スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

ゴルフのパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給

HOME » スポーツ脳がパフォーマンスを上げる! » ゴルフのパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給
水しぶき 画像

メンタル面の強化がカギ!

メンタル面はゴルフのパフォーマンス向上にとても重要

ゴルフは時間制限がない競技なので、「あと何分」「あと何秒」という緊張はありませんが、ある意味自分との戦いでもある競技。1打1打の緊張はかなりのものです。

しかし、「必ずバーディーを取る」と意気込んでしまうと、緊張から本領を発揮できませんし、リラックスし過ぎてもよい結果が生まれません。

ここで決めたいというときに理想のショットを打てない場合、メンタル面に原因があるか、体のコンディションが崩れていることがあります。

こちらでは、冷静に、かつ集中してパフォーマンスを上げるために必要な要素について解説していきます。

ゴルフにおけるメンタルの影響

不安はよくも悪くもパフォーマンスを左右する

ショットを打つ前に、「まっすぐ飛ばなかったらどうしよう」「これを逃すとボギーになってしまう」など、不安を感じる人はとても多いと思います。

不安と抱くとショットのすべてが悪い方向に影響するような気がしてしまいますが、適度な不安はパフォーマンスの向上につながることもあるのをご存知でしょうか。

不安がまったくないとパフォーマンスレベルは低く、過度な不安もパフォーマンスを下げる要素となってしまうのですが、適度な不安はパフォーマンスを上げてくれます。

もし過度な不安を抱いてしまっているのであれば、「不安はパフォーマンスを上げる要素にもなり得るのだ」と捉えることで、不安を抑えることができるかもしれません。

過度な不安を抑えることかできれば「適度な不安」になり、実際にパフォーマンスの向上が期待できます。

不安を軽減するためにできること

どうしても過度な不安を抱いてしまうという人は、不安から気持ちを切り離す努力をしてみましょう。

例えば、このショットは飛ばさなければ、と思っていると、「飛ばさなければ」というプレッシャーが不安や緊張につながります。

「ショットを飛ばしたい」と思うのであれば、飛ばさなければと考えるのではなく、「飛ばすためにこうしてみよう」という考え方に持っていくと、不安を軽減することができます。

ポイントは、自分でコントロールできることに思考を持っていくことです。

「飛ばさなければ」という気持ちは、必ずショットを飛ばすことができるわけではないので、コントロールできない考え方です。

「バックスイングを大きくしてみよう」など、自分でコントロールできることに思考を持っていくことで、不安から気持ちを切り離すことができます。

1打にメンタルを左右されない

失敗したときに気持ちを引きずらない

心当たりがある人も多いのではないかと思いますが、1回のショットに失敗してしまったときに、次回以降のショットにその失敗を引きずってしまう人がいます。

負の気持ちを引きずって、パフォーマンスが向上することはまずありえません。

失敗してしまっても、それはそれとして次のショットでは気持ちを切り替えて臨まなければ、ずっとパフォーマンスは下がったままです。

自分のショットはもちろん人のショットも気にしない

自分は1打に気持ちを左右されているかを自分で分かっていないという人も多いです。

例えば、自分のショットに失敗してしまったときにはもう終わったショットだと気にしない、と思っている人もいるとします。

でも、一緒に回っている人のショットが気になっている人は、結局1打1打にメンタルを左右されてしまっているのです。

同伴者が打ったときに、つい力んでしまう人、いつまでもボールを目で追ってしまう人はメンタルが左右されやすいので、気持ちを切り替える努力をすることをおすすめします。

ショットに失敗したときの気持ちの切替え方法

まず、失敗してしまっても「悪い方向に考えない」ことです。

失敗したのに何も考えないということはできないと思うので、どんなショットも前向きに考えます。

このとき、うまく行ったショットと失敗したときのショットで前向きに考えるテンションを同じにすること。

前向きに考えるけれど、必要以上に感情的にならない。

「感情を常に一律に保つ」ことがメンタルに左右されてパフォーマンスを下げないために有効な方法です。

失敗してしまったら「いつもこのくらいのレベルだから大丈夫」「さっきよかったからこれでドロー」というように考えてみましょう。

よいショットが打てたときも、過度に喜ぶのではなく「ラッキー」くらいに捉えていれば、悪いときもよいときも感情を平等に保つことができ、パフォーマンスを下げてしまう可能性が低くなります。

