スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

ハイドロパワー

水しぶき 画像

水素吸引器を徹底比較

手軽に水素吸引「ハイドロパワー」

耐久性・安全性・水素発生量にこだわって作られて水素吸入器「ハイドロパワー」。連続10時間使用しても安定的に水素を発生させる、高い性能性も特徴です。1日12時間連続使用しても、1ヶ月のコストは700円程度とリーズナブル。ここでは「ハイドロパワー」の特徴や魅力、スペックなどをまとめました。

ハイドロパワーの3つのこだわりポイント

特殊加工の電極版で耐久性8年以上を実現!
ハイドロパワーの水素生成プロセスは、電解方式によるもの。電解水に金属の電極版を入れ、そこに電流を流して水素を生成させる、という仕組みです。一般的な水素生成器も同じ電解方式を採用している例が多いのですが、他社製の多くは電極版に何ら加工をしていません。そのため電極板が錆びやすく、耐久性が短いといったデメリットがありました。ハイドロパワーの電極版は純度99.6%のチタンに白金をメッキした二重構造。これによって電極版の耐久性を8年以上に伸ばしました。錆びにくいため余分な物質が発生せず、省電力で安定的な水素供給が可能です。
引火・爆発の恐れのない水素濃度
水素は、空気中で4%以上の濃度になると、引火・爆発をする恐れがある気体。自然界では水素が4%以上の濃度になることはありませんが、人工的に水素を作り出す水素吸入器では、一時的に高い水素濃度となります。空気中に水素が拡散されたときに4%を下回っていれば安全なのですが、この点についての明記がなされていない水素吸入器があることも事実。ハイドロパワーが作り出す水素は、拡散しても引火・爆発の恐れのない水素濃度。近くで火を使う作業をしていても、リスクは一切ないので安心して使用することができます。
他社製には見られないほどの水素発生量
市販されている粗悪な水素吸入器の中には、確かに水素は発生するものの、その発生量が少量であるものも散見されます。水素は目に見えない気体で、臭いもありません。水素吸入器を検討する際には、必ずその機器の水素発生量を確認したいものです。ハイドロパワーは、機器から生成される水素発生量をしっかりと明記。1時間あたりの発生量が4リットル、8リットル、12リットルの3タイプを用意しました。これだけ多くの水素を発生させる吸入器は、他社製にはなかなか見当たりません。1日12時間使用しても1ヶ月のコストは700円程度と、とてもリーズナブルです。

ハイドロパワーのスペック

型番 H-01
寸法 W289×H386×D392
重量 約7.5kg
内部タンク容量 3,500ml
水素発生量 約12㍑/1h
仕様電圧 AC100~240V
消費電力量 90w/1h

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

水素は多くの臨床実験により、活性酸素を除去し体内のたんぱく質を維持する働きがあると言われています。そんな水素を効率的に摂取するには、「水素吸引」がおすすめ。アスリートのパフォーマンス向上に不可欠なアイテムです。

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!