スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

熱中症を予防する、正しい水分補給してますか?-NG例まとめ-

水しぶき 画像

絶対に覚えておきたい!水分補給の常識

水分補給による熱中症予防の盲点

熱中症対策の意外な落とし穴とは?

熱中症対策として欠かせない「水分補給」に、意外な落とし穴が隠されているって、知っていましたか?実は、飲み物の選び方や飲み方を間違えると、熱中症とは別の症状を引き起こしてしまう場合があるそうです。水分補給の基礎知識や、気をつけたいポイントなどをまとめてみました。

水分補給のNG事例集

水分補給は量だけでなく、何をどれくらい、いつ飲むのかも重要です。やってしまいがちな間違いをあげてみました。

甘いジュースや清涼飲料水ばかり飲んでいる

糖分の摂り過ぎで血糖値が上がり、ペットボトル症候群になることも。また、空腹が感じにくくなり、夏に体力が落ちる原因にもなります。

のどが渇いた時、大きなペットボトルを一気飲みする

一度に大量の水分をとると、胃の働きが低下し、体調を崩しがちです。一度に飲む量はコップ1杯(150~200cc)程度におさえること。

冷蔵庫で飲み水を冷やしている

冷たい方がおいしいから、と冷やしている人も多いようですが、冷やしすぎると胃の働きが悪くなったり、腸を刺激して下痢の原因にもなります。5〜15度ていどが腸で吸収しやすい温度なので、冷やし過ぎには注意!

汗をかくたびに、水分と一緒に塩分も補給している

炎天下で短時間に大量の汗をかいた場合は別として、屋内で普段通りの生活をしている場合は塩分補給の必要はありません。塩分のとりすぎで高血圧になってしまいます。

スポーツに夢中になり、水分補給を忘れてしまう

体重の2%の水分を失うと、軽い脱水状態になります。戸外で大量の汗をかいたのに、水分を補給しないのは危険。汗と一緒にナトリウムも失うため、少量の塩分も補給するようにします。

塩分の過剰摂取は別の危険を招きます

イメージ

正しく水分補給をしているつもりで、間違ったことをしている場合も多いですよね。たとえば、熱中症対策には水分と塩分の両方を補給することが必要とされています。汗をかくと、塩分も体から排出されてしまうからです。

ただ、注意したいのは、そもそも日本人は普段の食事で必要以上に塩分を摂りがちであることです。

もちろん、スポーツなどで大量の汗をかく場合は、水分補給と同じタイミングで塩分も補給する必要がありますが、屋内でじわじわと汗をかく程度で塩を摂りすぎてしまうと、高血圧など別の病気を招く危険性もあります。

スポーツ飲料にはナトリウムが多く含まれている場合がありますが、あまり飲み過ぎると塩分の過剰摂取にもつながるので、この点にも注意した方が良さそうです。

そもそも水分補給の目的とは

失われた成分を取り戻す、効果的な飲み物とは?

汗をかき、のどが渇いたからといって、ただやみくもに水分を摂ればよいわけではありません。
水分補給の目的は、汗で失われた成分を補うこと。

汗をかいたときは、水分と一緒に体内のミネラルや塩分も失われているので、それらを補給する必要があります。また、激しい運動をすると、活性酸素が通常よりも多く発生し、体に必要な免疫物質も失われます。

必要以上に運動をすると風邪をひきやすくなるのはそのためです。活性酸素対策に抗酸力の高い飲み物を飲むなど、汗で失われた成分が何であるかを知り、効果的に飲み物を選ぶことが大切です。