スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

水素水生成器「ルルドハイドロフィクス」

水しぶき 画像

水素吸引器を徹底比較

水素水生成器「ルルドハイドロフィクス」

2段階の水素水生成モードを搭載した新型ルルドハイドロフィクス。オプションで水素吸入できる機能や旧型では実現できなかった機能も付いています。ここでは、その特徴や口コミ評判を紹介しています。

ルルドハイドロフィクスの3つのこだわりポイント

ルルドハイドロフィクス

引用元:http://na-shop.jp/lourdes-hf/fc/
水素純度99.5%を実現
一般的な水素水生成器は、水を電気分解して水素と酸素(オゾン)に分離させることで水素水を生成しています。そのため水素水には、水素だけではなく酸素(オゾン)も大量に混在。純度の高い水素水とは言えません。ルルドハイドロフィクスが採用する水素生成法は、電気分解方式ではなく分離生成方式。純粋に水素だけを発生させるシステムなので、純度99.5%という質の高い水素水が生成されます。
溶存水素濃度を12時間維持
体に良いことは確かな水素水ですが、最大の難点は、空気に触れた瞬間にあっという間に水素が抜けてしまうということ。水素が抜けた水素水は、ただの水でしかありません。ルルドハイドロフィクスは、水素を作り出す工程で酸素(オゾン)を使わない分離生成方式を採用。高濃度であるばかりでなく、長時間水素濃度がキープされることが大きな特徴です。水素水生成から12時間後の水素濃度検査では、生成時に対して60~80%の濃度を溶存。水筒に入れて職場に持参しても、昼食時まで高い濃度が維持されます。
純日本製・5年間保証を実現
いかに良質な水素水を生成する機器であったとしても、すぐに故障してしまっては生成器を導入した意味がありません。従来品は、部品の大部分が韓国製・中国製であったためか、購入1年以内の故障率が30%を超えるという状況でした。こうした現状を改善すべく、「お客様に良い品を長く使っていただきたい」との考えのもと、ルルドハイドロフィクスでは部品のすべてに日本製品を採用。生成器の心臓部である電極には、高技術・高品質で知られる福井県鯖江市のチタン素材を導入しました。これにより故障率が大幅に低下。加えて業界初の5年保証も実現しました。

ルルドハイドロフィクスの機能・特長

水素吸引もできる
ルルドハイドロフィクスの大きな特徴の一つが、水素水を生成する機能だけではなく、水素を直接吸引する機能も搭載されていること。吸入用チューブをセットするだけの簡単操作で、1分間に26mlもの水素ガスを吸引することが可能です。仮に30分間吸入すれば、1.0ppmの水素水を780L飲んだことと同じ計算。極めて純度の高い水素を効率的に、かつ大量に体内へと摂り入れることができます。
2つのモードで水素水を作り出す
すぐに水素水が飲みたいときに最適な「時短モード」と高濃度の水素水を作り出すことのできる「通常モード」を備えています。さらに、水素濃度を維持してくれる「追い焚きモード」を搭載しているのも特徴。水素水を生成後、12時間は自動的に水素を補充します。その後、スタートボタンを長押すことで、12時間水素を補充してくれるのです。2つのモードを上手く活用することで、効率的に濃度の高い水素水を摂取することができます。
「水素メーター」で水素濃度をチェック
宣伝で公表されている溶存水素濃度が、本当に過程でも実現できているのかどうかについて、ユーザーは知るすべがありません。疑いたくはありませんが、安価で粗悪な水素生成器の中には、ともすると宣伝ほどの水素濃度を実現できていない製品があるかも知れません。ルルドハイドロフィクスは、側面のメイン操作盤の中央に、その時点での水素濃度を示す「水素メーター」を搭載。一目見るだけで、誰でも簡単に水素濃度を知ることができます。
水素を逃さない!追いだき機能
一般的な水素水生成器は、水素水を生成したのち、しばらく放置していると徐々に水素濃度が下がってくるもの。一度に飲みきれない場合には、せっかく作った残りの水素水を廃棄せざるを得ないこともあります。ルルドハイドロフィクスはこの弱点を克服。水素の「追いだき機能」を搭載し、生成後12時間は常に出来立ての水素濃度1.2ppmを維持させることに成功しました。寝る前に水素水を作っておけば、朝起きてすぐに高濃度の水素水を飲むことができます。