体のコンディションを整える

朝食はしっかり摂る

当然のことだと思われるかもしれませんが、最近は朝食を摂らない人が増えているようですので、しっかり朝食を摂ってからプレイに臨みましょう。

ゴルフは複数人でコースを廻るので、かなりの長丁場になります。

カートがあるゴルフ場でも運動量はかなりのものになりますし、天候によっては体力を消耗することもあるので、しっかり食べてエネルギー補給をすることはマストです。

ただし、朝食後すぐにプレイに入ると消化によって体に負荷がかかってしまいますので、朝食は最低でもプレイの2時間ほど前に済ませるようにします。

体が完全に動く状態にしてからプレイに臨む

これも当たり前のことですが、準備運動をしっかりした上でプレイをすることは、パフォーマンスの向上に大きく影響します。

自宅で軽いストレッチなどをして体を目覚めさせ、ゴルフ場についてからプレイまでの間にしっかりと準備運動を行いましょう。

このため、準備運動をする時間の余裕をもって、早めにゴルフ場に到着するようにしてください。

練習所がついているゴルフ場なら、実際に球を打ってコンディションを確認したり、パターの練習を行えればベストです。

プレイ中の水分補給はとても重要!

そして、ゴルフ中のコンディションを整えるために重要なのが「水分補給」です。

ゴルフは一見運動量が小さいスポーツのように感じますが、長時間外にいるので天候の影響を受けやすく、汗によって体内の水分やミネラル分が失われてしまいます。

水分補給を怠ると脱水症状を起こし、だるさや頭痛などの症状が出て、パフォーマンスに影響してしまうので、ぜひ水分補給はこまめに行ってください。

夏場でもあまり暑くない日や、湿度の高い日だと水分補給を意識しない人が多いようですが、こうしたときほど意外と熱中症や脱水症状を起こしやすいです。

天候に限らず、「喉が渇いた」と感じる前に水分補給を行うように意識しましょう。

水よりもスポーツドリンクのほうが体内への水分の吸収率が高く、プレイ中に体に負荷をかけにくいです。

ゴルフの水分補給のポイント

プロ・アマ問わず、ゴルフをする上で水分補給は非常に重要なポイント。水分補給のタイミングや方法を誤ると、パフォーマンスを大きく下げてしまうことにもなりかねません。

ゴルファーたちが心得ておくべき水分補給の知識を、まずはプレーの進行に基づいて整理しましょう。

  1. プレー前の水分補給では糖分を摂り過ぎない
  2. ラウンド前半はBCAA・ナトリウム入りの水分をこまめに補給する
  3. ラウンド後半はナトリウム・糖分入りの水分を摂る
  4. プレー終了後は疲労回復成分を含む水分を摂る

以下、それぞれについて詳しく解説します。

1.プレー前の水分補給では糖分を摂り過ぎない

プレーの前の水分補給の目的は、「これから失われるべき水分の事前補給」と「パフォーマンスを上げるための成分補給」の2点です。朝食をきちんと摂っている限り、ここで糖分を摂る必要はありません。
なお、プレー前に水分をがぶ飲みすると体が重たくなり、パフォーマンスを下げる恐れがあります。適度な量の水分補給に抑えておきましょう。

◆プレー前に推奨される飲み物

ミネラルウォーター、BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を含むカロリー控えめのスポーツドリンクなど

2.ラウンド前半はBCAA・ナトリウム入りの水分をこまめに補給する

ラウンド前半の水分補給の目的は、「すでに失われた水分・成分の補給」「今後失われるべき水分・成分の事前補給」「パフォーマンスを上げるための成分補給」の3点です。このタイミングにおいても糖分を摂る必要はほとんどないため、基本的には、プレー前の水分補給と同じスタイルで行きましょう。
ただし、すでに発汗が始まっている以上、パフォーマンスを上げるためにはナトリウムの適宜補給が必要となります。
がぶ飲みせず、こまめに飲むようにしてください。

◆ラウンド前半で推奨される飲み物

十分なナトリウムを含んだスポーツドリンク、BCAAを含んだスポーツドリンクなど

3.ラウンド後半はナトリウム・糖分入りの水分を摂る

ラウンド後半の水分補給の目的は、「すでに失われた水分・成分の補給」「今後失われるべき水分・成分の事前補給」「パフォーマンスを上げるための成分補給」「失われた糖質の補給」の4点です。この段階では、プレーをしている本人には自覚がなくとも発汗量は大量。じわじわと蓄積する疲労のため、体内の糖質も減少しています。
ただし、この段階においても水分のがぶ飲みは禁物。パフォーマンスを著しく下げる可能性があります。がぶ飲みと同じ量の水分を、小分けして飲みましょう。

