スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

脳ストレス

水しぶき 画像

ストレス対策がパフォーマンス向上につながる!

アスリートのためのストレス解消方法とは

アスリートのためのストレス解消方法とは!

ストレスはパフォーマンスを低下させる大きな原因になってしまいます。日常生活を送るうえでストレスを全く感じずに生活することは難しいといえるでしょう。ストレスを感じていると精神的な疲労が肉体的な疲労も招き、パフォーマンスが低下します。アスリートはメンタルの強い方が多いのですが、常に最高のパフォーマンスを披露するためにもストレス対策としておすすめしたい方法などについてご紹介しましょう。

自分に合ったストレス解消法を探そう

ストレス解消の方法には様々なものがあります。その中から自分に合ったものを探してみましょう。

ストレスの原因を把握する

自分自身で何に対してストレスを感じているのかがわからないとうまく対策が取れません。なんとなくイライラするものの、その原因がわからない…と悩んでいるのであれば、自分としっかり向き合ってみましょう。

ストレスの原因がわかれば、それへの対策も取りやすくなります。まず、紙にストレスと思われる原因を書き出してみましょう。書いていくうちに自分でも気づかなかったストレスの原因が見つかるかもしれません。また、紙に書き出すことによって客観的に自分の悩みと向き合うことができるので、どうすればそのストレスを回避できるのか、状態を悪化させずに済むのかわかるでしょう。

コーピング

コーピングとは、ストレスが頂点に達する前に発散する方法です。ストレスを感じていたとしても、それを発散する方法がわからずに対策が取れずにいる方も多いはず。だからといってため込んでしまうのはおすすめできません。

まずは先述したようにストレスを感じる可能性があるものをすべて紙に書き出してみましょう。続いて自分にとってストレス解消になることもたくさん書き出します。できればこのリストは持ち歩くのがおすすめです。

続いて、この書き出したストレスを感じるリストにピックアップした出来事があった場合は、ストレスを解消する方法リストにピックアップしたことを実践します。このようにして、ストレスを感じることがあったとしてもそれを打ち消すことも実践することにより、心のバランスをとることができるでしょう。

このコーピングはアスリート選手や宇宙飛行士の中でも取り入れられることが多い方法です。特に閉鎖的なチームや空間の中にいると小さなことでストレスを感じやすいため、コーピングなどの方法を活用してストレスをため込みすぎないように注意していきましょう。

パフォーマンスを左右するストレス対策に効果的なコーピング

トップアスリートもストレス対策にはかなり力を入れています。人間は様々なシーンでストレスを感じますが、積極的にストレス対策を実践している方は少ないのではないでしょうか。ですが、ストレスは肉体的なパフォーマンスとも深く関わってくるため、軽視はできません。そこで、ストレス対策に優れている「コーピング」についてご紹介しましょう。

コーピングでストレスに向き合う

私たちは毎日何かしらのストレスを感じています。中には自分自身ではそれをストレスと気づけていない方も多いでしょう。何となく疲れる、精神的に落ち着かないということであればストレスを溜め込んでいる可能性も疑ってみなければなりません。

ただ、ストレスは0の方が良いのか?というとそうとも言えないのです。あまりにもストレスが少なすぎると集中力が低くなったり、レースや試合に挑むのに最適な心理状態とは言えません。

反対にストレスを溜め込みすぎていると極度に緊張してしまい、普段通りのパフォーマンスが発揮できなくなってしまいます。ここからもわかる通り、重要なのは「適度なストレス状態」だといえるでしょう。適度なストレスは自分にとって最適なパフォーマンスを発揮するためにも欠かせません。

ここでぜひとも実践して欲しいのがコーピングなのです。コーピングとはストレスをエネルギーに変え、最高のパフォーマンスを発揮する方法のこと。コーピングがうまくできるかによってストレスを味方にできるのか、敵になるのかが変わってきます。

コーピングでストレスを力に変える

コーピングとは、多くの方が排除しようと考えているストレスを味方にし、自分自身の力に変える方法のことを言います。そもそも、普段からストレス対策をしていたとしても全くストレスを感じずに過ごすことはほぼ不可能なので、ストレスを敵に回すのではなくて味方にする方法について考えることは非常に重要だといえるでしょう。

コーピングは「心身の自己調整法」とも表現されることがあります。これがうまくできれば精神的に不安定な状態に陥る可能性も少なくなるでしょう。では、ストレスを味方につけるとは具体的にどうしていけばいいのかについてご紹介します。

コーピングのやり方

まずは、自分がどのようなストレスに弱いのかを理解することが大切です。どのようなことをストレスとして感じるかは人それぞれなので注意しましょう。例えば、上司から嫌みを言われることを深く考え込んでしまう人もいれば、軽く聞き流せる人もいますよね。この場合、感じるストレスも違います。

急に仕事の部署が変わった際に、「心機一転して頑張ろう!」と前向きになれる人もいれば、「本当に自分にできるのだろうか、できなかったらどうしよう…」と胃が痛くなる人もいるでしょう。自分がどのようなことをストレスと感じるのかについて正しく理解できていれば、ストレスに感じそうな出来事が起きた時にすぐに対策をとることができます。

