すために必要な調整全般をピーキングと呼ぶのに対し、テーパリングはそのピーキングのための手段と言えます。

ただし、筋力、体力のダメージを防ぐテーパリングをすると、トレーニング量が減る分エネルギーの消費量が減少してしまいます。常にいつもと同じ食事をとっていると試合前に体重が増加してしまうなどのトラブルが考えられるので、テーパリングさえ行えばよいというものではないということを覚えておきましょう。

睡眠時間の乱れに注意

睡眠時間も試合のパフォーマンスには大きく関係しています。1日程度の睡眠不足は、体力的な面ではあまり影響がないと言われています。しかし数日、数週間に及ぶ睡眠時間の乱れはパフォーマンスに大きく影響を与えます。

睡眠時間は選手本人によるところが大きく、コーチや周囲も管理しきれない部分ではあります。そのため、選手に睡眠時間の大切さを認識させ、しっかり睡眠時間の確保、記録を行うように指導することも大切と言えるでしょう。

とくに国を越えての試合がある場合、遠征先での時差、環境の違いにはとくに注意する必要があります。

メンタルトレーニングも忘れずに

試合当日に向けてメンタルのトレーニングを行うことも大切です。いくら体力、筋力を鍛えても、本番の緊張感やいつもと違う環境で普段通りのパフォーマンスを発揮するためには強いメンタルが必要になります。

また、試合を完璧にこなすためには失敗する場面を想像しない、成功するイメージを強く思い浮かべるイメージトレーニングも大切です。

選手自身がメンタルをコントロールするためには、日頃からカウンセリングを行ったり、コーチが選手の状態を把握すること、チーム内の信頼感を高めることが重要です。

どんな選手であっても試合本番はある程度の緊張が付きまとうもの。フィジカルだけでなくメンタルのトレーニングもしっかり行うことを忘れないようにしていきましょう。

糖質、たんぱく質、ビタミンやミネラルをバランスよく摂取する

栄養面もピーキングには重要です。とくにトレーニングなどで消耗した体力を取り戻すためには十分な糖質を摂取する必要があります。試合当日にパフォーマンスを発揮するにはこの糖質、炭水化物は欠かせません。減量の必要があるスポーツでも、当日には糖質を摂取できるようなメニューを考えておきましょう。

また、普段のトレーニングではこの糖質にくわえて筋肉を作るプロテイン(たんぱく質)もとても大切な要素になります。プロテインを効率よく取り入れるためには、野菜や果物に含まれるビタミンやミネラルといった成分も必要となります。これらをバランスよく取り入れた食事を心がけましょう。

トレーニングで疲れて食事がとれない、食事時間にバラつきがある、バランスの悪い食事を続けているといった風では体力や筋力をつけることができず、また疲労回復も遅くなってしまいます。

日々のトレーニングで体重を適正に保つ

食事メニューを考える際は栄養だけでなく体重を気にする必要もあります。柔道、ボクシング、レスリングなどの競技では試合前の体重計測が必要なため、試合に合わせて体重を絞らなければなりません。

試合前に無理な減量を行うと試合当日に体調不良などを起こし最高のパフォーマンスを発揮できなくなってしまいます。

試合直前に慌てて体重をコントロールしようと考えるのではなく、日々のトレーニングで体重を適正に保つこと、食事メニューを体重に合わせて変更することの重要性を選手、コーチがしっかりと理解し、周囲がそれに協力することが重要です。とくに遠征などでいつもと同じ食事がとれない場合は、何を食べるのか事前によく考えておく必要があります。

体の不調を感じたらすぐにメディカルチェックを

怪我や病気などのメディカルチェックもピーキングには欠かせません。トレーニングに怪我はつきものですが、適切な対応を取らずに無理なトレーニングを続けていると怪我の回復も遅くなり、痛みを抱えたまま試合に挑むことになってしまいます。

そんな事態を避けるためには、体の不調を感じたらすぐに医師に相談し、適切な治療を行うといったメディカル面でのサポートが大切です。トレーニング量を減らす、怪我をしている部分を使わないというような対処には選手の不安も大きくなりますが、医師などの専門家にしっかりと状況を診てもらうことで安心感が増すでしょう。

試合期には特に入念なメディカルチェックを行い、ピーキングを行っていきましょう。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS2がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:22mm×長さ:50mm×高さ:162mmで、重量:165gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kenco使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS2で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS2の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(22mm×50mm×162mm)
  • 5分の吸引で水素水(1.0ppm)5L分
  • 3種のアロマでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!