スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

【2018年最新】おすすめ水素吸引器 の効果・価格・性能を徹底比較!

HOME » 世界のスポーツ選手たちが注目!水素水を徹底分析 » 【2018年最新】おすすめ水素吸引器 の効果・価格・性能を徹底比較!
水しぶき 画像

水素吸引器を徹底比較

オススメ水素吸引器を徹底比較

水素吸引は日常に取り入れ、長く使い続けることで、より高い効果を実感できます。このため、
本体価格だけではなく、ランニングコストが安いか
水素の発生方式が「電気分解式」かどうか の2つの点を押さえて選びましょう。

ポータブル型、据え置き型でそれぞれ半年間使用した場合のコストが安い商品を厳選して紹介します。

オススメのポータブル水素吸引器一覧

商品 商品価格
+ランニングコスト(6ヶ月間)
水素発生方式

KENCOS3

50,760円(税込) 電気分解式

su

71,604円(税込) 化学反応方式

H2 air

102,384円(税込) 化学反応方式

Beautyfly
Beautyfly

103,064円(税込) 電気分解方式

ラブリエエラン

178,300円(税込) 電気分解方式

ダブル水素ボトル

約184,822円(税込) 電気分解方式

オススメの据え置き型水素吸引器一覧

商品 商品価格
+ランニングコスト(6ヶ月間)
水素発生方式

ルルドハイドロフィクス

172,130円(税込) 直流電気分解方式

ラブリエリュクス

275,407円(税込) 電気分解水素バブリング方式

アロマ水素
アロマ水素

648,156円(税抜) イオン交換膜電気分解式

ハイドロパワー

要問い合せ ハイブリッド方式

スイソニア

約16,500円(税込み)
(ランニングコストのみ計算)
加熱蒸気分解法

水素吸引器とは?

水素吸引器とは、人工的に水素ガスを発生させる装置のことです。発生された水素ガスを鼻から吸うことによって、健康やリラクゼーションなどに役立てることができるでしょう。サロン用、自宅用などの据置型の水素吸引器が多いですが、中には持ち運びができる携帯型水素吸引器もあり、外出先でも手軽に水素を吸引できることで人気が高まっています。

また、水素吸引器で水素を直接吸引すると、水素水から水素を摂るよりも効率の良い摂取が可能。数分間水素を吸引するだけで、水素水数リットル分の水素を体内に入れられるものもあるため、水素の取り入れがストレスになりません。

水素がなぜ体にいいのか?

体に必要な物質は残し不要なもののみを消去する特性を持ち、その抗酸化作用の高さで一躍有名になった水素は、従来の抗酸化物質とは一線を画す物質です。人間が生きるために必要な活性酸素種をも消去してしまう可能性がある抗酸化物質とは違い、人体に悪影響を及ぼす活性酸素種(フリーラジカル)を消去し、H₂O₂(過酸化水素)などの生体内でシグナル機能として有用な活性酸素種はそのまま残す働きが確認されています。副作用の心配が少ない水素はこれまでの抗酸化物質とは概念から異なる、生きていくために必要な物質のひとつでもあります。

医療面ではすでに多くの臨床試験が行われていて、抗酸化作用以外に抗炎症・抗アレルギー作用、エネルギー代謝促進効果も確認されたことが発表されています。

水素は、食事やサプリメントから取り入れた栄養素には影響を与えないとされています。ですから、健康維持のために補った栄養素が、水素によって効果を失うということはありません。飲み合わせなどの副作用も気にせず安全に試せる物質です

なぜ定期的に摂るほうが良いのか?

体をサビつかせる活性酸素種は日々生産され続けているため、体内供給量では足りません。そのため定期的に摂ったほうが良いとされています。活性酸素種は病気に限らず日常生活での運動や仕事・ストレスでも生産されています。とくに病中病後の方、疲労の蓄積度合いがひどい方、ストレス過多の方は、体内供給量だけでは不足してしまうのです。

ストレス対策として

ストレスと切っても切れない現代社会。身の回りのあらゆるものが原因となりストレスを生んでいます。このストレスは活性酸素を大量に生み出す原因。仕事で忙しい方など、日々ストレスと戦っている方は活性酸素の多い状態です。体内供給量だけに頼らず積極的に水素を取り入れましょう。

スポーツのおともに

明らかに運動量の多いスポーツ選手に水素を投与することで、乳酸の生産が抑えられ運動のパフォーマンスが上がったことが報告されています。疲れにくくなるだけでなくパフォーマンスが上がるなんて、水素を摂らない理由がありません!

