スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

コンディショニング

HOME » スポーツ脳がパフォーマンスを上げる! » コンディショニング
水しぶき 画像

コンディションを整えてパフォーマンス改善!

コンディショニングとは一体何か?

コンディショニングが試合でのパフォーマンスを左右する!

コンディショニングとは一体何か?

スポーツにおいて、コンディショニングは最高のパフォーマンスを試合で発揮するために欠かせない要素です。また、競技成績だけでなく、コンディショニングは怪我の予防にもつながります。/反射神経がいい」ということがあります。スポーツにおいて運動神経や反射神経とは一体なんなのでしょうか?結論から言ってしまえば、反射神経や運動神経という神経は体には存在していません。

特定非営利活動法人NSCAジャパンのウェブサイトでは、コンディショニングを次のように定義しています。

 

コンディショニング(Conditioning)とは、スポーツパフォーマンスを最大限に高めるために、筋力やパワーを向上させつつ、柔軟性、全身持久力など競技パフォーマンスに関連するすべての要素をトレーニングし、身体的な準備を整えることです。

 

出典:特定非営利活動法人NSCAジャパン『ストレングス&コンディショニングとは』2018年1月8日確認

例えば、試合前に緊張やストレスで睡眠不足になれば、試合当日の集中力や認知機能が低下します。また、メンタル面でもコンディショニングは非常に大切です。

 

スピードスケート競技の短・中距離種目では、スタートの失敗が記録や順位に大きく左右することから、最高のパフォーマンスを発揮するためには、情動のコントロールや集中力など、心理面でのコンディショニングが重要な条件作りであると言われている。〜中略〜退会時においては各自の技術レベルを認識して、普段通りの滑走を心がけ、心身ともに望ましい状態で大会に臨めるようなメンタルコンディショニングも技術面同様、重要である

 

出典:『スポーツ選手の心理的コンディションに関する研究(IV) : 高校スピードスケート選手について』岩手医科大学教養部研究年報,41,2006

コンディショニングの要素

スポーツ選手のコンディショニングは、様々な要素が複雑に関わってきます。コンディショニングを考える上で押さえておきたい要素について整理してみましょう。

フィジカルコンディショニング

筋力やパワー、持久力、疲労といった要素は、フィジカルコンディションに当てはまります。 例えば、ストレッチなどを行い、体の可動域を広げ、左右のバランスを整えるフィジカルコンディショニングもその一つ。持久力や柔軟性、筋力などは普段のトレーニングで鍛えることができますが、疲労のフィジカルコンディショニングは、試合で最適なパフォーマンスを出すために慎重に検討する必要があります。

リーグ戦競技のように、試合が長期間にわたる場合には、シーズン中のフィジカルコンディションをいかに維持できるかも、選手の成績に大きく関わることから、 アメリカではプロスポーツのみならず、大学でもフィジカルコーチやストレングス&コンディショニングコーチが選手の指導に当たっています。[1]

[1]『大学サッカーにおける実践的なフィジカルトレーニングピリオダイゼーションモデルの検討』田中淳, ‎2009

メンタルコンディショニング

スポーツの成績にメンタルが及ぼす影響の大きさは、スポーツをしている方だけでなく、多くの方が知っているところです。メンタルトレーニングやコーチング、カウンセリングにより選手のメンタルコンディションを整えるメンタルトレーナーが在籍するプロスポーツチームもあります。

メンタルトレーニングとは、具体的に目標設定や集中力、感情などを選手がコントロールできるようにするためのトレーニングです。コーチングとは、選手が自信や力を引き出すことを目的に行われます。また、カウンセリングとは「ここ一番で緊張するのはなぜか」など選手が自分自身のメンタル的な問題を解決するために行うものです。これらは、トレーナーありきではなく、選手自身ができるようになるのが理想です。

練習段階から試合の心理状況をきちんと想定し、緊張や不安などの心理的トラブルに対処できるように日頃からメンタルコンディショントレーニングを積むことも大切です。[2]