刺激に対する考え方

何かストレスに感じる出来事があったとしましょう。人間はそのことと感情をすぐに結びつけて直線的に考えてしまいがちです。例えば、仕事をうまく進められず、上司からきつく説教されたとしましょう。この場合、「説教をされた=悲しい」と考えてしまいますよね。

ですが、説教されたことに対し、ただ悲しいと感じるのではなく、「次はがんばろう」と考えられる人もいます。この両者で何が違うのかというと、刺激を受けてから感情につながるまでの評価が違うといえるでしょう。

ストレスにつながるような刺激があった場合、人間は無意識のうちにその刺激をどのように自分で受け止めるか評価する作業をするのです。つまり、「上司から説教されたから悲しい」というよりも、「上司に説教されたことにより、自分自身が悲しいと評価したから悲しさを感じている」ということ。言い換えれば、自分が悲しいと感じると決めたから悲しいわけです。

ストレスを解析する

コーピングでストレス対策をするにはどうすればいいのかというと、ストレスを感じた時に自分自身に自問自答することが重要です。まずは今、ストレスを感じているのか?について考えてみましょう。

そこでYESという結果が出たのであれば、今自分がどのような感情を感じているのか考えてみます。例のように上司に怒られた場合も、悲しい、悔しい、疲れたなど感じる感情は人それぞれです。次に、その感情を引き起こした原因について考えてみましょう。例の場合は、上司に説教されたことにあります。

最後に、その原因を受けてなぜ今このような感情になっているのかを考えることが大切です。例えば、「説教をされた=悲しい」の中には、「結果が出せるように努力をしていたもののそれが実を結ばなかった、自分の努力が無駄になってしまったようで悲しい…」といった流れがあるかもしれません。このように、ストレスを感じている理由や感情を一つひとつ解析していくことにより、感情を整理することができます。

冷静になってストレスを分析することはモヤモヤした気持ちを避けることにもつながるでしょう。「上司から怒られてストレスを感じている」と受けとめるとモヤモヤの原因がわからず嫌な気持ちが長続きしてしまうこともありますが、解析を行えばストレスと冷静に向き合えるようになるため、気持ちの切り替えも早くなるはずです。

コーピングで問題の解決力を高める

ストレスを感じた感情について言語化して突き止めていくと、思考を担う前頭前野という部分が活性化します。すると、問題を解決するにはどうしたらいいのか?を考える能力も高まるのです。

自然にストレスへの耐性も付きますし、ストレスを感じた時にそれにいち早く気づくことにもつながるでしょう。自分がどのような時にストレスを感じるのかを理解しておけば、「気持ちが沈んでしまうかもしれないから、大好きな甘いものでも買って帰ろう」とストレス対策をとることもできますね。

コーピングをするからといってストレスが完全になくなるわけではありませんが、ストレスを処理する能力がアップするため、何か嫌な刺激を受けた時に感情が大きく揺さぶられることはなくなるでしょう。自分でストレスの感じ方をコントロールできるようになれば、試合の時にうまく緊張感が保てる最適な状態に整えられるはずです。

心を落ち着ける

ストレスと向き合う方法についてご紹介しましたが、反対にストレスを考えすぎないようにする方法もあります。例えば、ストレスを感じているものの、そういったことはすべて無視してでも集中しなければならないような場面もあるかもしれません。そういったときには瞑想してみるのもおすすめ。特に責任のある立場にいて失敗できない方の中には瞑想で心の状態を落ち着け、ストレス対策を取っている方も多いそうです。

アロマテラピー

香りの中には心を落ち着かせたり、気持ちをリフレッシュさせるのに役立つものがたくさんあります。そういった香りをアロマテラピーとして取り入れることによりストレス対策につながるでしょう。アロマを焚くのが面倒な場合はエッセンシャルオイルをお風呂のお湯に数滴たらして香りを楽しむ方法もあります。

マッサージ

ストレスをため込んでいると血行も悪くなることがあります。すると、体内に老廃物が溜まりやすくなり、更なる血行不良を招くこともあるのです。マッサージは血行不良を改善するのに効果的なのでぜひ実践してみてはどうでしょうか。

マッサージによって筋肉の緊張が改善すると身体のリフレッシュにつながります。マッサージは体が温まっているときに行ったほうが効果的なので、お風呂上がりの習慣にするのもおすすめです。なんとなく疲れている部分や、軽くもんでみて気持ちがいいと感じる部分は血行が悪くなっている可能性があるので、重点的にマッサージしてみましょう。

有酸素運動もおすすめ

スポーツをしている方の中には負荷の重い運動を実践している方もいるかもしれませんが、有酸素運動もおすすめです。体の中にたくさんの酸素を取り込む有酸素運動は気持ちをリフレッシュさせる働きもあります。

適度な運動を行うことによって血行もよくなって老廃物も排出されやすくなっているので、簡単な運動を実践してみましょう。ただ、ストレス解消のためといっても無理な運動を行うとかえってストレスをため込む結果になるので注意が必要です。ウォーキングやジョギングなど自分に合った負荷の運動を無理のない範囲で実践してみましょう。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS2がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:22mm×長さ:50mm×高さ:162mmで、重量:165gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kenco使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS2で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS2の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(22mm×50mm×162mm)
  • 5分の吸引で水素水(1.0ppm)5L分
  • 3種のアロマでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!