スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

スポーツ脳がパフォーマンスを上げる!

HOME » スポーツ脳がパフォーマンスを上げる!

一流アスリートに
共通する要素とは?

集中力と持久力を向上させてパフォーマンスアップ!

スポーツ選手に求められるものは、単に筋力や精神力だけではありません。いかなる状況下でも最良のパフォーマンスをあげるために、集中力、持久力、静止視力、動体視力、瞬発力、判断力など、総合的な能力を高める必要があります。ここでは、一流のアスリートを目指す上で最低限必要な要素をピックアップしてみました。

スポーツと脳にはどのような関係がある?

スポーツと脳の関係に注目!

パフォーマンスを改善したいと思った場合、スポーツと脳の関係にも注目してみましょう。スポーツをする際には体を動かすわけですが、体を動かしているのは脳。足を上げるにしても腕を振るにしても、その命令はすべて脳から伝わってきます。

脳がパフォーマンスを左右する

スポーツする際のパフォーマンスについて考えると、素人とプロでは全く違います。例えば野球について考えた際には、プロの選手は今後のゲームの流れやボールの軌道、相手の動きなどを的確に考えて予想することによって最良な動きができます。

これは経験によるところが多いのですが、その経験を記録しているのも脳です。まず、身体を動かすための命令は電気信号として筋肉を伝わります。

脳内では神経細胞と呼ばれるものを通じて命令が伝わり、これが首や背骨の周辺による中枢神経系と呼ばれるものを通り、最終的には末梢神経を通して手足などに信号が伝えられるのです。

体の中には神経細胞の通り道があります。しかし、その通り道は1つではありません。自分の思い通りに体が動かせたということは、その時に選択された神経細胞の通り道が正しかったということ。

このような状態になると、脳はその後同じ動きをする際に同じ通り道を使うように記憶をします。

繰り返し運動することにより脳が覚える

初めはフォームがうまくいかなかったとしても、何度か繰り返しているうちに毎回理想的なフォームに近づくということがありますよね。これは、脳が同じ神経細胞の通り道を繰り返して伝達を行うことにより、正しいルートを記憶できた証です。

一度練習をしてもしばらく間が空いてしまい、フォームが乱れてしまうこともありますが、これも最適なルートを脳が忘れてしまった状態だといえるでしょう。

スポーツの勘も右脳によって養われる

ハイレベルなパフォーマンスを実現しているプロのアスリートは目で見てから物を考えるというよりも、ごくわずかな時間で状況を把握し、それに最適な動きを脳が判断して行っています。まさに、体が勝手に動くような状態だといえるでしょう。

本人も無自覚で行っているような動作ではありますが、ここでも脳の働きが大きく関係しています。一般の人がプロのアスリート選手と同じように身体を動かそうと思った場合、脳の機能の違いについてもチェックしてみましょう。具体的に何に対して努力をすればよいのかが見えてくるはずです。

一般の人とアスリート選手の脳の違いとは

プロのアスリート選手と同じようなパフォーマンスを実現したいと思っているのであれば、一般の方とプロでは何が違うのか考えてみましょう。大きな違いは脳の使い方にあります。

例えば、熟練した選手の場合、必要な動作を行った後はすぐに筋活動が停止するのですが、素人が行うと必要な動作が終わった後でも筋活動が続くのです。これは、無駄にエネルギーを消費していることを意味しており、当然ながら必要以上に疲れてしまうでしょう。それから、知識がある人と知識のない人では脳の理解能力も変わってきます。例えば、技を実演するビデオを見ながら体操で高難易度の技を習得するとしましょう。

ある程度知識のある方ならば、その技を実現するためにどのような動作をすればいいのか、次の動作に移るにはどのような準備が必要なのかを想像できます。しかし、全く技に対して知識がない方は、ただビデオの中の動きを目で追うしかできません。理解の力に大きな差が生まれるため、全く知識のない状態から高難易度の技を学ぼうと思っても無理な話です。理解力を高めるためには難易度の低いものから一つひとつ順を追って理解していくことが重要だといえるでしょう。

