スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

水素スティックのスイソルの口コミ・評判をまとめました

スイソル

飲料水に入れるだけで水素水が作れる水素スティック、スイソル。その特徴とはどんなものなのでしょうか?特徴や口コミ評判などを詳しく見てみましょう。

スイソルの特徴

スイソル画像

引用元:http://suisol.com/

あらゆる飲料水に使用できる水素水スティック

スイソルは、あらゆる飲料水を水素水に変化させる水素水スティックです。従来の水素水生成器は水のみにしか水素を発生させられませんでしたが、スイソルは機器を設置することもなく、スティックを飲料水に入れるだけで水素を発生させられます。不純物を発生させない方法で水素水を発生させるので、飲料水の質を変化させることがありません。これによりお茶、牛乳、ジュースと水以外の飲料水に使用できます。

好きなペットボトル飲料水に利用可能

あらゆる飲料水に使えるスイソルは、ペットボトルの飲料水にも利用できます。使い方は、好きなペットボトル飲料水にスイソルの水素水スティックを入れるだけ。これだけでいつも飲んでいる飲料水が水素入りに変化します。使い終わったら流水で洗い流すだけで済み、消毒のためのメンテナンスも必要ありません。洗い終わったらすぐに新たな飲料水に使用できます。

詰め替え方式の採用で環境にも配慮

1回きりの使い捨て方式で本体ごと捨てるしかないものが多かった水素水スティック。スイソルは詰め替え方式を採用することで、本体ごと捨てるしかなかった悩みを解消しています。詰め替え用にすることで費用を抑えられるだけでなく、不要なゴミも出しません。リーズナブルな値段で、エコにも貢献できる水素水スティックです。

スイソルの口コミ・評判

  • ジュースやコーヒーなどにも使えるそうですが、味が変化しそうなこととスティックへの汚れが心配だったので、今は水を飲むときにしか使っていません。スイソルを使うと、水の味がまろやかになったような気がしました。使い始めると1ヶ月半は持つようなので、まずはこの期間だけ使い続けてみようと思います。
  • 水素水スティックというものを見つけたのでためしに使ってみることにしました。今まではミネラルウォーターを購入して飲んでいましたが、水道水に水素水スティックを入れて飲んだ方がまろやか味になったような気がします。この水に変えてから子どもたちもすすんで飲んでくれるようになりました。これを飲み慣れたらミネラルウォーターを購入する必要もなくなるのではないかなと思います。
  • いつもはミネラルウォーターを飲んでいるのですが、出費がかさんでいるなと感じ始めていました。水素水スティックのスイソルを使い始めたのは、家の水道水でも使えると知ったから。今のところ体への変化は感じられていませんが、しばらくは飲み続けてみようと思います。
  • 水素水を使い始めて半年ほどですが、スティックタイプの水素水は初めてです。今のところ効果という効果は実感していませんが、カルキの味やにおいなどがしなくなるところが個人的にお気に入りなところ。今はタンブラーに入れて使用中ですが、汚れにくい感じが良いなと思っています。

「スイソル」の価格とスペック

価格 4,980円
容量 記載なし
水素濃度 記載なし
販売会社 株式会社アクアバンク

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

水素は多くの臨床実験により、活性酸素を除去し体内のたんぱく質を維持する働きがあると言われています。そんな水素を効率的に摂取するには、「水素吸引」がおすすめ。アスリートのパフォーマンス向上に不可欠なアイテムです。

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!