スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

バスケのパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給

HOME » スポーツ脳がパフォーマンスを上げる! » バスケのパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給
水しぶき 画像

パフォーマンスを上げる!

バスケのパフォーマンスの向上には水分補給が要

バスケの試合は多くの場合、体育館など室内で行います。

暑い時期は外での試合よりも熱気がこもりやすく、体が熱をもち、汗をかきやすくなったり、疲労を感じやすくなります。

さらにさまざまな動きを取りながら試合を行うので、運動量が多く、体に負荷がかかりやすいので、試合中のパフォーマンス維持を目的とする場合に気をつけたいポイントたくさんあります。

こちらでは、バスケのパフォーマンスを向上するために意識したいこと、有効な方法についてご紹介していきます。

練習のしすぎはパフォーマンスの低下を招く?

筋肉の疲労回復のために「練習しない日」も必要

バスケでは、シュートのためにジャンプしたり、ボールを奪ってダッシュしたり、急にストップをかける、横に動くなど、筋肉や靭帯、関節などに負荷がかかる動きが多くあります。

こうした動きを行いながら練習をしていると、筋肉に傷がつきます。

筋肉に傷がついてしまうことは決して悪いことではなく、筋肉が修復するときにさらに強い筋肉となって修復されることがあるので、「筋肉が修復する時間」を設けていれば問題ありません。

しかし、毎日ハードな練習を続けていると、筋肉の修復が間に合わないので傷がついたままになり、結果パフォーマンスの低下につながってしまうことがあります。

毎日練習をしているのになかなかパフォーマンスが上がらないという人は、練習のしすぎが原因かもしれない、ということです。

もし心当たりがある場合は、週に2日ほど練習を休む日を設けてみましょう。

その後の練習でパフォーマンスが上がっていることを実感できると思います。

バスケのパフォーマンス向上のための思考とは

バスケに関するメンタルトレーニングの方法については、ネット上でも書籍でも、非常に多くの情報が氾濫しています。中には、それら情報を参考にして、実際に様々なメンタルトレーニングを行なっている人も少なくないでしょう。

具体的なメンタルトレーニングを実践していくことは、決して無駄ではありません。自分に合った方法を見つけて、ぜひ実践していってください。

ただし、それらのトレーニングにどんな意味があるのか?本当にメンタルが鍛えられているのか?という点については、常に客観的に自問してみる必要があります。 ともすると、自分には合っていないメンタルトレーニングをひたすら行なっている恐れもあるのですから。

様々なメンタルトレーニングを実践する前に、以下では、メンタルを鍛える際のベースとなる「考え方」「思考法」を理解しておきましょう。 人によっては、以下の「考え方」「思考法」を理解するだけで、強靭なメンタルを持つ名選手に成長する可能性があります。

プラスアルファの練習をして、良い意味で「孤立」する

チームメイトと同じ練習メニューをこなすのではなく、自主的に、プラスアルファの練習を組み入れてみてください。たとえば、次のような練習です。

  • チームメイトよりも10分余分にシューティングする
  • 1on1の練習後、相手がいなかった選手と、もう一度1on1をやる
  • 対面シュートでチームメイトが5本決めたら、自分は6本決める
  • レイアップ練習では試合同様のスピードを維持する

ほんの少しで良いので、チームメイトとは異なるプラスアルファの練習を加えます。言わば、チームの中において、良い意味で「孤立」するのです。 こうした思考を持って練習を重ねていると、やがて「自分は周りとは違う」「周りとは同じにされたくない」「自分は特別な選手だ」という、良い意味でのプライドが生れてきます。このプライドを持つことは、メンタルを強化する上で非常に重要です。

「自分は周りとは違う」という思いが原動力となり実力が付く

「自分は周りとは違う」「周りとは同じにされたくない」「自分は特別な選手だ」といプライドが生れると、やがてそのプライドが原動力となり、以前よりも、さらに練習に身が入ります。

練習に身が入れば、当然ながら実力は比例して付いていきます。プライドという目に見えないものから、実力という目に見えるものが生れていく瞬間です。

並行して、次のような気持ちも生まれてくるでしょう。

  • 周りと違う選手と思われることが気持ちいい
  • 普通の選手よりも目立っていることが気持ちいい
  • 自分の活躍でチームが勝つと気持ちいい

この気持ちが生れてきた段階で、あなたは、強靭なメンタルを手に入れるレールに乗った、と考えて良いでしょう。

自信がメンタルをいつの間にか強くする

周りとは違う活躍ができるようになると、自分に自信が生まれてきます。「自分がいるからこそチームが勝てる」「チームには自分が必要だ」「相手チームは自分を恐れているだろう」といった感覚です。

この感覚が生まれた時点で、どのチームメイトよりも、どの対戦相手よりも、あなたは精神的に一段階有利な位置に立ったことになります。良い意味での「上から目線」の立ち位置です。

一方、あなたは、メンタルの弱いチームメイトの存在が気になるようになります。そんなチームメイトに対し、あなたは様々な声掛けをしたりアドバイスをしたりするようになるでしょう。 その姿こそ、メンタルの強い選手の特徴。意識せず、いつの間にか、あなたはメンタルの強靭な名選手に成長しているのです。

メンタルトレーニングの「首根っこ」

以上で紹介した「思考法」は、バスケにおけるメンタルトレーニングの、言わば「首根っこ」です。中には、様々なメンタルトレーニングを実践するまでもなく、この「首根っこ」を押さえた練習をするだけで、強いメンタルが養われていく人もいます。 自分で理解できないメンタルトレーニングをやみくもにやるのではなく、まずはここで紹介した「思考法」を理解してください。その上で、メンタルトレーニングの各論を実践するという順番です。

