スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

ボクシングのパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給

HOME » スポーツ脳がパフォーマンスを上げる! » ボクシングのパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給
水しぶき 画像

肉体とメンタルを同時に強化することが大事

持久力、瞬発力、筋力、そしてメンタルの強さ。ボクシングは、これらの全てが求められる過酷なスポーツ。肉体を極限まで鍛えても、メンタルの弱い選手は勝つことができないかも知れません。逆に、肉体の鍛え方が不十分であっても、メンタルの強さで相手を圧倒する選手もいます。

一流のボクサーになるためには、根性論だけでは不可能。効率的なトレーニング法に基づいて、他の選手よりも早いスピードで肉体を強化しなければなりません。並行して、メンタルを強く鍛えていく必要もあります。ここでは、具体的な練習方法などは割愛し、ボクシングにおけるトレーニングそのものに対する考え方、また、メンタルを鍛えるための効果的な方法などについて詳しくご紹介します。

パフォーマンスを上げるタイミングでトレーニングを行なう

ボクシング

疲労期・疲労回復期・超回復期のサイクルを上手に利用する

ボクシングに必要な肉体を効率的に作るためには、トレーニングによる疲労期・疲労回復期・超回復期のサイクルを上手に利用することが大事です。

疲労期とは

トレーニングの直後に体が強い疲労を感じているタイミングのことを、疲労期と言います。疲労期にトレーニングを強行しても、パフォーマンスは上がらないどころか、低下していきます。

疲労回復期

トレーニング後に休息を取り、体から疲労が抜けていく期間のことを、疲労回復期と言います。疲労回復期の長さは、個別の体力の違いやトレーニングの内容等により異なります。

超回復期

休息によって疲労が回復すると、一時的に、トレーニング前よりも体調が良くなる期間があります。この期間のことを、超回復期と言います。その後も休息を取り続けると、ふたたびトレーニング前のレベルまで体調が戻って(下がって)しまいます。

試合中「今日はなんだかいつもより調子がいい」と感じることがあると思いますが、これは、偶然であろうが必然であろうが、試合当日と超回復期が重なったため。

逆に「今日はなんだかいつもの調子が出ない」と感じた場合は、試合当日と疲労期・疲労回復期がかさなったため、と考えれば良いでしょう。

ボクサーの肉体・体力を効率的に向上させていくためには、トレーニング後にかならず訪れる超回復期を見過ごさないことが大事。超回復期のタイミングでトレーニングを再開することで、次の超回復期はさらに上の段階へと上がります。これを繰り返し行うことで、ボクサーの肉体・体力は効率的に向上していくでしょう。

なお、プロのトレーナーは、選手の肉体の個性に応じて超回復期のトレーニングを上手に取り入れています。

疲労回復を早めれば効率の良い肉体強化ができる

疲労期から超回復期までに要する時間は、人によってもトレーニングによっても異なりますが、一般には1日程度と言われています。毎日訪れる超回復期のタイミングでトレーニングを行なうことが、ボクサーの肉体強化には最も効率的ということです。

ここで考えたいのが、疲労期から拾う回復期までの期間の短縮。仮に1日程度を要する期間を半日に短縮できるならば、他の選手の2倍のペースで理想的な肉体を手に入れることができる、というイメージです。

疲労回復の期間を短縮には、睡眠や食事、入浴、マッサージなど様々な方法があります。ボクサーであれば、これら一般的な方法は当然のように行なっているでしょう。これらに加えて見直してみたいのが、水分補給です。

適切な水分補給が疲労回復を早める

かつて、水分はアスリートの敵と考えられていた時代がありましたが、現代においては、この考え方自体が医学的に誤りであることが証明されています。しかしながらボクサーの中には、今もなお、減量時以外でも水分摂取を控えている例が見られます。

適切な水分補給がなければ、血液循環が悪化するなどして、疲労期から超回復期への期間は短縮されません。むしろ、超回復期までの期間を延ばしてしまう可能性すらあります。

疲労を効率的に回復させるためには、かならず適切な水分補給を行なってください。

なお筑波大学の臨床研究によると、普通の水を飲むよりも水素水を飲んだほうが疲労回復が早いことが分かりました。水分補給+水素の力で、効率的な体作りをしていきたいものです。

