スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

H2 air

水しぶき 画像

水素吸引器を徹底比較

水素吸引器「H2 air」

コンパクトな本体に使い切りタイプのカートリッジを装着するだけで、いつでもどこでも手軽に使用できる水素吸入器H2 air。鞄に入れてもかさばらないサイズなので、勤務先にも旅行先にも手軽に持ち歩くことが可能です。

H2 airの3つのこだわりポイント

引用元:http://h2air.info/
自宅でも外出先でもどこでも手軽に水素吸入!
いつでもどこでも、手軽に水素を吸入したい! そんなあなたの要望に応えてくれるのが、2016年9月に発売されたH2 air。高さが15cm、持ち手の直径が2cmというコンパクトな水素吸入器なので、自宅ではもちろんのこと、オフィスでも旅行先でも、散歩中でも、いつでもどこでも手軽に水素を吸入することができます。今まで水素吸入と言えば、サロンに赴いて1~2時間の吸入を行なったり、また自宅に大掛かりな水素発生装置を設置するなど、とても「手軽」とは言えなかったのが現状。水素吸入の手間という悩みを、1本のH2 airがすべて解決してくれます。
1回使い切りカートリッジ式なので水素がいつでも新鮮!
H2 airは、1回使い切りタイプのカートリッジ式。本体にカートリッジを装着して5~10分ほど水素を吸入したら、そのカートリッジは廃棄。次回の吸引のときには、また新しいカートリッジを使います。吸引の都度、フレッシュな水素を吸引できるので、濃度も安定的で気分も爽快です! 毎回使い切りで水素を摂り入れる方法としては、他にもパウチ型などの水素水を持ち歩くという方法がありましたが、鞄の中でかさばってしまったり、少し重かったりするのが悩みでした。H2 airは、小さな本体と小さなカートリッジを持ち歩くだけで、いつでもどこでも新鮮な水素を吸引することができます。
コンパクトサイズなのに水素濃度は本格的!
本体もカートリッジもコンパクトながら、発生する水素の濃度は本格的。その小さな本体からは、実に1,000~300ppmという高濃度の水素ガスが発生します。水素水に換算すれば、H2 air1回あたりの吸引で、濃度1.6ppmの500mlペットボトル6本分に相当。短時間で効率的に体を水素を送り込むことが可能です。カートリッジを装着した瞬間は、最大で約14,000ppmの水素ガスが発生。その約2分後に反応が落ち着いて、のち10分程度、安定的に1,000~300ppmという水素ガスが発生するという仕組みです。

H2 airの使い方

詰め替えタイプなので初期設定は必要なく、使い方はいたってシンプルです。運動時や仕事のお昼休みなどの空いた時間に使用される方のために設計されています。空き時間で簡単に設定できるので、以下を参考にしてください。

  1. 吸入口を開けて付属のカートリッジを1個本体の中にいれる
  2. 付属の混入液を1袋すべて本体の中に注ぐ
  3. 吸入口を閉じる

完了したら、すぐに吸入を開始しましょう。ゆっくり口から吸い、鼻から吐いてください。吸入時間は5~10分程度が望ましいですが、最長で30分間稼働できます。高さ15cm、持ち手直径は2cm程度なので、持ち運びも簡単。運動時や外出先で気軽に使用できます。

注意点は、使用中に本体を逆さにしないこと。中の混入液が流れ出て、体内に入る恐れがあります。使用する混入液は、クエン酸水溶液(レモンやミカンに含まれている柑橘類)なので、それほど危険な成分ではありません。ただし食用ではないため、万が一口に入った場合は早期に医療機関を受診してください。

使用中の注意点や保管方法

原則、カートリッジと混入液は1個づつ使用するようにしてください。2個以上使用すると、機械の故障につながる可能性があります。他にも、付属のカートリッジは燃えやすいマグネシウム合金が含まれているので、ガスコンロやライターなど火の気が近いところでの使用は控えてください。

加えて、カートリッジや本体は酸化しやすいため、湿気が強いところや水のかかるところで保管しないようにしましょう。

手入れにかんしては、吸引が終わったら吸入口部分を外し、本体ケース内に水を注いで、中に残っている混入液を洗い流してください。2週間に1回程度は本体の各パーツを分解して、中性洗剤で洗うと長持ちします。時間がない方は、除菌シートでふくだけでもOKです。使用済みのカートリッジを破棄する際、可燃性のマグネシウム合金が含まれているため、水に付けてから破棄してください。

H2 airのスペック

本体寸法 高さ約15cm×キャップ直径約3cm,持ち手直径約2cm
価格 16,200円
ランニングコスト
(6ヶ月使用した場合)
71,280円
連続稼働時間 最長30分
吸引時間 1回5~10分程度
水素発生方式 公式サイトに記載なし
水素発生量 5~10分で最大1.6ppmの水素が発生します。
保証 公式サイトに記載なし
重量 約35g
本体素材 ABS樹脂
本体耐熱温度 約80℃
カートリッジ寸法・重量 高さ約5cm × 直径約1cm 約2g
カートリッジ素材 ポリプロピレン、ろ紙、マグネシウム合金
混入液・容量 約6ml
混入液・原料 クエン酸水溶液

水素の摂取がアスリートのパフォーマンス向上につながる!

本気でパフォーマンス改善方法を探しているアスリートに「水素」は本当におすすめです。

というのも、水素はごく小さな物質であるため、素早く体中に行き渡り、「疲労の原因」である活性酸素を除去する機能があるからです。ギリギリが勝負を決める真剣勝負を行うアスリートにとって疲労対策を非常に重要で、水素は「運動前」にとることで「疲労感の予防」をし、「運動後」に飲むことで「疲労回復」をサポートします!

また、疲労回復だけでなく、聴力や運動能力の向上、記憶力の向上など、脳機能を上げるエビデンスも報告されており、大事な試合の直前に吸入することでパフォーマンス向上に直接つながる効果が期待できます。

水素をとるにはアルミパウチなどの「水素水」だけでなく、「水素吸引」があるのですが、以前は設置型の大型装置で専門施設などの限られた場所でしか行えないものでした。また、美意識の高い芸能人や一流のプロアスリートの中には、自宅に水素吸引の機械を購入して置いている人もいますが、その価格は大変高価で、鼻にチューブを差し込むようなタイプも多く、手軽に利用できるとは程遠い状況でした。しかし、最近では、数万円で購入できて、ハンディタイプでいつでもどこでも使える水素吸入器が登場し、「水素吸引」は非常に身近になりました。水素吸引は、直接高濃度の水素を取り入れることができるので、わずか5分の吸入で約5リットル分の水素水と同等の水素を吸引でき非常に「効率的」です。

パフォーマンス改善に真剣に取り組むアスリートの方は是非一度「水素吸引」を試してはいかがでしょうか。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!