スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

ゴルフのパフォーマンスを上げるには

HOME » スポーツ脳がパフォーマンスを上げる! » ゴルフのパフォーマンスを上げるには
水しぶき 画像

メンタル面の強化がカギ!

メンタル面はゴルフのパフォーマンス向上にとても重要

ゴルフは時間制限がない競技なので、「あと何分」「あと何秒」という緊張はありませんが、ある意味自分との戦いでもある競技。1打1打の緊張はかなりのものです。

しかし、「必ずバーディーを取る」と意気込んでしまうと、緊張から本領を発揮できませんし、リラックスし過ぎてもよい結果が生まれません。

ここで決めたいというときに理想のショットを打てない場合、メンタル面に原因があるか、体のコンディションが崩れていることがあります。

こちらでは、冷静に、かつ集中してパフォーマンスを上げるために必要な要素について解説していきます。

ゴルフにおけるメンタルの影響

不安はよくも悪くもパフォーマンスを左右する

ショットを打つ前に、「まっすぐ飛ばなかったらどうしよう」「これを逃すとボギーになってしまう」など、不安を感じる人はとても多いと思います。

不安と抱くとショットのすべてが悪い方向に影響するような気がしてしまいますが、適度な不安はパフォーマンスの向上につながることもあるのをご存知でしょうか。

不安がまったくないとパフォーマンスレベルは低く、過度な不安もパフォーマンスを下げる要素となってしまうのですが、適度な不安はパフォーマンスを上げてくれます。

もし過度な不安を抱いてしまっているのであれば、「不安はパフォーマンスを上げる要素にもなり得るのだ」と捉えることで、不安を抑えることができるかもしれません。

過度な不安を抑えることかできれば「適度な不安」になり、実際にパフォーマンスの向上が期待できます。

不安を軽減するためにできること

どうしても過度な不安を抱いてしまうという人は、不安から気持ちを切り離す努力をしてみましょう。

例えば、このショットは飛ばさなければ、と思っていると、「飛ばさなければ」というプレッシャーが不安や緊張につながります。

「ショットを飛ばしたい」と思うのであれば、飛ばさなければと考えるのではなく、「飛ばすためにこうしてみよう」という考え方に持っていくと、不安を軽減することができます。

ポイントは、自分でコントロールできることに思考を持っていくことです。

「飛ばさなければ」という気持ちは、必ずショットを飛ばすことができるわけではないので、コントロールできない考え方です。

「バックスイングを大きくしてみよう」など、自分でコントロールできることに思考を持っていくことで、不安から気持ちを切り離すことができます。

1打にメンタルを左右されない

失敗したときに気持ちを引きずらない

心当たりがある人も多いのではないかと思いますが、1回のショットに失敗してしまったときに、次回以降のショットにその失敗を引きずってしまう人がいます。

負の気持ちを引きずって、パフォーマンスが向上することはまずありえません。

失敗してしまっても、それはそれとして次のショットでは気持ちを切り替えて臨まなければ、ずっとパフォーマンスは下がったままです。

自分のショットはもちろん人のショットも気にしない

自分は1打に気持ちを左右されているかを自分で分かっていないという人も多いです。

例えば、自分のショットに失敗してしまったときにはもう終わったショットだと気にしない、と思っている人もいるとします。

でも、一緒に回っている人のショットが気になっている人は、結局1打1打にメンタルを左右されてしまっているのです。

同伴者が打ったときに、つい力んでしまう人、いつまでもボールを目で追ってしまう人はメンタルが左右されやすいので、気持ちを切り替える努力をすることをおすすめします。

ショットに失敗したときの気持ちの切替え方法

まず、失敗してしまっても「悪い方向に考えない」ことです。

失敗したのに何も考えないということはできないと思うので、どんなショットも前向きに考えます。

このとき、うまく行ったショットと失敗したときのショットで前向きに考えるテンションを同じにすること。

前向きに考えるけれど、必要以上に感情的にならない。

「感情を常に一律に保つ」ことがメンタルに左右されてパフォーマンスを下げないために有効な方法です。

失敗してしまったら「いつもこのくらいのレベルだから大丈夫」「さっきよかったからこれでドロー」というように考えてみましょう。

よいショットが打てたときも、過度に喜ぶのではなく「ラッキー」くらいに捉えていれば、悪いときもよいときも感情を平等に保つことができ、パフォーマンスを下げてしまう可能性が低くなります。

体のコンディションを整える

朝食はしっかり摂る

当然のことだと思われるかもしれませんが、最近は朝食を摂らない人が増えているようですので、しっかり朝食を摂ってからプレイに臨みましょう。

ゴルフは複数人でコースを廻るので、かなりの長丁場になります。

カートがあるゴルフ場でも運動量はかなりのものになりますし、天候によっては体力を消耗することもあるので、しっかり食べてエネルギー補給をすることはマストです。

ただし、朝食後すぐにプレイに入ると消化によって体に負荷がかかってしまいますので、朝食は最低でもプレイの2時間ほど前に済ませるようにします。

体が完全に動く状態にしてからプレイに臨む

これも当たり前のことですが、準備運動をしっかりした上でプレイをすることは、パフォーマンスの向上に大きく影響します。

自宅で軽いストレッチなどをして体を目覚めさせ、ゴルフ場についてからプレイまでの間にしっかりと準備運動を行いましょう。

このため、準備運動をする時間の余裕をもって、早めにゴルフ場に到着するようにしてください。

練習所がついているゴルフ場なら、実際に球を打ってコンディションを確認したり、パターの練習を行えればベストです。

プレイ中の水分補給はとても重要!

そして、ゴルフ中のコンディションを整えるために重要なのが「水分補給」です。

ゴルフは一見運動量が小さいスポーツのように感じますが、長時間外にいるので天候の影響を受けやすく、汗によって体内の水分やミネラル分が失われてしまいます。

水分補給を怠ると脱水症状を起こし、だるさや頭痛などの症状が出て、パフォーマンスに影響してしまうので、ぜひ水分補給はこまめに行ってください。

夏場でもあまり暑くない日や、湿度の高い日だと水分補給を意識しない人が多いようですが、こうしたときほど意外と熱中症や脱水症状を起こしやすいです。

天候に限らず、「喉が渇いた」と感じる前に水分補給を行うように意識しましょう。

水よりもスポーツドリンクのほうが体内への水分の吸収率が高く、プレイ中に体に負荷をかけにくいです。

まとめ

ゴルフのプレイ中にパフォーマンスを上げるには、メンタル面の管理と体のコンディションの管理の両方が重要になります。

どちらが欠けてもパフォーマンスを最大限に上げることはできません。

日々の練習や体力づくりももちろん重要なのですが、日頃の練習の成果を100%発揮するには、当日の心身の管理が必要不可欠です。

メンタル面も体のコンディションにおいても、大きな行動を起こすよりも、小さなポイントを抑えて都度対処することが大切ですので、プレイに入る前にぜひ今回ご紹介した内容を振り返り、パフォーマンスの向上に活かしてください。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS2がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:22mm×長さ:50mm×高さ:162mmで、重量:165gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kenco使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS2で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS2の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(22mm×50mm×162mm)
  • 5分の吸引で水素水(1.0ppm)5L分
  • 3種のアロマでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!