フィジカルとメンタルの両方を鍛えることで強い選手となる

体とともに精神も鍛えることが大事

一流のボクサーは、肉体と同じように、精神の鍛錬も行なっています。精神の鍛錬とは、いわゆるメンタルトレーニングのこと。いかに完璧な肉体が完成していても、メンタルが弱ければ実力を発揮できません。逆に、肉体的には多少不十分なところがあったとしても、メンタルの強さがカバーしてくれることもあります。

メンタルの強さは、練習中はもとより、試合そのもののパフォーマンスを大きく左右する大事な要素であることを、十分に認識しておいてください。

メンタルを鍛える方法

メンタル、つまり心の中は、人によってまったく違います。ある人に適したメンタルトレーニングが、別の人にはまったく役に立たない、ということもあるでしょう。

「気にしないこと」「図太くなること」「自己暗示をかけること」「腹式呼吸」など、色々なことが言われていますが、神経質な人に「気にするな」と言っても無理な話です。複式呼吸を行なっても、何ら効果を実感しない人もいます。

統一的なトレーニング法がなかなか見つからない中で、唯一、多くの人が体感しているメンタルトレーニング法が、逆説的ですが「肉体を鍛えること」です。

圧倒的に強い肉体を作り上げれば、自分の底から自信が湧き上がってきます。やがては「どう考えても相手のほうが弱い」と本気で思えるほどの自信が湧き上がってくるでしょう。

これこそ、強化されたメンタルの状態です。肉体を強くすることで、本人に自覚はなくても、必然的にメンタルが強化されているものなのです。

肉体強化の基本である「疲労期・疲労回復期・超回復期」と「水分補給」を忘れず、他の選手よりも効率的な肉体トレーニング・メンタルトレーニングを重ねていきましょう。

まとめ

他のスポーツ競技ももちろんですが、特にボクシングという競技を選んだ以上は、楽に強い選手になることはできません。日々、極限までの練習をすることは避けることができないでしょう。

ただし、単に過酷な練習をしたからと言って、必ず強い選手になれるという訳でもありません。時間が有限である以上、他の選手と差をつけるためには、疲労回復のサイクルを考慮した効率的なトレーニングをすることが大事。古くはタブーとされていた水分補給も、医学的な根拠とともに見直す必要があるでしょう。

効率的に肉体が鍛えられれば自信が生まれ、メンタルが強化されます。その時こそ、あなたが最高のパフォーマンスを発揮できるタイミングなのです。

疲労回復には「水素」の摂取もおすすめ!

疲労回復のためには欠かせないスポーツドリンク。

アスリートに必須のスポーツドリンクですが、商品を選ぶ時に注意したいのが「糖分」。よりシェイプアップされた肉体を作り上げるためには、「糖分」の配合量には十分注意しましょう。

さらに上を目指すなら、あわせて水素を摂ることで、さらなる疲労回復&パフォーマンス向上のサポートになります。

疲労回復と水素

疲労の原因物質として知られる活性酸素。活性酸素には善玉と悪玉があり、体に悪影響を及ぼすのが悪玉活性酸素です。疲労回復のためには、体内から悪玉活性酸素を効率よく除去しなければなりません。

この活性酸素の大掃除に大きな働きをしてくれるのが、水素です。

水素粒子は、宇宙で一番小さいと言われる物質。人間の細胞壁をすり抜けて、体の隅々に溜まった悪玉活性酸素を除去する働きがあります。

水素水よりも水素吸引器

水素と言えば水素水が有名ですが、水素水から摂取できる水素の量は限定的。より効率的に水素を摂るためには、水素吸引器がお勧めです。水素吸引器なら、5分間の水素吸引で水素水約5L分の摂取に相当。最近では手軽に持ち歩きが可能なハンディタイプの水素吸引器も登場していますので是非チェックしてみてください。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!