病気治療に一役かっています

臨床試験の報告によるとパーキンソン病の治療の一環として一年間継続して飲用することで有意な改善効果があったとのことです。

疲労回復を目的とするなら一回の吸入でも効果を感じやすいのですが、慢性疾患の場合は週に1~2回以上の吸入が目安になります。

どのような方法で摂取するの?

水素の摂取方法はいろいろあります。

  • 水素ガスを肺から直接吸引する
  • 水素水を飲む
  • 点滴や腹腔注射で摂取する
  • 水素浴、水素発生クリームなどで皮膚から摂取する

など、使用する人のライフスタイルや状態に応じていろいろな方法を選べます。水や油にも溶ける性質は膜を通して細胞内へ拡散できるので、髪の毛や爪など血が届かないところにも塗布できます。

携帯型水素吸引器

心停止した患者の脳機能を守る効果があるとして、厚労省より先進医療Bに認定された水素吸引。脳にダメージを与える物質は日々生産されているので、水素は日常的に摂取するのがオススメです。

使用するには専用のカートリッジが必要になるものもあるため、単なる価格だけで選ぶことは禁物です。

さらに、メーカーごとに水素発生量の表記方法が異なるため、慎重に選ばなければなりません。
また、水素の発生方法も大きく分けて電気分解方式と化学反応方式があります。
化学分解方式は、水(専用液)にカートリッジを入れることで水素を発生させます。軽くて持ち運びが楽な反面、一度使用してしまうと長時間水素が発生し続けるので、使用後もしばらく片付けられないところがデメリットです。
対して電気分解方式は、ボタンを押している間だけ発生するので、好きなタイミングで使えます。充電などの手間はありますが、電気代がかさばることはほとんどありません。

目安として半年間毎日使用した場合の、ランニングコストが安い順番に、水素吸引器を紹介していきます。

KENCOS3_アクアバンク公式HP画像引用元:株式会社アクアバンク公式HP
(https://shop.aqua-bank.co.jp/detail/detail00000015_000.html)

【最安・最軽量】本格的な水素吸引をいつでも!どこでも可能に!

これまで水素吸引といえば、サロンのような専門施設あるいは家庭用の設置型しかありませんでしたが、KENCOS3は、高濃度水素吸引できることは変わらずにサイズダウンし、重さはなんと僅か110グラム!大きさも手のひらサイズでいつでもどこでも本格的な「水素吸引」が可能になりました! 朝起きた時、スポーツ前後、緊張する会議の前、1日の終わりのリラックスタイム等、様々な場所とシーンでリフレッシュが可能です。また、KENCOS3のエビデンスは、筑波大学大学院の矢田幸博教授監修による信頼性のあるもの。リフレッシュ効果や脳のストレス低下などがその検証から示唆されています。

価格もこれまでは10~20万が相場だった水素吸引器と比較すると、手に入りやすくなっています!高性能なKENCOS3と共に生活の中に新たな水素吸引スタイルを取り入れてはいかがでしょうか。

メンテナンス方法

KENCOS3を利用する場合、専用の電解槽と電解液を定期的に交換する必要があります。

電解槽とは、水素を生み出す電解液を電気分解する部品です。水素吸引器の使用頻度によりますが、1日5分程度の吸引を5回行なった場合を想定した交換の目安は約6ヵ月。ほかのチェック方法として、電解液が十分に入っているのに気泡が発生しない、極端に少ない場合は電解槽の交換のタイミングです。

電解液とは、水素を生み出す液体です。1日5回吸引した場合、交換の目安は15日程度。ほかのチェック方法として、電解槽に表示されているラインを下回ったり、使用して30日以上過ぎたり色が茶色に変わった場合は交換が必要です。電解液の方がメンテナンスサイクルが短いのは、電気分解されると水素濃度が変わり電解液が劣化してしまうから。常に十分な水素を吸引するためには、メンテナンスが欠かせません。

