スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

格闘技のパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給

HOME » スポーツ脳がパフォーマンスを上げる! » 格闘技のパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給
水しぶき 画像

格闘技に必要な身体能力

格闘技で活躍する選手に必要な身体能力は、筋力・瞬発力に限ったものでありません。脳の活動とメンタル面も大きく関係しています。格闘技にどのような影響をもたらしているのでしょうか。

格闘技の動きは「脳」の記憶も関係している?

ボクシング

格闘技選手は試合に勝つためにどのようなことを考えているのでしょうか。相手の動きを予想し、自分の動きをコントロールするなど、勝つための戦略をリアルタイムで組み立てながら試合を行っています。試合経験がなければ、勝てる戦略をイメージできません。脳は経験を記録し、再現できる器官です。

私たちは「身体を動かしたい」という命令をすると、電気信号が筋肉に伝わります。この電気信号は神経細胞を通じ、首や背骨周辺や手足にある神経を経て、最終的に筋肉の動きに繋がります。この神経細胞のルートは一つだけではありません。複数のルートが存在するため、試合がうまくいった場合、脳はその時の成功経験(ルート)を記憶するのです。ただし、そのルートを神経細胞が一度で覚えられるとは限りません。練習や試合を繰り返すことにより、次第に記憶できるのです。

脳の状態によってコンディションは変わる

実際、運動前の脳活動で、体の反応の速さは左右されることが分かっています。東京大学大学院人文社会系研究科の研究員や教授らの研究グループは、スタート合図から運動開始までの時間の反応を、運動開始前の脳活動から予測できる旨を示しています。

研究では、ミリ秒単位で脳活動を計測できる脳磁図を使用。運動準備に関わる機能を有する運動前野の脳活動を利用すると、運動開始合図の約0.5秒前から、その後の反応時間のばらつきを予測できたとのことです。そのため、脳の準備状態で、その後の運動結果に影響が出てくると考えられています。

脳が常に最適な状態は限らない

脳はさまざまな経験を記憶できる器官ですが、常にベストな状態とは限りません。運動や日々の仕事、仕事における悩みやストレスは、私たちの体のバランスを維持する自律神経に大きく関係しています。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類が存在。交感神経とは体を活動的にしてくれるもので、副交感神経は睡眠時やリラックス時に働く神経です。過度な緊張やストレスがたまった状態が続くと、交感神経の活動が活発に。すると、神経細胞内に活性酸素が発生し、細胞の働きにダメージを与えます。ダメージが加わると疲労因子がうまれ、その情報が大脳に伝わることに。この状態が続くと、試合結果に影響を与えます。脳と体をベストな状態で保つためには、脳の緊張状態を解きほぐし、疲労回復をはからなければなりません。

疲労回復を行うには、睡眠や食事、入浴、マッサージと、さまざまな方法があります。この方法にプラスしたいのが、格闘技・スポーツ選手には欠かせない水分補給です。

適切な水分補給と飲む「水」が重要!

アスリートや格闘技選手がトレーニングを行ううえで欠かせない水分補給。血液の約8割は水分のため、不足すると血液中の水分も減り、血液の循環がうまく機能しなくなります。疲労を感じているときに、水分をこまめに摂取しないと、疲労回復までに時間がかかることも。疲労を効率的に回復させるためにも、適度な水分補給が必要です。

このとき、重視したいのが摂取する水です。水と一口に言っても、水道水やミネラルウォーター、水素水とさまざまな水があります。水道水は自宅の蛇口をひねれば出てきますし、ミネラルウォーターはどこでも購入できる手軽さが魅力です。一方、水素水は自分でつくれるものではありません。しかし、水素水に含有されている「水素」は、脳疲労を生み出す原因となる活性酸素を水に変えてくれる働きがあります。今では、水素水サーバーや水素水商品が数多く生み出され、気軽に手に入れられるようになりました。水分補給+疲労回復をサポートも兼ねるのであれば、一度水素水を試してみても良いかもしれません。

オススメの水素水サーバーを比較したページはコチラ>>>

水素の摂取がアスリートのパフォーマンス向上につながる!