ルルドハイドロフィクスの研究データ

カニューラの先端から1分間約30ml以上の水素ガスが発生

一般に市販されている水素吸入器の中には、構造上の問題等により、実際にはヘッドセットのカニューラから水素ガスが発生していないものも見られます。ルルドハイドロフィクスにおいては、確実に水素ガスが発生していることを証明するため、ガス検知器を使用して水素の発生量を検査。その結果、カニューラの先端から1秒間で0.5ml以上の水素が発生していることを確認しました。1分間の吸引で約30mlの水素が発生している計算になります。

参考:http://www.h2f.co.jp/hydrofix.html
チューブの先端から1分間約120mlの水素ガスが発生

ルルドハイドロフィクスの水素ガス発生量検査において、同じくカニューラのチューブの先端における水素ガス発生量の検査も実施されました。検査によると、チューブの先端から発生している水素ガスの量は毎秒2.0ml。1分間にして、実に120mlもの水素が発生していることが確認されました。水を注いだグラスの中にチューブの先端を入れると、気泡となって現れる水素を確認することができます。

参考:http://www.h2f.co.jp/hydrofix.html

ルルドハイドロフィクスの口コミ・評判

体験談01
50代・男性
対応は丁寧。
けど、電極の調整に苦労しました。

買って2週間で水素が出なくなりました…。メーカーに電話すると、ピッチャーを置いた後にガチャガチャやってみてください、とのこと。言われた通りにやってみたら、確かに水素が出るようになったのですが、また1週間で水素がストップ。また電話してみたら、今度は電極を掃除してくださいとのこと。再度、水素が少し出るようになったのですが、やがて何をやっても出てこなくなりました。その後修理してもらって、無事水素は出るようになったのですが、なんだか電極を調整しないと水素が発生しないことが多い感じですね…。アフターメンテナンスはまあまあ丁寧に対応していただいたとは思うのですが…

体験談02
30代・女性
高頻度で手入れが必要。

購入してしばらくの間は調子が良かったのですが、ある時から水素の気泡の出が悪くなってきたように感じました。やがて完全に水素が出なくなり「初期不良?」と思って、さっそくサポートセンターにフリーダイヤル。対応した人に状況を説明したところ、ピッチャートレイのところにある金具部分に錆のような付着物があることが判明。それを綺麗にふき取ってくださいと言うので、言われた通りにやってみると、見事一発で治りました! さすがサポートセンターですね。故障ではなかったので、修理やメンテナンスをお願いする必要もなくて助かりました。ピッチャートレイには常に水があるので、コマメに掃除してくださいとのことでした。ありがとうございます!

体験談03
年齢・性別不明
ルルド2台目を購入。十分合格点です

ルルドハイドロフィクスの2台目を購入しました。1台目のルルドが壊れたわけではないのですが、新たに仕様が変更になったとのことで2台目の購入を決意しました。以前のルルドは韓国での組み立て品でしたが、新たなルルドは完全国産。水素ガスの吸引装置も付いていたり、他の追加機能もあったりと、仕様がかなり充実しました。5年保証付きという点も魅力ですね。本日、2台目で初めて水素水を生成し別の機器で水素溶存濃度を計測したところ、1.2ppmと十分な濃度。幸先は良い感じですね。難点を挙げるとすれば、フタが邪魔で水を入れにくいといった点。ただし慣れれば問題なさそうです。今のところ、十分合格点の水素水生成器だと思います。

