スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

最悪の事態を避けるため…水分補給の重要性を徹底解説

HOME » 絶対に覚えておきたい!水分補給の常識 » 水分補給が重要なのはなぜ?
水しぶき 画像

絶対に覚えておきたい!水分補給の常識

水分補給が重要なのはなぜ?

スポーツ中に水分補給をする目的とは?

水分補給の最大の目的は、「脱水症状の予防」。シンプルな答えですが、大切な問題です。スポーツをすれば喉が渇くし、汗も流れるので、体内の水分が少なくなります。失った分を補わないで運動を続けると、脱水症状へと状態が悪化。運動を継続することができなくなったり、酷い場合には救急車で病院へ搬送されるほどのトラブルが発生します。

脱水量とパフォーマンスの関係

イメージ

スポーツ中の水分補給の目的は、脱水症状の予防以外にもあります。それは「クオリティの高いパフォーマンスを維持する」ことです。

オリンピックやサッカーの試合などで、競技時間が長くなったり、試合が終盤に差し掛かって、選手の動きが悪くなる光景を見たことはありませんか?実況やコメンテーターの「後半に入り、選手は疲れているようです。」という解説は、テレビでスポーツ中継を視聴していると、よく耳にするものだと思います。

アスリートのパフォーマンスが悪くなるのは、身体の疲れや体力の消耗のほかに水分不足も大きく関係しているのです。

発汗などで失う水分量と、人間の動きは連動しており、多くの水分を失えば失うほど、パフォーマンスが悪くなることは、科学的にも確認されています。水分量は、体重に対してパーセンテージで表示。たとえば、50kgの女性だったら、その人にとっての1%の水分量は、500mlです。

どのくらいの水分量を失うと、どんな影響が出るのか紹介します。

約1%の水分量を失った場合
徐々に動きが鈍くなったり、パフォーマンスの低下が始まります。
約2%の水分量を失った場合
身体が喉の渇きを覚えます。動きも次第に悪くなっていきますが、自覚症状を持つ人は、まだ少ないそうです。
約3~4%の水分量を失った場合
疲れが出てきて、体感としても苦しくなってきます。パフォーマンスにも明らかな低下が見られて、水分不足を自覚する人がほとんど。この段階までくると、他人から見ても疲労していることが分かるようになってきます。
約5%以上の水分量を失った場合
吐き気や目眩を覚える人も多くなり、危険な状態。集中力もいちじるしく低下して、スポーツを続けられる状態ではなくなります。

良いパフォーマンスを維持するためにも、水分補給は欠かせないんですね。体調に余裕があっても、ここぞという時に最高の力を発揮するために、正しい方法でこまめに水分補給をして、体の調子を整えておきましょう。

失われる水分・低下する機能とは

水分だけじゃない!体から汗が奪うものとは?

スポーツなどで汗を流した時、奪われるものは水分だけではありません。奪われていくのは、体内のミネラルや塩分など。放っておくと、脱水症状を招く危険があります。

また、いつもより激しい運動をした後に、体調を崩したことはありませんか?
それは、酸素が体内に多く取り込まれたことにより活性酸素が大量に発生し、免疫力が低下してしまったのが原因だから。

脱水症状や疲労の蓄積、免疫力を低下させないためにも、運動をした後の水分補給には、ただの水ではなく、失われたミネラルや塩分を補給すること、そして、抗酸化物質や免疫力を高める成分を積極的にとることが大切です。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS2がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳実行機能の向上、鎮痛効果(リフレッシュ効果)、ストレス低減効果が示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:22mm×長さ:50mm×高さ:162mmで、重量:165gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kenco使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS2で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS2の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(22mm×50mm×162mm)
  • 5分の吸引で水素水(1.0ppm)5L分
  • 3種のアロマでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!