パフォーマンスがうまくいかなかったときに、ただ単に練習不足ということも考えられますが、もしかしたら脳が必要な動作を理解するための情報が不足しているのかもしれません。まずは最高のパフォーマンスを実現するために必要な情報を脳に覚えさせ、続いてそれを実現させるための動作を覚えさせていくといったことが重要になってくるでしょう。

パフォーマンスがうまくいかなかったときに、ただ単に練習不足ということも考えられますが、もしかしたら脳が必要な動作を理解するための情報が不足しているのかもしれません。まずは最高のパフォーマンスを実現するために必要な情報を脳に覚えさせ、続いてそれを実現させるための動作を覚えさせていくといったことが重要になってくるでしょう。

イメージすることの重要性

自分が行いたいと思ったパフォーマンスができなかった場合、原因を理解せずに何度も繰り返し行ったとしても身体に正しい信号は送られません。まずは失敗やうまくいかなかったことの原因を頭の中でよく理解し、それを改善するためにはどうすればよいのかを考えましょう。

こうすることにより効率よく正しく体を動かすための道筋ができるようになり、脳からの信号もスムーズに送られるようになります。確かに、実際に体を動かして身体に信号を送ることも大切ではありますが、イメージすることも重要です。実際に自分自身で体を動かして運動しなくてもイメージするだけで脳の活動量が増加し、運動関連領野が盛んに活動します。運動できないときも頭の中でイメージを膨らませ、自分自身がその動作をしたらどうなるのかといったイメージが行えるようになると、効率よくパフォーマンスの向上が目指せるでしょう。

脳への電気刺激が運動能力の向上に繋がる

脳の働きが運動能力とどのように関わっているのかについてはスポーツ界でも注目されており、研究なども行われています。実際にアメリカでは、脳に電気刺激を与えることにより運動能力を向上させるための商品も開発・販売されているほどです。

これは、脳の中でも運動と関わり合いの深い部分に直接的な刺激を与えることにより筋肉への指示が即座に行われ、運動能力を高める方法となっています。ドーピング的な役割を果たしてしまうとの声も出ていますが、こういった研究からも脳への刺激が運動能力の向上に繋がることが証明されているのです。こういった機械がもたらす刺激は、装置を装着しているときしか意味がないのでは?と思うかもしれませんが、電気刺激の効果が切れても体はそれを覚えているとのことなので、効率よく身体を動かすタイミングを理解するためにも役立てられるかもしれません。

集中力と脳の関係

身体を動かす動作的な部分は、実際に運動して身につけていくところが大きいです。しかし、スポーツをするうえでは集中力も求められますよね。相手が投げた球を見失わないように集中して追いかける、どこにボールが飛んでいっても瞬時に反応できるように心と体の準備を整えるなど、スポーツと集中力は切っても切り離せない関係があります。

スポーツをするなかで筋肉が疲労し、精神的に辛い状態に追い込まれても高い集中力を保てるかどうかの鍵は脳が握っているともいえるでしょう。身体的な能力が優れていたとしても、集中力が切れれば即座に適切な反応ができません。一流のスポーツ選手は常に集中を極限まで高め、いわゆる「ゾーン」に入っている状態を維持できるために高いパフォーマンスを実現できるのです。

そこで、パフォーマンスを高めるためにどのようにすれば高い集中力を持続できるのかについて考えてみましょう。誰でも好きなことを実践していると、あっという間に何時間も経っているようなこともありますよね。こういった状態を意図的に作ることができれば、高いパフォーマンスの実現に繋がるはずです。

しかし、自分は集中力が続かない…と悩んでいる方も多いはず。どれくらい集中力が持続するかは年齢や性別などによっても違い、一般的には長くても40分から50分ほどしか続かないといわれています。

その中でも最高に集中力を発揮できるのは、ほんの15分程度と言われているのです。例えば1時間のスポーツを行い、その中でずっと高いパフォーマンスを発揮しようとしても難しいということ。