体験談04
年齢・性別不明
もう少し安定感があれば満足なのですが

母のために定期的に水素水を購入していたのですが、長期的に飲むものなのでサーバーを買ったほうが経済的と思い、ルルドの水素水生成器を購入しました。使用した感想としては、本体が少々不安定かなといったところ。本体とピッチャーが接触するところに電極があるのですが、電極がむき出しになっていて全体的に華奢な感じです。ピッチャーを外すときに機械が壊れないかと不安です。また、時々気泡が出なくなることがあるのですが、その際にはピッチャーをズラすと気泡が出始めます。接触があまり良くないのかも知れません。全体的に大きな不満はありませんが、もう少しガッチリと安定的に作ってもらえれば良いなと感じました。

体験談05
年齢・性別不明
水素水には満足ですが機器が何年持つか不安です

初めての水素水サーバーです。商品が届いて開封した瞬間、「あれ、軽いな」と思って少し不安になったのですが、実際に設置してみると安っぽい感じもしなかったので外観的には満足です。ただ排水キャップが簡単に外れて水がこぼれるなど、細かいところの不具合はありました。また使い始めて2週間くらいで水素が生成されなくなって修理になった点も、かなりの不安要素です。修理を終えて戻ってきたサーバーは特に問題なく動いています。ルルドは完全国産ということで、なおかつ5年保証も付いているので安心して購入したのですが、最初から修理になるなどしたため、今後何年持つのか不安です。とりあえず生成される水素水は味がとてもまろやかなので、その点には満足しています。

ルルドハイドロフィクスのスペック

商品名 LOURDES HYDROFIX(ルルドハイドロフィクス)
本体価格 キャンペーン特典:セット購入で148,800円(税抜)
生成方式 直流電気分解方式(分離生成方式)
溶存水素濃度 1.2ppm~
水素ガス発生量 26ml/分
製造国 部品:日本製、組立・検査:日本
電源 AC/DC アダプター(入力:AC100-240V 50/60Hz、出力:7V-3.5A)
容量・重量 1.5L/1.75kg(本体0.85kg、ピッチャー0.9kg)
消耗品 浄水フィルター \3,600
カートリッジ(1年間) \3,980
オプション(別売) 水素ガス吸入スタートセット \9,000
水素ガス吸入用カニューラ \5,000
保証期間(メーカー保証) 購入日から5年間

水素の摂取がアスリートのパフォーマンス向上につながる!

本気でパフォーマンス改善方法を探しているアスリートに「水素」は本当におすすめです。

というのも、水素はごく小さな物質であるため、素早く体中に行き渡り、「疲労の原因」である活性酸素を除去する機能があるからです。ギリギリが勝負を決める真剣勝負を行うアスリートにとって疲労対策を非常に重要で、水素は「運動前」にとることで「疲労感の予防」し、「運動後」に飲むことで「疲労回復」をサポートします!

また、疲労回復だけでなく、聴力や運動能力の向上、記憶力の向上など、脳機能を上げるエビデンスも報告されており、大事な試合の直前に吸入することでパフォーマンス向上に直接つながる効果が期待できます。

水素をとるにはアルミパウチなどの「水素水」だけでなく、「水素吸引」があるのですが、以前は設置型の大型装置で専門施設などの限られた場所でしか行えないものでした。また、美意識の高い芸能人や一流のプロアスリートの中には、自宅に水素吸引の機械を購入して置いている人もいますが、その価格は大変高価で、鼻にチューブを差し込むようなタイプも多く、手軽に利用できるとは程遠い状況でした。しかし、最近では、数万円で購入できて、ハンディタイプでいつでもどこでも使える水素吸入器が登場し、「水素吸引」は非常に身近になりました。水素吸引は、直接高濃度の水素を取り入れることができるので、わずか5分の吸入で約5リットル分の水素水と同等の水素を吸引でき非常に「効率的」です。

パフォーマンス改善に真剣に取り組むアスリートの方は是非一度「水素吸引」を試してはいかがでしょうか。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS2がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳実行機能の向上、鎮痛効果(リフレッシュ効果)、ストレス低減効果が示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:22mm×長さ:50mm×高さ:162mmで、重量:165gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kenco使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS2で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS2の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(22mm×50mm×162mm)
  • 5分の吸引で水素水(1.0ppm)5L分
  • 3種のアロマでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!