スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

水素による活性酸素除去とは?

HOME » 世界のスポーツ選手たちが注目!水素水を徹底分析 » 水素による活性酸素除去とは?
水しぶき 画像

水素の持つ抗酸化作用!

水素による活性酸素除去とは?

人間の体に水素がもたらす最大の影響が、活性酸素の除去と言われています。活性酸素とは、人間の病気や老化の原因となる悪玉成分。ここでは活性酸素の種類、そして水素が持つとされる活性酸素除去効果(抗酸化作用)について解説します。

活性酸素とは?その種類

活性酸素とは、私たちの体の中のあらゆる物質を酸化させ、細胞やDNAなどに障害をもたらす物質。病気や老化の元凶と言われています。 ところで、この活性酸素という言葉は特定の働きを持つ物質の総称であり、活性酸素に属する物質には様々なものがあります。代表的な活性酸素は以下の4つ。

  • スーパーオキシド…体内で分解されるので心配ない
  • ヒドロキシラジカル…細胞やDNAに悪さをする
  • 過酸化水素…ヒドロキシラジカルに変化することもある
  • 一重項酸素…タンパク質を破壊して皮膚の老化をもたらす

これら活性酸素は、ストレスや不眠、喫煙、紫外線などによって増強すると言われています。

抗酸化作用とは

抗酸化作用とは、体の細胞を酸化から守る働きのことです。 私たち人間の体内では、絶えず活性酸素という物質が生成されています。活性酸素とは酸素の一種で、呼吸をして酸素を取り入れている以上は、常に体内で生成されている物質のこと。

本来、活性酸素は体内に侵入したウイルスなどを攻撃するために必要な物質なのですが、適量を超えて過剰に活性酸素が発生してしまうと、外敵のみならず正常な細胞にも攻撃を加える(細胞を酸化させる)ようになります。その結果、ガンや脳卒中、生活習慣病、アルツハイマーなど様々な健康上の被害をもたらすようになります。

この活性酸素の悪さに抵抗する働きが、抗酸化作用。ビタミンCやビタミンEをはじめ、ポリフェノール、亜鉛、水素などが抗酸化作用を持つ代表的な成分として知られ、これらの成分を積極的に摂取することによって、体内で発生してしまった活性酸素を効率的に除去します。

「活性酸素」を除去する方法

活性酸素を効果的に除去するためには、生活習慣と栄養素(抗酸化成分)をについて見直す必要があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

◆活性酸素を除去するための生活習慣

活性酸素を除去するための生活習慣としては、まず次の4点を意識していきましょう。

禁煙する

煙草は活性酸素を著しく増大させる原因。嗜好品ということもあるので、嫌がる喫煙者に無理に禁煙を勧めることはできませんが、可能であれば禁煙をしたほうが良いでしょう。自分の意志で禁煙をすることが難しい人は、病院の禁煙外来で診てもらう方法をお勧めします。保険診療なので、負担もさほど大きくはありません。 なお、非喫煙者の方も、副流煙から遠ざかるように意識してください。

アルコールの摂取量を減らす

アルコールは肝臓で分解されますが、分解の過程で活性酸素を発生させることが分かっています。適量のアルコールであれば問題ありませんが、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。 なお、一般にお酒に強い人ほど、活性酸素に対抗する力も強いと言われています。逆に、お酒に弱い人ほど、活性酸素に対抗する力も弱いと言われています。お酒に弱い人は、過度の飲酒に注意してください。

ストレスを解消する

ストレスを感じないで生きていくことは、ほとんど困難です。毎日のようにストレスを受けていれば、ある程度ストレスが蓄積してしまうこもやむを得ません。 問題は、ストレスを過剰にためこんでしまうこと。過剰なストレスは、体中に活性酸素を発生させる要因となるので、何らかの方法で少しでもストレスを解消したいものです。趣味、運動、昼寝など、自分なりのストレス解消法を模索してみてください。