ですが、一度の集中力はそれほど長く続かなかったとしても、集中力が切れたタイミングでまだ集中力を高めることは不可能ではありません。そのためにはどうすればいいのかというと、失敗に慣れることだといえます。

失敗は集中力を切らす大きな原因です。スポーツで体を動かし始めたものの、予定していた動きができず失敗すると集中力が途切れてしまいますよね。ですが、失敗してそのたびに動きを中断してやり直すよりも、そのまま動き続けて運動を継続した方が集中力は途切れず、パフォーマンス力の低下が防げるのです。

運動が脳に与える影響

運動をする人としない人を比較すると、運動をしている人の方が脳の運動制御をつかさどる部位が多くなります。それだけでなく、運動をするとGABAと呼ばれる神経系が育つのですが、GABAは気持ちを安定させる物質を分泌する役割を持っているのです。つまり、運動を取り入れることにより脳の神経系に働きかけ、ストレスへの耐性を高められるということ。ほかにもやる気を引き出すことと大きく関係している「線条体」と呼ばれる部位の活動も活発になり、集中力が高まります。

運動で身体を動かすことにより体内の血行も良くなり、脳に運ばれる血流が増加するため、運動することは脳のアンチエイジングに繋がるともいわれているのです。運動をすることは身体に良いということはなんとなくわかっていたものの、脳を使うことが運動能力とも関わっているとは知らない方も多いのではないでしょうか。

脳はパフォーマンス向上に欠かせない役割を持っていますし、反対に運動も脳の働きを活性化させる役割があります。運動とは走ったり跳んだり体をひねったりさまざまな動きをするわけですが、それらの動作を行うように命令しているのは脳です。運動のパフォーマンス力を高めたいと思った場合、脳が深く関係していることを理解し、意識することにより効率よくパフォーマンス力向上が目指せるはずです。

パフォーマンスを向上できる種類

肉体的鍛錬以外でも運動機能を高めることができる

今よりももっとスポーツで成果を上げたいと考えるならば、通常は、今よりももっと持久力や動体視力などの向上を図る人が多いでしょう。確かに持久力や動体視力は、鍛えれば鍛えるだけ向上していくものです。しかし、それらを鍛えるためには、必ずしも運動以外に方法がないというわけではありません。持久力も動体視力も、運動以外の方法で鍛えることができます。

イメージ

たとえば持久力。試合で持久力を出すには、確かに肉体的な機能を前提としますが、その肉体的機能を持久力という形で発揮させるのは精神力です。精神力を持久力の土台にするためには、脳への効率的な酸素供給が大事。同時に、脳への血液循環力の向上や血液の質を高めることも非常に大事です。これらを運動で養うことはできません。

動体視力もまた、運動以外の側面から鍛えることが可能。通勤電車の車窓から外の景色を正確に読み取る訓練や、動体視力トレーニングの動画を見るなどすれば、やがて高い動体視力を手に入れることができるでしょう。 スポーツのパフォーマンスの向上には、様々な側面からのアプローチがあるのです。

動体視力

動体視力とは、動いているものを正確にとらえる視力のこと。具体的には、目の前を横切るものを正確にとらえるためのDVA視力と、目の前に近づいてくるものを正確にとらえるためのKVA視力の2種類を合わせて、動体視力と呼んでいます。

いかなるスポーツであれ、味方や相手、球などの「動き」をとらえる能力は必要不可欠です。自分に向けて近づいてくるボールの距離感を正確にとらえられずに、一流のバッターになることはできないでしょう。実際、日本人メジャーリーガーとして活躍するI選手は、その輝かしい実績のみならず、動体視力の高さでも知られています。

静止視力

静止視力とは、遠くにあるものや小さなものを正確にとらえる視力のこと。つまり、私たちが視力検査で測定している視力のことを、正式には静止視力と言います。

スポーツをする上で、静止視力の高さは大きくパフォーマンスを左右します。静止視力が低いと、相手の動きや球の動きがボヤけてしまうからです。さらに静止視力は、視力の対象物のスピードが上がるほどに低下すると言われています。たとえば野球において、時速100kmの球を見る際の静止視力は半分程度になると言われています。スピード感が不可欠のスポーツ全般において、静止視力を高めることの重要性が理解できるでしょう。