電解液はひとつ税抜1,250円なので、月2本使用しても2,500円程度のコストで済みます。電解槽を6ヵ月間使用する場合、1ヵ月あたり1,125円。トータルでみると月3,625円のコストなので、サロンへ通うよりも安く水素吸引を楽しめるでしょう。

使用時に注意しておきたいポイント

水素吸引器によって水を使用するタイプがありますが、KENCOS3は専用の電解液のみ使用できます。高濃度の水素を安定して生み出すためには、蒸留水とクエン酸ナトリウムを組み合わせた電解液が不可欠なのだそう。電解槽も電解液専用なので、水道水を使用しないように気をつけましょう。きちんと使用すれば、1分間に13mlのガスが発生し、そのうち65%を占める8ml程度の水素を吸引できます。

選べるオプション

KENCOS3には3つのフレーバーカートリッジがあり、水素のみを吸引するだけではなくフレーバーを楽しむこともできます。口の中をスッキリさせたい方は、爽快感のあるメンソール。美容が気になる方は、ビタミンA・B1・C・E・コエンザイムQ10の入ったビタミンレモン。口臭が気になる・気分転換をしたい方は、カテキンとクロロフィルが入ったカテキングリーンの3タイプ。カートリッジを交換するだけの使い切りタイプなので、メンテナンスいらずで手軽にフレーバーを楽しめるのが魅力です。それぞれのフレーバーは3本セットで販売され、使用頻度によりますが1本あたり約600回吸引できます。

フレーバーだけのモード、水素とフレーバーを吸うモードの場合、水蒸気を吸って吐き出すスタイル。ニコチンやタールは一切含まれていませんが、気持ち良く利用するために周りへの配慮を忘れないようにしましょう。

KENCOS3のスペック
持ち運びの可否
価格 39,500円(税抜)
※使用するには別売の電解液:1,250円が必要。
ランニングコスト 14,298円(税抜)
コスト内訳 ・電気代電解槽:6,750円×交換1個(7ヵ月目に交換)
・電気代電解液:1,250円×6本(1ヶ月1本使用)
・電気代:48円
※1日あたり1回5分×5回使用した場合
※電気代は1kWhあたり27円として計算
水素発生方式 電気分解式
水素発生量 最大8ml/分
※5分間の吸引で、1.0ppmの水素水5リットル分相当の吸入可能

su

su引用元:https://item.rakuten.co.jp/first-oa/su/

香る水素吸入器「su」

コンパクトで持ち歩きが可能な水素吸入器su。従来の水素吸入器と大きく違う特徴が「香りのある水素」です。専用フレーバーを使用して水素を発生させる仕組みなので、吸入中はほのかな香りを楽しむことができます。フレーバーの価格はとても良心的。ランニングコストを気にせず、いつでもどこでも手軽に水素吸入をすることができます。

メンテナンス方法

使用後はマウスピース部分と本体部分に分解し、定期的に水洗いをするか中性洗剤を使用して洗浄する必要があります。衛生面を考えると大切なメンテナンスなので、欠かさず行ないましょう。約80度の温度まで耐えられるつくりなので、水の冷たい冬場はお湯で洗えます。

本体を購入すれば、かかる費用はフレーバーだけ。カートリッジなどの交換部品はなく、コストをかけずに低価格で水素を吸引できるのが魅力です。マウスピースだけ、水とフレーバーを入れる本体だけといったパーツの別売りは行なっていないので、長く使い続けるためには本体を丁寧に扱うことが大切です。定期的なメンテナンスを行ない、水素吸引を楽しみましょう。

使用時に注意しておきたいポイント

本体に専用フレーバーと水を入れたままだと水素が発生し続けている状態なので、キャップを閉じたりマウスピースを手で塞いだりするのはNGです。使用する際は吸引時間を5~10分を目安として、キャップを開けた状態で吸引しましょう。

フレーバーの原料は食品を使用しているため、口に入っても問題ありませんが、使用中に気分が悪くなった・体調がおかしいと感じたらすぐ使用を中止するよう案内が出ています。

また飲酒した後、薬を服用した後にSUを使用するのは控えた方がいいようです。水素は燃えやすい性質なので、吸引中はタバコや火気に近づかないようにする必要があります。フレーバーの保管場所も火気や水気の近くの場所や高温多湿の場所を避け、常温で保管しましょう。

