スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

野球のパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給

HOME » スポーツ脳がパフォーマンスを上げる! » 野球のパフォーマンスを上げるためのベストな水分補給
水しぶき 画像

メンタル面は本番に大きく影響する

技術力とメンタルを同時に鍛えて名選手へと成長する

草野球や学生野球の世界では、いわゆる「本番に強いタイプ」の選手と「本番に弱いタイプ」の選手がいます。普段の打率はさほどでもないのに、試合の打席に立つとよく打つ選手。普段はよく打つのに、本番になると実力を発揮できない選手です。プロ野球の世界ですら、体の調子とは別の問題において、打率の調子が良いシーズンと、そうではないシーズンの波が著しい選手がいます。もちろんバッターのみならず、ピッチャーも同様です。

野球の経験がある人であれば、それが草野球であれプロ野球であれ、本番におけるメンタルの重要性を多くの人が理解しているでしょう。

技術力を向上させることと、メンタルを鍛えることとは別問題。両者を安定させることができた選手が、野球における名選手へと成長していくのです。

指導者におけるメンタルの重要性の認識不足

いかにハードな練習をしようとも、いかに高い技術力を身に付けようとも、試案の本番で力が発揮されなければ意味がありません。試合の本番で力を発揮できるか否かは、各選手、多分にメンタルな要素が影響しています。

この極めて重要で単純なことを、ともすると指導者が十分に認識していない例があることは、残念で仕方がありません。

メンタルを委縮させるほどの叱責・罵倒は不要

いわゆる「褒めて育てる」という方法も、過剰になると逆効果ですが、そうとは言え、失敗した選手に対して不要な罵倒を繰り返すことに何の意味があるのでしょう?

時には厳しい叱責も必要ですが、選手のメンタルを委縮させるほどの叱責や罵倒は不要。「なぜ選手にそのようなことを言う必要があるのか?」を自問し、論理的な根拠がある場合に限り叱責する、という冷静な判断が望まれます。

漠然とした声掛けに意味はない

いまだに一部の指導者の中には「リラックスしていけ!」「緊張するな!」「大丈夫だ!」「落ち着け!」など、選手にとっては何ら役に立たない声がけをしている例も見られます。

選手にとって必要な情報は「どうすればリラックスできるのか?」「どうすれば緊張しないのか?」「なぜ大丈夫なのか?」「どうすれば落ち着けるのか?」といった、その声掛けの具体的な根拠や背景です。

打席に向かう選手に対し「頑張れ!」と漠たる声掛けをするのではなく、むしろ選手に近寄って小さな声で「投手はこんなクセがあるぞ。●●のタイミングで思いっきり振ってみろ」など、具体的な助言をすること。そのほうが選手のメンタルは安定します。

メンタルを操って名選手を目指す

「メンタルを鍛える」と聞くと、「どんな苦難にも打ち勝つ強い精神力を養う」というイメージを浮かべる人もいると思います。

もちろん、野球もスポーツである以上は、強靭な精神力は不可欠です。しかし、それ以上に大切な要素が、メンタルを操るという技術。いわゆる「本番に強い」選手は、メンタルが強靭であるからというよりも、メンタルの操作が得意だから、と考えておくべきです。

常に安定したメンタルを維持する具体的な方法として、次の2つを意識してみましょう。

1.試合中のルーティーンを持つ

有名な話ですが、日本人メジャーリーガーのI選手は、自らが打席に立つ際、毎回同じ動きをしています。打席まで歩いていくときの歩数も毎回同じです。さらに「Iは試合前の控室での行動もいつも同じ」とチームメイトは語るほどです。

試合中の行動をパターン化し、必ず実践すること。これを、ルーティーン化する、と言いますが、人はルーティーンを持つことでメンタルが安定してくる傾向があります。

2.「少し調子の悪い日」を設定する

心技体のすべてが要求される野球において、何らかの理由で一部が欠けてしまい「調子の悪い日」が訪れることもあります。

概して野球選手は、「調子の良い日」(A)と「調子の悪い日」(C)の2つに分ける傾向がありますが、その中間に「少し調子が悪い日」(B)を入れ、3つに分けて考えてみてください。この(B)の概念を持つことで、ズルズルと底なしに落ちていくことがなくなる可能性があります。

ピッチャーで言えば、大量失点ではなくフォアボールの連続くらいに抑えることができるかも知れない、ということです。

こまめな水分補給で熱中症予防と血行維持を

野球という競技は、試合時間はもちろん、他のスポーツに比べると練習時間が非常に長い点が特徴。ユニフォームや防具などに全身が包まれた状態で長時間の練習を行なっていると、本人には気づかないほどの大量の汗をかいているものです。

発汗は、体温調整をするうえで最も大事な要素。水分補給が不足している状態で練習を続けると、やがて体内の水分が減って汗をかきにくくなり、結果として体温が上昇して熱中症に至ることもあります。

また、体内の水分が不足することで血液はドロドロとなり、一時的に体内が血行不良になります。その結果、全身に酸素が運ばれにくくなり、体の動きや頭の働きが鈍ることにもなるのです。

試合中ももちろんですが、特に練習中は計画的にタイミングを決めて、こまめに水分補給をすることが非常に大切です。

まとめ

誤解しないで欲しいのですが、メンタルを上手に操れるようになるだけで、野球の名選手になれる訳ではありません。メンタル以前に、技術力の養成は不可欠です。

今まで通り、練習はしっかりと行なってください。その一方で、試合本番におけるメンタル操作の練習も加えてみること。名選手を目指し、体だけではなく頭もしっかりと使って練習をしていきましょう。

アスリートのパフォーマンス改善に「水素」が効果的!

こういったスポーツドリンクは、スポーツ時の水分補給をしながら、栄養素を摂取できて疲労回復できる優れたアイテムです。

しかし、スポーツドリンクでは「糖分」を過剰にとってしまうという問題もあるため、「疲労回復」には、別の選択肢を考えるのもよいでしょう。特に、本気でパフォーマンス改善方法を探しているアスリートにおすすめは「水素」です。

水素はごく小さな物質であるため、素早く体中に行き渡り、「疲労の原因」である活性酸素を除去する機能があるのです。ギリギリが勝負を決める真剣勝負を行うアスリートにとって疲労対策を非常に重要、水素は「運動前」にとることで「疲労感の予防」し、「運動後」に飲むことで「疲労回復」をサポートします!

また、疲労回復だけでなく、聴力や運動能力の向上、記憶力の向上など、脳機能を上げるエビデンスも報告されており、大事な試合の直前に吸入するだけで、成果を上げられることが期待できます。

水素をとるには「水素水」のみでなく、「水素吸引」があるのですが、以前は、設置型の大型装置で専門施設などの限られた場所でしか行えないものでした。また、美意識の高い芸能人や一流のプロアスリートの中には、自宅に水素吸引の機械を購入して置いている人もいますが、その価格は大変高価で、鼻にチューブを差し込むようなタイプも多く、手軽に利用できるとは程遠い状況でした。しかし、最近では、数万円で購入できて、ハンディタイプでいつでもどこでも使える水素吸入器が登場し、「水素吸引」は非常に身近になりました。水素吸引は、直接高濃度の水素を取り入れることができるので、わずか5分の吸入で約5リットル分の水素水と同等の水素を吸引でき非常に「効率的」です。

パフォーマンス改善に真剣に取り組むアスリートの方は是非一度「水素吸引」を試してはいかがでしょうか。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!