集中力向上

何か一つの物事を成し遂げるうえで、意識が散漫であれば、効率的なパフォーマンスを上げることはできません。逆に言えば、意識がその物事に集中しているときは、高いパフォーマンスを期待することができます。この現象は、大なり小なり、どんな人でも経験則で知っていることでしょう。

スポーツにおいても、当然、集中力の高低はパフォーマンスを大きく左右します。ピッチャーが振りかぶったとき、バッターの意識が試合後の夕食のほうを向いていては、間違いなく球を打ち返すことができないでしょう。野球に限らず、すべてのスポーツにおいて集中力が大切なことは言うまでもありません。

脳ストレス低下

スポーツの試合中、選手は多大なるストレスに直面していると言われています。そのストレスに選手が押しつぶされないよう、監督やコーチは、選手に対して練習中から一定のストレスを与えています。結果、選手はストレスに強い体質を身に付けていきます。

しかしながら、練習のストレスを抱え続けたままの状態では、選手の脳は疲労を蓄積させます。いわゆる脳ストレスがたまう状態となり、試合本番では逆にパフォーマンスを低下させるかも知れません。一流の監督やコーチは、練習において選手にストレスを与えつつも、脳ストレスを蓄積させないよう選手の心のケアを大切にしています。

瞬発力向上

瞬発力とは、0コンマ数秒の間に爆発的な力を発揮する、いわばバネのような能力のこと。短距離のスプリンターが仕掛けるスタートダッシュは、まさに瞬発力の賜物と言うことができるでしょう。

瞬発力の中には、ジャンプ力、筋力、反応力など様々な要素が含まれています。脳内の働きも含めた、いわば総合的な力が瞬発力。特定の側面だけを鍛えることで瞬発力が飛躍的に向上するわけではありません。瞬発力を鍛えることによって、前後左右への早さ、チャンスの時の力強さなど、ほぼ全てのスポーツに必要とされる土台を築くことができるでしょう。

持久力向上

持久力とは、体を長時間安定的に働かせることができる能力のこと。どのようなスポーツにおいても持久力は必要とされます。たとえ短時間で勝敗のつくスポーツ(たとえば相撲)だったとしても、土俵に至るまでの長い稽古の間、高い持久力が必要とされます。

持久力を厳密に分けると、心肺機能の持久力と筋力の持久力との2種類があります。一流のアスリートを目指すには、両方を鍛えることで総合的な持久力を養成しなければなりません。圧倒的な持久力を身に付けることで、試合中、終始安定したパフォーマンスを実現することが可能となります。

脳疲労

一般的に疲労といえば「身体的」な疲労をイメージしがちですが、実は脳も疲労しているのです。

パフォーマンスの改善にも疲れた脳を回復することが必要です。そこで「脳疲労」とは何か、その対策を解説します。

神経系トレーニング

一般的に疲労といえば「身体的」な疲労をイメージしがちですが、実は脳も疲労しているのです。

神経系トレーニングとは、筋肉が伸張する速度(筋収縮速度)の向上を目的としたトレーニングです。簡単に言ってしまえば、神経系トレーニングとは「神経から筋肉」「筋肉から神経」への伝達スピードを高めることで瞬発力を向上させるトレーニングです。その有効性とトレーニング方法を紹介します。

コンディショニング

高いパフォーマンスを発揮するためには、フィジカル、栄養、メンタルなど様々な面でのコンディショニングが必要です。スポーツにおけるコンディショニングについて解説します。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS2がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳実行機能の向上、鎮痛効果(リフレッシュ効果)、ストレス低減効果が示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:22mm×長さ:50mm×高さ:162mmで、重量:165gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kenco使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS2で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS2の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(22mm×50mm×162mm)
  • 5分の吸引で水素水(1.0ppm)5L分
  • 3種のアロマでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!