◆ラウンド後半で推奨される飲み物

十分なナトリウムを含んだスポーツドリンク、一定の糖質も含んだスポーツドリンク、BCAAを含んだスポーツドリンクなど

4.プレー終了後は疲労回復成分を含む水分を摂る

プレー終了後の水分補給の目的は、「失われた水分の補給」「」「疲労回復成分の補給」の2点です。
なお、プレー終了後のビールを楽しみにゴルフをやっている人もいるかも知れませんが、アルコールの強力な利尿作用により脱水症状に陥るリスクがあるため、ビールを飲むことは推奨できません。
どうしてもビールを飲みたい人は、あわせて同じ量の水も飲みましょう。

◆プレー終了後に推奨される飲み物

十分なナトリウムを含んだスポーツドリンク、BCAAを含んだスポーツドリンク、アルギニンやクエン酸などの疲労回復成分を含むスポーツドリンク

【参考1:水分が不足すると脳の働きが悪くなる】

ゴルフはもちろん、いかなるスポーツにも共通することですが、頭の働きが良い時と悪い時とでは試合中のパフォーマンスが全く違います。また、頭の働きが悪い時に練習をしても、筋力と体力と慣れ以外、得られるものが何もありません。

プレーに臨む際にも、打ちっぱなしに臨む際にも、脳の状態を最良に仕上げておくことは大切なポイント。脳の状態を最良に仕上げるには、適度の水分補給が必要となります。

そもそも脳の重さの85%は水分。水分不足が脳の働きに直結することは、このパーセンテージからも容易に想像ができるでしょう。

水分不足に陥ると、具体的には脳に次のような影響が生じます。

  • ・集中力が散漫になる
  • ・不安感が増す
  • ・イライラしやすくなる
  • ・判断力が下がる
  • ・記憶力が下がる

いずれの要素も、ゴルフのパフォーマンスに大きな影響を与えてくるでしょう。体を最良の状態にするため、そして脳を最良の状態にするため、こまめな水分の補給は非常に重要な要素なのです。

【参考2:カフェイン入り飲料で水分補給をしない】

ゴルフ場の自動販売機には、ミネラルウォーターやスポーツドリンク、エナジードリンクなどに加えて、通常、お茶が並んでいます。喉が渇いたときに冷たいお茶を飲み干すのは、とても爽快なもの。その印象からか、ついプレー中の水分補給用として、冷たいお茶を選ぶ人も少なくありません。

種類にもよるのですが、お茶には比較的多めのカフェインが含まれています。

カフェインはアルコールと同じく、利尿作用を持つ成分。飲んだ直後は喉が癒されたような感じにもなりますが、時間が経つにつれて、カフェインの作用から排尿量が増加。脱水を招く恐れがあります。

最近のお茶の中には「ノンカフェイン」を謳った商品もたくさんあります。どうしてもプレー中にお茶を飲みたい方は、せめて「ノンカフェイン」の商品を選ぶようにしましょう。

【まとめ】パフォーマンス向上には水分補給と「水素」がポイント!

プロゴルファーが体幹を鍛えるトレーニングに余念がないことからも分かる通り、ゴルフは全身のバランス良い筋肉を必要とするスポーツ。言い換えれば、全身の筋肉を上手に操れるようになることこそ、より良いパフォーマンスを上げるための重要な鍵となっています。筋肉疲労の早急かつ効率的な解消が望まれます。

筋肉疲労の解消を早める水素の働き

筋肉疲労の早期回復を図るためのドリンクとして、上でBCAAやナトリウム、糖分を含んだドリンクの摂取について紹介しました。しかしながら大半のゴルファーは、練習中でも試合中でも、すでに、これら成分を上手に利用していることでしょう。他の選手との差別化を図るためには、より強力に筋肉疲労の回復を目指すことができる物質を利用すべきです。 筋肉疲労の回復を強力に推進することで、昨今話題となっている成分が水素。私たちが良く知っている、気体の水素です。日本医科大学の研究などもあり、水素の抗酸化作用による疲労回復効果は、アスリートの間で非常に有名になりました。練習や試合には、ぜひ水素の積極的に利用していきたいものです。

水素水では効率が悪い?

水素の摂取方法を大きく分けると2種類。水素水と水素吸引器です。多くのアスリートは、恐らく水素水のほうを利用していることでしょう。
しかしながら、ゴルフのように体幹筋肉を長時間酷使し続けるスポーツにおいて、水素水に含有される水素の量は少ないと言わざるを得ません。より効率的に水素を摂取したいならば、5分間の吸引で水素水5L分もの水素を摂取できる水素吸引器がお勧めです。

最近では、持ち運びも楽なポータブルタイプのすいそ吸引器も誕生しました。ぜひ練習・試合のお供に、水素吸引器を携行したいものです。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!