スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

ハンドボールのパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給

HOME » スポーツ脳がパフォーマンスを上げる! » ハンドボールのパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給
水しぶき 画像

握力と定期的な水分補給が大事

ハンドボールは「走る」「跳ぶ」「急に止まる」などいろいろな動きを必要とするスポーツです。体育館内で行う競技のため、暑い日は室内に熱がこもり、脱水症状が出たり疲労感を感じやすくなったりします。

そこで、ここではパフォーマンスアップを助けるトレーニングや脳と運動神経の関係や水素の効果について紹介します。

ハンドボールに必要な身体能力

「走る」「跳ぶ」「ボールを投げる」といった動作を常時行うため、総合的な身体能力が求められます。下半身の筋力はもちろん、ボールを掴み続けられる握力も重要な能力です。両手均等の力でボールを掴めるようになると、ボールを振り回したり、シュートを打つフェイントをかけたりとプレーの幅が広がります。

以下に、自宅でできる握力トレーニング方法をまとめました。

握力トレーニング

  • 両手をまっすぐ前に伸ばす
  • 両手を握りしめる
  • 両手を力いっぱい広げる
  • 力いっぱい握る

上記動作を1セットとして、毎日10セットほど行いましょう。毎日続けることで握力が上がり、ボールのコントロールが上達します。

脳を意識することも大切

ハンドボールをはじめ、スポーツの世界においてメンタル面や脳の使い方がパフォーマンスを左右すると言われています。

アメリカでは、トップアスリートを中心に脳波センサーを活用した「ニューロフィードバック」と呼ばれているトレーニング方法が普及しています。自分の脳波を測定し、ベストなパフォーマンスを発揮できる状態を確認することができるのです。一番良い状態の脳波を記録し、この脳波を必要に応じて自分の力で出せるようにトレーニングを続けるとのこと。実際、オリンピックメダリストもニューロフィードバックを活用していました。

ハンドボールは、激しい動きに注目されていますが、「ゴールを決めるためにどう動くか」「味方や相手はどの位置にいるか」などを瞬時に判断しなければなりません。冷静に判断するためには、リラックスしている状態を自分で見つけることが大切なのです。脳の働きを高めるために水素が適しているというデータがありますので以下を参考にしてください。

脳の働きを高めるためには水素を取るべき

日ごろから運動している方やアスリートは脳に疲労が溜まっている状態がほとんど。活性酵素とよばれる、体内の細胞を酸化させてしまう物質が蓄積されている可能性があります。活性酵素は正常な細胞や遺伝子を攻撃してしまうため、倦怠感や集中力低下につながってしまうことに。激しい運動を行う方は、そのぶん酸素を大量に吸収するため、体内に活性酸素が溜まりやすくなってしまいます。そのため、定期的に体外へと排出させることが望ましいのです。

そこで登場するのが「水素」。水素には、定期的に摂取することで体内の活性酸素を排出させてくれる働きがあります。定期的に運動されている方は、試合会場や練習中、1日の終わりに積極的に摂取したいですね。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!