[2]『スポーツ選手の心理的コンディションに関する研究(IV) : 高校スピードスケート選手について』岩手医科大学教養部研究年報,41,2006

栄養コンディショニング

メンタルやフィジカルのコンディショニングの大切さは多くの方が知るところですが、栄養面でのコンディショニングもスポーツにおいては大切です。普段から栄養バランスのとれた食事を摂取すること、コンディションに合った適切な食事の摂り方を心がけることも栄養コンディショニングの重要なポイントです。

栄養コンディショニングは、練習外のコンディショニングとなり、選手本人の努力によるところも大きいこともあるかもしれません。サプリメントの補給で済ませようとしたり、体重コントロールのために必要とされるエネルギーを充分に補給できなかったりと問題を抱えるアスリートも少なくありません。

栄養コンディショニングの要は、普段の食事と選手自身の食事に対する意識、そして知識です。今まで食事にあまり気を配ってこなかったという方は、改めて栄養について考えるようにしましょう。

メディカルコンディショニング

スポーツにおける疲労は、トップアスリートでも過度なトレーニング負荷により病的疲労に陥ってしまうことがあります。メディカルコンディショニングがきちんとできていないと、疲労の蓄積やエネルギーの枯渇、脱水などが生じ、パフォーマンスが低下するだけでなく、場合によっては怪我や思わぬ事故の原因にもなってしまいます。[3]

そのため、医学的な観点からきちんと自分の体のコンディションを把握し、適したトレーニングを積むことで試合でも最大のパフォーマンスが発揮できるようになるのです。

[3]『「スポーツの医学」と「医学のスポーツ」 (<特集>「現場から(2)大学院教育 I」)』目崎,筑波フォーラム,2005

コンディショニング的観点から見た試合前の過ごし方(メカニズム)

食事

試合時に最大限のパフォーマンスを発揮するためには、試合前の食事がとても大切です。自宅から離れた場所で試合前を過ごすのであれば、宿泊先の食事内容を確認したり、食事時間や内容に対するリクエストを伝えましょう。

また、1週間前ごろから、栄養バランスのとれた食事を特に心がけ、練習の疲労を取り除き、風邪などを防ぐ食事を考えましょう。また、試合前の調整期で練習量が減るなら食べ過ぎて体重増加をしないように食事量に関しても調整する必要があります。

フィジカル

競技によってその内容は異なりますが、試合前のフィジカルコンディショニングは、トレーニング内容の調整などで行います。疲労を残さないための負荷の練習を心がけ、疲労回復を目的としたトレーニングを取り入れるのもいいでしょう。

メンタル

試合前のコンディショニングで最も大切な要素の一つがメンタルコンディショニングです。ロンドンオリンピックを控えたトランポリン競技選手を対象に行ったメンタルコンディショニングとパフォーマンスに対する影響を調べた研究では、試合前は意欲や自信は高い状態で試合に臨んでいたものの、国内大会前よりもオリンピック競技前の方が疲労の特典が上昇していたことがわかっています。試合環境は、普段とは異なる環境だからこそ、身体的疲労以外に精神的疲労も感じやすいもの。

試合前のメンタルコンディションは、緊張・抑うつ・怒り・活動性・疲労・情緒混乱の6つの要素のうち、活動性のスコアが最も高いのが理想と言われています。

 

POMS 検査は、McNair.D.M らによって作成された気分を測定する心理検査で、その日本語版の作成および信頼性・妥当性の検討は横山ら14)によってなされている。スポーツ選手のコンディションやオーバートレーニングを早期に把握し、評価する指標となる。緊張(Ten)・抑うつ(Dep)・怒り(Ang)・活動性(Vig)・疲労(Fat)・情緒混乱(Con)の6尺度に分けて評価し、良好なコンディションの場合は「氷山型」を示す

 

出典:『トランポリン競技選手における心理的コンディショニングがパフォーマンスに及ぼす影響―ロンドンオリンピック前の心理的コンディショニング―』金沢学院大学紀要. 経営・経済・情報・自然科学編, 2013

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS2がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳実行機能の向上、鎮痛効果(リフレッシュ効果)、ストレス低減効果が示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:22mm×長さ:50mm×高さ:162mmで、重量:165gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kenco使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS2で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS2の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(22mm×50mm×162mm)
  • 5分の吸引で水素水(1.0ppm)5L分
  • 3種のアロマでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!