スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

「先進医療B」として認可させた「水素ガス吸引療法」

水しぶき 画像

水素ガス吸引療法は厚労省も認める先進医療

医療の現場では、水素ガス吸引療法が、2016年12月に正式に厚生労働省が指定する「先進医療B」として、認可されました。どんな点が先進医療として認められたのか、医療の電場ではどういった場面で活用されるのかを解説します。

厚生労働省の定める「先進医療」とは?

厚生労働省が認める先進医療は、平成29年11月時点で、104の療法が認可されています。先進医療とは、保険診療との併用が認められた医療技術で、今後「適切な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要」とされている療法です。

簡単に言ってしまえば、保険診療としては適用されないけれど、効果がありそうだから今後の検証をしていきましょうと、厚生労働省が認めた治療方法や医療技術ということです。

水素ガス吸引療法は「先進医療B」に区分

この先進医療には、先進医療Aと先進医療Bの2種類がありますが、薬事法上で認可を受けているかどうかという点で制度上の位置付けが異なります。先進医療Aは、薬事法上の認可が下りた医療技術。他方、先進医療Bはまだ薬事法の認可が下りていない医療技術や療法と区別されてます。

先進医療に認定されるために必要なこと

先進医療Bは、有用な医療技術の普及と科学的評価可能なデータ収集を早めることを目的に、2008年4月に導入された「高度医療評価制度」に基いて、薬事法上の承認などが得られていない医薬品や医療機器を使用しても、一定の条件を満たせば保険診療との併用が可能なものです。先進医療に認定されるためには、先進医療技術審査部会という公的機関が行う有効性や安全性などの審査が必要となります。水素吸引療法が先進医療として適用されたデータを基に、将来、水素ガス吸引療法が保険診療として認められる可能性があると同時に、別の技術の発達により、先進医療から削除される可能性もあります。

参照:先進医療の概要について|厚生労働省ウェブサイト http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/sensiniryo/index.html

水素ガス吸引療法が先進医療として活用されるための条件と適応症

それでは、水素ガス吸引療法が先進医療Bとして認可されたことで、いったいどんなことが変わるのでしょうか?

保険診療と併用して使える

今回、水素ガス吸引療法が認定された先進医療Bは、次のような条件で受けることができます。

  • 医師からの説明を受けること
  • 同意書に署名をすること
  • 厚労大臣の定めている「適応症」であること

現時点では、水素ガス吸引療法は全額自己負担で受ける医療技術です。ただし、医療控除の対象にはなりますので、領収書は取っておきましょう。

参照:先進医療の概要について|厚生労働省ウェブサイト http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/sensiniryo/index.html

どんな適応症で水素ガス吸引療法は使えるのか

厚生労働省の資料を確認してみると、水素ガス吸引療法は次のような場面で使うことができます。

心停止後症候群(院外における心停止後に院外又は救急外来において自己心拍が再開し、かつ、心原性心停止が推定されるものに限る。)

出典:第3項先進医療【先進医療B】(68種類)|厚生労働省ウェブサイト http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan03.html

何らかの原因で心肺が一時停止後、生命維持はしたけれどまだ昏睡状態が続いている患者に対して、集中治療の一つとして使える医療技術です。

水素吸引の健康効果の可能性への期待

このように水素ガス吸引療法は新しい医療技術であるため、効果の検証と方法の確立についてのさらなる研究と評価が必要です。とはいえ、先進医療に認可されたということは、一定水準のエビデンスが厚生労働省に評価されているということです。水素医療の効果については多くの医療関係者が日夜研究を進めており、その効果がエビデンスとともに明らかとあることが期待されます。

水素の摂取がアスリートのパフォーマンス向上につながる!

本気でパフォーマンス改善方法を探しているアスリートに「水素」は本当におすすめです。

というのも、水素はごく小さな物質であるため、素早く体中に行き渡り、「疲労の原因」である活性酸素を除去する機能があるからです。ギリギリが勝負を決める真剣勝負を行うアスリートにとって疲労対策を非常に重要で、水素は「運動前」にとることで「疲労感の予防」をし、「運動後」に飲むことで「疲労回復」をサポートします!

また、疲労回復だけでなく、聴力や運動能力の向上、記憶力の向上など、脳機能を上げるエビデンスも報告されており、大事な試合の直前に吸入することでパフォーマンス向上に直接つながる効果が期待できます。

水素をとるにはアルミパウチなどの「水素水」だけでなく、「水素吸引」があるのですが、以前は設置型の大型装置で専門施設などの限られた場所でしか行えないものでした。また、美意識の高い芸能人や一流のプロアスリートの中には、自宅に水素吸引の機械を購入して置いている人もいますが、その価格は大変高価で、鼻にチューブを差し込むようなタイプも多く、手軽に利用できるとは程遠い状況でした。しかし、最近では、数万円で購入できて、ハンディタイプでいつでもどこでも使える水素吸入器が登場し、「水素吸引」は非常に身近になりました。水素吸引は、直接高濃度の水素を取り入れることができるので、わずか5分の吸入で約5リットル分の水素水と同等の水素を吸引でき非常に「効率的」です。

パフォーマンス改善に真剣に取り組むアスリートの方は是非一度「水素吸引」を試してはいかがでしょうか。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!