紫外線対策をする

紫外線を長時間浴びると、体内、特に皮膚に活性酸素が大量に発生します。皮膚で活性酸素が悪さをすると美容上の問題(見た目の老化)が加速するので、特に外出する際などはしっかりと紫外線対策をすることが大切です。日焼け止め、日傘、サングラスなど、季節を問わず紫外線対策を怠らないようにしてください。

◆活性酸素を除去する栄養素(抗酸化成分)

活性酸素を除去する効果のある栄養素(抗酸化成分)を、ビタミン、ミネラル、フィトケミカル、その他に分けて見ていきましょう。あわせて、それぞれの成分を豊富に含む食べ物も紹介します。

ビタミン

ビタミンC
血液など、特に液体の多い場所において高い抗酸化作用を発揮します。健康効果のみならず美容効果も高いので、積極的に摂取していきましょう。苺、レモン、キウイ、アセロラ、ほうれん草、サツマイモなどに多く含まれています。

  • ビタミンE

細胞膜内に入り込み、細胞の酸化を防ぎます。ビタミンCと同様、高い美容効果でも知られる成分なので、意識的に摂取したところです。ウナギ、落花生、ゴマ、アーモンド、モロヘイヤ、カボチャなどに多く含まれています。

ミネラル

亜鉛
細胞を酸化から守る働きがあります。現代人は特に不足しがちなミネラルと言われていますので、意識して摂取するようにしましょう。生牡蠣、レバー、牛肉全般、卵などに多く含まれています。

セレン
抗酸化酵素を合成する際に不可欠となるミネラルです。亜鉛と併せて摂取することで相乗効果を発揮します。しらす干し、イワシの丸干し、小麦胚芽などに多く含まれています。

レスベラトロール
強い抗酸化作用を持つことで知られるポリフェノールの一種です。ブドウの皮、赤ワインなどに多く含まれています。

カロテノイド
強い抗酸化力で知られている野菜等の色素成分の総称。カボチャに含まれるβカロテン、鮭に含まれるアスタキサンチン、トマトに多く含まれるリコピンなどが有名です。

カテキン
極めて強い抗酸化力を持つポリフェノールの一種。緑茶に豊富に含まれています。なお緑茶の産地として知られる静岡県、および埼玉県狭山市は、国内でも有名な長寿エリアとして知られています。

その他の抗酸化物質

水素
宇宙でもっとも小さいとされる物質。いとも簡単に細胞膜の中に入り込み、悪玉活性酸素を効果的に除去します。

水素による活性酸素除去効果について

活性酸素を除去する働きのことを、抗酸化作用と言います。抗酸化作用を持つ成分としてはビタミンCなどが有名ですが、近年、より注目されている物質が水素です。 水素には、悪玉の活性酸素と反応しやすい性質があります。この反応によって悪玉の活性酸素は善玉の活性酸素に変化し、結果、体内の細胞やDNA、タンパク質などが破壊される現象が激減すると言われています。

では、この健康のために有益な水素を、どのようにして体内に摂り入れれば良いのでしょう? 水素は気体です。一般的に考えれば、肺に吸い込むことで水素を摂り入れられそうです。実際にいくつかの医療現場では、患者の健康回復に貢献させるため医療用の水素吸入器を導入しています。 しかしながら、私たちの日常生活の中に水素吸入器を導入することは、不可能ではありませんが、少々無理があります。そこで、より簡単に水素を取り入れる手段として登場したのが、「水素を溶かした水を飲む」ということ。つまり水素水を飲むということです。

水素水を飲むことによって、私たちの体には水素が浸透していきます。浸透した水素は、すでに説明したように、体内で悪玉の活性酸素を除去する働きをします。昨今話題の水素水は、まさに体内の活性酸素を除去するための飲用水なのです。

現在、水素が悪玉活性酸素を破壊して病気や老化を防止する、ということは科学的にも証明されています。そして、水素分子は細胞壁の組織よりも小さいことから、飲用すれば体内の細胞に水素が浸透していくだろうとも推測されています。 ただし、水素水の効果は、まだ人間の体を使った臨床結果として確証されたわけではありません。まだ研究途上ということです。 水素が持つ抗酸化作用に期待し、一刻も早い医学的エビデンスが発表されることを待ち望みます。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!