スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

持久力

水しぶき 画像

スポーツ脳がパフォーマンスを上げる!

段階的に持久力を高めていく方法

段階を踏みながら徐々に持久力を高める

持久力は、一朝一夕で身に付くものではありません。ウォーキングなどの軽い運動から始めて、段階を踏みながら徐々に身に付けていくものです。ここでは、持久力の定義や持久力の高め方についてまとめています。本格的なトレーニングに入る前に、まずは日常生活へ一工夫を加えることで持久力アップを図っていきましょう。

持久力と体力の違い

持久力

持久力とは、体を長時間動かし続けられる力のこと。スタミナという英語で言ったほうが、分かりやすいかも知れません。持久力は、大きく全身持久力と筋持久力の2種類に分けられます。全身持久力とは、主に心肺を長時間正常に動かし続けられる力のこと。

心肺持久力とも言います。一方、筋持久力とは、筋肉を長時間正常に動かし続けられる力のことです。持久力と体力は似た概念ですが、区別するためには「体力のない人には持久力もない」という点を理解しておけば良いでしょう。

体力

体力とは、肉体の総合的な力のこと。持久力、筋力、瞬発力、心肺機能、平衡感覚など、肉体を構成する様々な要素の総称として体力という言葉が用いられます。肉体の総合的な力が高ければ、当然のことながら人よりも長時間運動することが可能となります。また風邪などの病気から快復するスピードも早くなります。スポーツにおいても仕事においても、日常生活においても、パフォーマンスを上げるための土台にあるものはすべて体力、と言っても良いでしょう。

持久力を高めるには?

日常生活に
運動を取り入れる

特別な運動をしなくても、日常生活をうまく利用することで持久力を養うことができます。たとえば日常における次のようなシーンで、持久力を高める一工夫を実践することが可能です。

  • 上階に移動するとき、エレベーターやエスカレーターを使わず、階段を使いましょう
  • 近所に買い物に行くとき、車やバイクを使わず、自転車や徒歩で移動しましょう
  • 電車で通勤するとき、目的地の一駅前で降りて、そこから徒歩で勤務先に行きましょう
  • 職場で昼食をとるとき、少し遠くのお店に外食に行ってみましょう

休日を過ごすときウインドウショッピングなどで楽しみながらたくさん歩きましょうこれらの中で最もお勧めの方法は、階段を使うこと。「早めに階段を上がる」ときの運動強度は、実にジョギングやバスケットボール、テニスと同等の数値を示しています。体力に自信のない方は「ゆっくり階段を上がる」でも良いので、まずはエレベーターやエスカレーターの使用をやめてみましょう。

ストレッチで
身体を徐々に慣らす

持久力をつけるための具体的なトレーニングに入る前に、必ず入念なストレッチを行なってください。最低限、以下をしっかりと行なうようにしましょう。

  • 足首とヒザをしっかりと回す急に体を動かすと、関節を痛めることがあります。特に運動の際に大きな負担がかかる足首とヒザを、しっかりと柔らかくしておいてください。
  • アキレス腱を伸ばす運動をする前のストレッチとしては定番です。アキレス腱は、太い組織の割には損傷しやすいため、十分に伸ばしておきましょう。
  • 足の後ろ側を伸ばす足を大きく前後に開いて、ふくらはぎや太ものの裏側をしっかりと伸ばしましょう。運動後の足のつりを予防する意味でも、大切なストレッチです。
  • 足の前側を伸ばす足の後ろ側とあわせて、前側もしっかり伸ばしましょう。太ももの前面をよく伸ばすことで、運動による筋肉の炎症などを予防します。体重の負荷が最も大きくかかる足首については、特に念入りに回しておきましょう。

ウォーキングと
ランニングを交互に

持久力を高めるためにおすすめの運動は、ウォーキングです。ただし単に普通に歩くのではなく、いわゆるフィットネスウォーキングを心がけましょう。

フィットネスウォーキングとは、走るときのスタイルを維持しながら歩く方法のこと。普通に歩くよりも少しだけペースが速くなり、その分、持久力アップ効果も高まるでしょう。フィットネスウォーキングに慣れてきたら、時々、ランニングも交えてみてください。「フィットネスウォーキングを3分行なった後に5分ランニング」といった形でウォーキングとランニングを交互に行なえば、体にも大きな負担がかからず理想的です。

ウォーキングとランニングの組み合わせを30分程度行ない、これを習慣化します。最初の頃は大変かも知れませんが、長期的に行なっているうちに体が慣れてきます。この「体の慣れ」こそが、すなわち持久力が付き始めた証でもあるのです。

ランニングだけに
切り替える

ウォーキングとランニングの組み合わせ運動に慣れてきたら、徐々に運動の時間を伸ばしてみましょう。当初は30分程度だった運動時間を、40分、50分と、体の状態に無理のないよう段階的に伸ばしていきます。

60分程度まで伸ばしても無理を感じなくなったら、しばらくの間は60分の運動を習慣にしてください。60分の運動に体が完全に慣れたら、いよいよウォーキングをなしにしてランニング一本に絞ります。ただし体に無理のないよう、最初は自由なスピードでランニングしてください。スピードよりも、むしろ「60分間走り続ける」ということを意識しましょう。

60分間走り続けることに慣れてきたら、徐々に走るスピードをアップさせていってください。この頃になると筋力も心肺機能も向上し、持久力はだいぶ高まっているはずです。なお最終的なランニングスピードの目標は、1kmで7分程度となります。

距離の長さに加えて
スピードを意識する段階へ

60分間、1km7分程度で走ることに無理を感じないようになってきたら、今度はより長時間走れるよう努力してみてください。スピードが遅くなっても構わないので、120分ランニングを続けることを目標にします。この際も、ある日から突然120分走ってみるのではなく、70分、80分と段階的に時間を伸ばしていきます。120分を目指している過程で、モチベーションアップのために、市民マラソン大会などに参加してみても良いでしょう。一般に市民向けのマラソン大会では、次のような距離が設定されています。

  • 5km
  • 10km
  • 21.0975km(ハーフマラソンと言います)
  • 42.195km(フルマラソンと言います)
  • 42.195km以上(ウルトラマラソンと言います)

最初は5kmや10kmでも良いと思いますが、ランニングに慣れてきたら、ハーフマラソンやフルマラソンを目標に取り組んでみてください。フルマラソンを走り切った時点で、あなたには極めて高い持久力が身に付いているでしょう。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS2がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳実行機能の向上、鎮痛効果(リフレッシュ効果)、ストレス低減効果が示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:22mm×長さ:50mm×高さ:162mmで、重量:165gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kenco使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS2で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS2の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(22mm×50mm×162mm)
  • 5分の吸引で水素水(1.0ppm)5L分
  • 3種のアロマでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!