バスケのパフォーマンスを上げるメンタルトレーニング

自分のやれることをしっかりやる

これはどの競技でもいえることですが、日々のトレーニングをしっかりと行い、自分にやれることはすべてやった、という自信があれば、メンタル面が安定します。

もし人よりも劣っているのではないか、と不安になっているのであれば、チームで練習した後に少し自主練をするなど、メンバーよりも少しでよいので何かを多く練習することも、自信につながるでしょう。

ただ、前述したように練習をしすぎてしまうと筋肉の修復が間に合わなくなってしまいますので、過度の練習は厳禁です。

自分が納得できるトレーニングをしっかり行うことは、メンタルの強化に大きく関係します。

言動をコントロールする

試合に負けるかもしれない、不安だ、緊張しているなどという、マイナスな発言を控えるだけでも、メンタル面の安定につながります。

相手のチームが強豪だった場合、メンバーと試合相手の運が悪かった、などと軽く話すことがありますが、こうした発言も後から心にのしかかることがあるので、できるだけ避けるべきです。

練習の成果が思ったように出ない場合も、考えてしまったとしても口には出さないこと。

常に前向きな発言を心がけましょう。

誰かを責める発言をしてしまうことも避けます。

発言をしてしまったことに自責の念を抱いてしまい、試合に集中できなくなってしまうことがあるからです。

日頃からマイナスな発言をしないように意識してください。

負の感情を抑える、忘れる

試合に関することだけではなく、友人関係や家族関係、勉強などの私生活を含め怒りや悲しみ、卑屈になってしまうような感情はできるだけ抑えることも重要です。

試合中に悩みがあると、自分では考えないようにしているつもりでも、どこかプレイに表れてしまいます。

バスケに限らず、試合以外の悩みにとらわれて本来のパフォーマンスを発揮できなかったという人は多いです。

どうしても考えなければならないことがあれば、試合の前から少しずつ考えないようにするトレーニングをして、自分のメンタルをコントロールしてください。

試合当日はメンバーとよいコミュニケーションを

メンバーとの関係は、パフォーマンスに直接的な影響を及ぼします。

試合前に励まし合いながらよいコミュニケーションが取れれば、試合のパフォーマンスも上がります。

逆に、前日の練習やミーティングで口論になってしまったり、気まずくなっているメンバーがいると、パフォーマンスは低下してしまうことが多いです。

常に一緒に練習しているメンバーなので、いざこざが起こることもあると思いますが、試合前や試合当日はよいコミュニケーションが取れるようお互いに歩み寄ることができるとよいですね。

試合当日の水分補給について覚えておきたいこと

水分補給に水が適さない理由

水分補給というと水を思い浮かべる人も多いですが、スポーツの試合中に水分補給を行う際は、水は適さないといわれています。

これは、水には運動によって失われた塩分やミネラル分が含まれていないので、体に必要な成分を補うことができないからです。

そのほかにも、水は飲んでも喉の渇きが癒えない人が多く、つい飲みすぎてしまうので体に負荷がかかりパフォーマンスの低下につながります。

このため、試合中の水分補給にはスポーツドリンクが適しているといわれているのですね。

アイソトニック飲料は糖分が多く喉が渇きやすいことも

スポーツドリンクにもいろいろありますが、「アイソトニック飲料」に分類されるスポーツドリンクは、バスケの試合には適さない場合があります。

これは、アイソトニック飲料には糖分が多く含まれており、体が急に糖を大量に吸収すると、疲れやすくなる、集中力が散漫するなどの「低血糖症状」が起こる可能性があるからです。

また、糖分が多く含まれていると水分補給をしてもまたすぐに喉が乾いてしまい、つい飲みすぎてしまいます。

ただ、アイソトニック飲料はコンビニやスーパーで手軽に購入できるので、アイソトニック飲料を水分補給に取り入れたいという人も多いでしょう。

その場合は、水で2倍程度に薄めて摂取するとよいようです。

ちなみに、マラソンなど持久性競技を行う場合には、大量の糖分を必要とするためアイソトニック飲料でもパフォーマンスに対する悪影響はないといわれています。

クエン酸の含まれたドリンクを飲む

「クエン酸」は、体力の回復を早める効果があるとされている成分で、柑橘系の果物に多く含まれます。

スポーツの試合でレモンの輪切りを食べるという人も多いのではないでしょうか。

このため、水分補給に取り入れるドリンクには、クエン酸が含まれているものを選ぶのがおすすめです。

よりクエン酸を効率よく摂取したいのであれば、レモンの輪切りを食べるのも有効。

ちなみに、レモンを食べると疲労回復効果が期待できるほかに、喉の渇きを抑える効果もあり、水分の摂りすぎを防ぐことができるようです。

このため、水分補給にスポーツドリンクではなくレモン水を用意している選手もいます。

まとめ

バスケでは、練習方法やメンタルトレーニングなどに気をつけたい点がいろいろとあることがお分かりいただけたと思います。

しかし、体作りとメンタルトレーニングの両方を意識して、試合当日のコンディション管理に気を配ることで、パフォーマンスを最大限に高めることも可能です。

ここでご紹介したトレーニング方法を実践したことがないという方は、ぜひ試していただき、パフォーマンスの向上につなげていただければ幸いです。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!