スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

ダブル水素ボトルの特徴と口コミ・評判

水しぶき 画像

ダブル水素ボトル

持ち運びできる水素吸入器のダブル水素ボトル。スタイリッシュなので、外出先でも使用しやすいデザインです。コンパクトながら高濃度の水素を発生させることができるのが特徴。ここでは、その特徴や口コミ評判を紹介しています。

ダブル水素ボトルの特徴

ダブル水素ボトル

引用元:http://www.miraiplus.co.jp/product/167
どこへでも持っていけるスタイリッシュな水素吸入器
シルバーと透明な容器で設計されているスタイリッシュな形のダブル水素ボトル。本体の大きさは直径6cm✕高さ19,7cm で重さが205gと、片手で楽に持ち運べるほど負担にならないサイズです。従来の水素吸入機器は据置型が多く、持ち運びは不向きでした。容量は300ccで、水を入れたペットボトルの重さと変わりません。自宅や外出先で、気軽に水素吸引ができます。
3分間で水素が身体中に届くほどの濃度に
ダブル水素ボトルが生成する水素は、3分で全身に届くほど高濃度。業務用と同等またはそれ以上の性能があると言われているそうです。水素を身体に取り込む方法として一番効率的と言われているのが、水素ガスを吸引する方法。ダブル水素ボトルは、水素ガス発生させながら水素水を生成するハイブリッド方式で、水素を吸入した後に水素水を飲むことで効率的に水素を摂取できます。使用する水は、浄水かミネラルウォータを推奨。水道水は塩素が残っているので、塩素反応を起こしてしまい耐久性が下がるのだとか。機器を長持ちさせるためにも覚えておきたいポイントです。
独自の電気分解生産方式で水素を生成
特許を取得した独自の方式で水素生成を行ないます。電気分解を行なうときに、プラスとマイナスの電極を使います。プラスには酸素ガスが、マイナスには水素ガスが蓄積。ボトルを傾けることで酸素ガスを放出して水素ガスのみを残します。その結果、高濃度の水素ガスと水素水が生成されるのです。また、最大充電の場合は30分の5セットで使用できるので、外出先でも十分に使えます。念のため充電器を持っておくと良いでしょう。
充実したアフターサポートを受けられる
長期使用に対応するためにアフターサービスの充実を図っているとのこと。メーカー保証期間が1年あり、期間内に故障があった場合に対応してもらえます。

ダブル水素ボトルの口コミ・評判

  • 私は敏感肌で肌がすぐにカサつく体質です。ダブル水素ボトルを使い始めてから、カサカサが良くなった気がします。あきらかにかゆみの頻度が減りました。掻くことがなくなったので、肌がキレイになってきています。このまま続けてスベスベ肌になりたいです。
  • 子どもが風邪をひいてしまったとき、今までなら高確率でうつっていました。ダブル水素ボトルで水素を吸うようになってから免疫力があがったのか、喉が少し痛くなったくらいの症状で済んでいます。確実とは言えませんが、免疫力アップに効果があるかもしれません。
  • ダブル水素ボトルはダイエットにも良いかもしれません。使い始めてから3週間くらいは食欲がなくなったんです!現在、食欲は戻ってきていますが、以前ほどではない気がします。常に持ち歩いているので、手持ち無沙汰にならないからかも。健康にも良くてダイエット効果もあるなら一石二鳥ですね。

ダブル水素ボトルの使い方

ダブル水素ボトルは手軽に水素水が作れる機能が人気です。他に水素吸飲もできるわけですが、それぞれの使い方についてご紹介しましょう。

どちらの場合も事前に充電をしておきます。商品が届いた段階では充電ができていないので、4時間ほど充電をしておきましょう。また、使用を開始する前はボトル内の発生体が乾燥した状態になっており、微細な気泡を出すことができません。そのため、最初に3回ほど水素水を生成し、そこで使った水は捨てましょう。その後に通常の使用を開始する形となります。

水素吸入の方法

  1. キャップを外す
  2. 100ccの水を入れてキャップを閉め、カニューラを取り付ける
  3. 鼻腔にカニューラを装着する
  4. スイッチボタンを2回押し、ピィと鳴るのを確認
  5. 10分間水素ガスを吸入

10分間の水素ガス発生が終わったあとはピィピィと音が鳴るのでわかりやすいです。その後、スイッチを押せば連続使用も可能となっています。なお、途中で終了する場合はH2ボタンを長押ししましょう。

水素水の作り方

  1. キャップを外す
  2. 300ccの水を入れる
  3. スイッチボタンを1回押し、ピィと鳴るのを確認
  4. 3分30秒後にピィピィと音が鳴り、水素水が完成
  5. コップに入れて飲用

こちらの場合も途中で終了する場合はH2ボタンを長押ししましょう。水素生成時にきついオゾン臭が発生することもあり、ボトルのまま飲むのではなく、コップに移してから飲むのがおすすめです。

ダブル水素ボトルのお手入れ

お手入れ方法は非常に簡単です。まず、ユニットの部分は乾いた布やペーパーを使って汚れを拭き取りましょう。ボトルの部分に関してはユニットから取り外し、水道水で注ぎ洗いをするほか、やわらかいスポンジなどを使って洗います。この際にクエン酸を使っても問題ありません。ボトルとユニットはしっかり閉めないと水漏れの原因になるので注意が必要です。

ダブル水素ボトルの価格とスペック

価格 168,000円(税抜)
サイズ 6cm✕6cm✕19,7cm 205g
ランニングコスト
(6ヶ月使用した場合)
付属品の交換費をはじめ、明確な情報は記載されていませんでした。1~1年半に1回は、本体のバッテリー交換が必要になってくるとのこと(19,440円)。他にもカニューラや消耗品は都度購入になるそうです。
連続稼働時間 30分
吸引時間 3分30秒/30分
水素発生方式 電気分解生成方式
水素発生量 10,000ppm以上
販売会社 株式会社日省エンジニアリング
保証 メーカー保証1年

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

水素は多くの臨床実験により、活性酸素を除去し体内のたんぱく質を維持する働きがあると言われています。そんな水素を効率的に摂取するには、「水素吸引」がおすすめ。アスリートのパフォーマンス向上に不可欠なアイテムです。

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!