水素は脳疲労の原因物質である「活性酸素」を無害な水に変えるといわれています。水素の効果は厚労省からもお墨付きで、「先進医療B」という項目の中に、「水素ガス吸入療法」という項目があるほどです。

水素を取り入れるには、水素水や水素サプリなど、様々な方法がありますが、特におすすめできるのが、上記の「水素ガス吸入」です。

活性酸素は毎日生産されるものなので、定期的に水素を摂取することが、日頃のトレーニングの効果を左右します。最近ではサロンに通わなくても、家庭で利用できる水素吸入器がありますので、チェックしてみてください

オススメの水素吸入器(水素吸引器)を比較したページはコチラ>>>

パフォーマンスを上げるトレーニング方法

脳を最善な状態にできたら、フィジカルとメンタルも鍛えなければなりません。

格闘技を上達させるには、瞬発力や反射神経を鍛える必要があります。反射神経などは、脳から神経細胞へ、そして実際に動く筋肉へと電気信号が伝わることで機能します。

ここからは、フィジカル面とメンタル面のトレーニング方法を紹介していきます。

フィジカルトレーニング

疲労期・疲労回復期・超回復期のサイクルを上手に利用する

疲労期

トレーニングの直後に体が強い疲労を感じているタイミングのことを、疲労期と言います。疲労期にトレーニングを強行しても、パフォーマンスは上がらないどころか、低下していきます。

疲労回復期

トレーニング後に休息を取り、体から疲労が抜けていく期間のことを、疲労回復期と言います。疲労回復期の長さは、個別の体力の違いやトレーニングの内容等により異なります。

超回復期

休息によって疲労が回復すると、一時的に、トレーニング前よりも体調が良くなる期間があります。この期間のことを、超回復期と言います。その後も休息を取り続けると、ふたたびトレーニング前のレベルまで体調が戻って(下がって)しまいます。

試合中「今日はなんだかいつもより調子がいい」と感じることがあると思いますが、これは、偶然であろうが必然であろうが、試合当日と超回復期が重なったため。

逆に「今日はなんだかいつもの調子が出ない」と感じた場合は、試合当日と疲労期・疲労回復期がかさなったため、と考えれば良いでしょう。

肉体・体力を効率的に向上させていくためには、トレーニング後にかならず訪れる超回復期を見過ごさないことが大事。超回復期のタイミングでトレーニングを再開することで、次の超回復期はさらに上の段階へと上がります。これを繰り返し行うことで、アスリートの肉体・体力は効率的に向上していくでしょう。

疲労回復を早めれば効率の良い肉体強化ができる

疲労期から超回復期までに要する時間は、人によってもトレーニングによっても異なりますが、一般には1日程度と言われています。毎日訪れる超回復期のタイミングでトレーニングを行なうことが、ボクサーの肉体強化には最も効率的ということです。

ここで考えたいのが、疲労期から拾う回復期までの期間の短縮。仮に1日程度を要する期間を半日に短縮できるならば、他の選手の2倍のペースで理想的な肉体を手に入れることができる、というイメージです。

疲労回復の期間を短縮には、睡眠や食事、入浴、マッサージなど様々な方法があります。アスリートであれば、これら一般的な方法は当然のように行なっているでしょう。これらに加えて見直してみたいのが、水分補給です。

適切な水分補給が疲労回復を早める

かつて、水分はアスリートの敵と考えられていた時代がありましたが、現代においては、この考え方自体が医学的に誤りであることが証明されています。しかしながらボクサーの中には、今もなお、減量時以外でも水分摂取を控えている例が見られます。

適切な水分補給がなければ、血液循環が悪化するなどして、疲労期から超回復期への期間は短縮されません。むしろ、超回復期までの期間を延ばしてしまう可能性すらあります。

疲労を効率的に回復させるためには、かならず適切な水分補給を行なってください。
なお筑波大学の臨床研究によると、普通の水を飲むよりも水素水を飲んだほうが疲労回復が早いことが分かりました。水分補給+水素の力で、効率的な体作りをしていきたいものです。

アスリートが注目する水素についてまとめたページはコチラ>>>

メンタルトレーニング
身体は心についてくる

一流のアスリートは、肉体と同じように、精神の鍛錬も行なっています。精神の鍛錬とは、いわゆるメンタルトレーニングのこと。いかに完璧な肉体が完成していても、メンタルが弱ければ実力を発揮できません。逆に、肉体的には多少不十分なところがあったとしても、メンタルの強さがカバーしてくれることもあります。

メンタルの強さは、練習中はもとより、試合そのもののパフォーマンスを大きく左右する大事な要素であることを、十分に認識しておいてください。

メンタルを鍛える方法

メンタル、つまり心の中は、人によってまったく違います。ある人に適したメンタルトレーニングが、別の人にはまったく役に立たない、ということもあるでしょう。
「気にしないこと」「図太くなること」「自己暗示をかけること」「腹式呼吸」など、色々なことが言われていますが、神経質な人に「気にするな」と言っても無理な話です。複式呼吸を行なっても、何ら効果を実感しない人もいます。

統一的なトレーニング法がなかなか見つからない中で、唯一、多くの人が体感しているメンタルトレーニング法が、逆説的ですが「肉体を鍛えること」です。

圧倒的に強い肉体を作り上げれば、自分の底から自信が湧き上がってきます。やがては「どう考えても相手のほうが弱い」と本気で思えるほどの自信が湧き上がってくるでしょう。
これこそ、強化されたメンタルの状態です。肉体を強くすることで、本人に自覚はなくても、必然的にメンタルが強化されているものなのです。

肉体強化の基本である「疲労期・疲労回復期・超回復期」と「水分補給」を忘れず、他の選手よりも効率的な肉体トレーニング・メンタルトレーニングを重ねていきましょう。

格闘技の種類とトレーニング方法

ボクシング

左右の拳にグローブをはめ、相手と打ち合ったうえで勝敗を競い合うボクシング。攻撃対象は相手の上半身と、格闘技のなかでも攻撃範囲が狭いスポーツです。対戦相手にパンチを浴びせる選手もいれば、ディフェンスメインで隙を狙い、一撃をくらわせる選手も。足の動きを巧みに使い、相手との距離をはかった戦いを挑む者と、それぞれの強みを活かした戦い方を繰り出します。ちなみに男子ボクシングの階級は17級と、体重別に分類。身体的条件の差がないため、互いの実力が試合にきちんと反映されます。

トレーニングでは持久力・瞬発力・技術力を高めなければなりません。ランニングをはじめ、腕立て伏せや腹筋といった筋トレ、ジムワークであるシャドーボクシングやサンドバッグなど、あらゆるトレーニングを行う必要があります。

空手

琉球王朝時代の沖縄を発祥とする空手。空手の競技は大きく分けて「形」と「組手」の2種類で分けられます。形には、空手の技を正しく表現する「競技」と、仮想相手への攻撃と防御の流れで構成される「演武」が存在。競技は蹴りや突きのスピードや力強さ、バランスなどを評価します。一方、演武では、一度行った形を同じ試合で使えないというルールがあるため、複数の形をもって臨まなければなりません。

組手は、突きや蹴りの技をもって、相手の部位に攻撃をしかけます。相手への攻撃、または防御ができる状態の「間合い」からの試合運びが大きな見物です。

自身の攻撃をしかける持久力と防御を兼ね備えるためには体幹トレーニングが必須です。体幹全面・背面・股関節3つを鍛えるよう、バックエクステンションやレッグレイズ、ダンベルを使った筋トレなどを行います。

柔道

柔道は日本発祥のスポーツです。選手は白もしくは青の柔道衣を着用しなければいけません。10メートル四方の畳の上で、どちらかの選手が「一本」をとれば勝ちです。しかし「一本」となる条件をすべて満たさなかった場合は、「技あり」として判定されます。技の数は、投技(なげわざ)が68種類、固技(かためわざ)が32の合計100種類です。

全身を使うスポーツのため、各筋肉を鍛える必要があります。また、ケガを防ぐために体を柔らかくしておかなければなりません。ベンチプレスやバーベルスクワット、シットアップといった筋力トレーニング同様、ストレッチもきちんと行いましょう。

レスリング

レスリングは、2人の選手がさまざまな技を使ったうえで競い合う格闘技です。世界最古のスポーツともいわれています。相手を組み伏せるだけでなく、両肩がマットの上へ同時につかなければ勝ち(フォール)と認められません。右肩がつくべき時間はわずか1秒間。もしその試合運びが難しい場合は、相手を不利の状況に持っていくことでポイントが得られます。残り時間数秒というところで技を繰り出し、逆転勝ちを決めることも。最後まで見逃せない試合を堪能できるスポーツです。

相手をつかんで技をしかけるため、握力の強さは勝敗に大きく左右します。また、相手の攻撃を防御するための体幹も鍛えなければなりません。トレーニング方法としては、バーベル・ベンチプレスやダンベル運動をはじめ、器具を使わずに坂道ダッシュなどがあげられます。

テコンドー

テコンドーは、韓国の崔泓熙(チェ・ホンヒ)氏によって体系化された格闘技の一つです。試合では頭と胴体に防具を着用。勝敗はKO勝ちで決まる場合と、得点制(減点)で判断します。韓国での国技であるテコンドーの特徴は、前蹴りや回し蹴り、横蹴りといった蹴り技の種類が豊富であること。技によってポイントが変わるため、各蹴り技のポイント数を知っておくと、試合をより楽しめます。攻撃が当たるとポイントが加算されるため、逃げる姿勢が多く見られた場合は、減点の対象になることも。

テコンドーは蹴りを中心に行う格闘技なので、全身のバランスが非常に重要です。トレーニング方法としては、蹴りをゆっくり行うスローキックや、膝あげやジャンプを取り入れる運動、腹筋などがあげられます。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!