持病をお持ちの方、妊娠中の方、通院中の方は使用する前にかかりつけの医師に相談しておいた方がベストです。

選べるオプション

SUには、2つの専用フレーバーがあります。早朝のさわやかさとフレッシュさを詰め込んだような朝摘みミントフレーバー、やわらかな酸味と苦味の少ない完熟レモンフレーバーの2つ。粉末タイプのフレーバーは1セット15包入り4,950円で販売されています。本体に入れて水と混ぜるだけで楽しめるので、気分に合わせて気軽にフレーバーを替えられるのが嬉しいですね。

高濃度の水素が出るのは1回あたり30分程度まで。その後も24時間微量の水素が出ている状態ですが、高濃度の水素を1日に数回吸引したい方は都度フレーバーを入れて水素を発生させたほうがよいかもしれません。濃度を気にしなければ1回で十分楽しめるでしょう。

suのスペック
持ち運びの可否
価格 スターターキット16,800円(税抜)
※内容:本体、専用フレーバー30包
ランニングコスト 59,400円(税抜)
コスト内訳 専用フレーバー:4,950円(15回分)×12個(1ヶ月2セット使用)
※1日あたりフレーバー1本使用した場合
水素発生方式 化学反応方式
水素発生量 1回5~10分の吸引で、1.6ppmの水素水約3リットル分相当吸入可能

H2 air引用元:http://h2air.info/

自宅でも外出先でもどこでも手軽に水素吸入!

高さが15cm、持ち手の直径が2cmというコンパクトな水素吸入器なので、自宅ではもちろんのこと、オフィスでも旅行先でも、散歩中でも、いつでもどこでも手軽に水素を吸入することができます。毎回、新しいカートリッジを使用するので、吸引の都度、フレッシュな水素を吸引できるので、濃度も安定的で気分も爽快!

H2 airのスペック
持ち運びの可否
価格 スターターキット:19,800円(税抜)
※内容:本体、カートリッジ30回分
ランニングコスト 90,000円(税抜)
コスト内訳 カートリッジ:15,000円(30回分)×6ヶ月
※1日あたりカートリッジ1本使用した場合
水素発生方式 化学反応方式
水素発生量 300~1000ppm
※1回5~10分の吸引で、1.6ppmの水素水3リットル分相当吸入可能

Beautyfly引用元:http://www.sen-ichi.com/beautyfly.html

水素ガス吸引と水素水生成の2つの機能!

Beautyfly(ビューティーフライ)は、水素ガス発生と水素水生成の二つの機能が搭載され、 シーンを選ばずに「水素ガスの吸引」、「水素水の摂取」ができる商品。水分補給として水素水を飲んで、さらに水素吸引を行うことでより効率的に水素摂取ができます。一台で水素を「飲む」と「吸う」が一台でできる便利な商品です。

持ち運びに便利で、コスパもよし!

持ち運びにも便利なサイズで、高さ20cm、幅6.9cmで500mlペットボトルとほぼ同じ大きさ、重さも360gとコンパクト!コストパフォーマンスも抜群で、ランニングコストは1ヵ月たったの570円(水素を作る多面の電解補助液500円+70円)とお得なので、水素を摂ることを習慣としたい方にもおすすめです。

お好きな飲み物を水素入りに!

また、水素水や吸引する水素は無味無臭なので、毎日摂りたいけれど、飽きてしまうかもという方にもビューティーフライはおすすめです!なぜなら、ビューティーフライを使えば、コーヒーや紅茶、ジュースなどの飲料を水素入りにすることができるからです。味にバリエーションを加えることで飽きがくることを防いで、日常的に水素を摂る習慣を継続しやすくできるのはうれしいポイントですね。

Beautyflyのスペック
持ち運びの可否
価格 99,800円(税込)
ランニングコスト 3,264円(税込)
コスト内訳 ・電解補助:1,620円(3本セット)×2セット
※1ヶ月当たり1本使用した場合
・電気代:24円
※1日あたり30分使用した場合
※電気代は1kWhあたり27円として計算
水素発生方式 電気分解方式
水素発生量 吸入濃度:約640,000ppm(溶存濃度0.7ppm)
※1回30分の吸入で、水素水61.4リットル相当分吸入可能

ダブル水素ボトル引用元:http://www.miraiplus.co.jp/product/167

重さわずか205g!どこへでも持っていける便利でスタイリッシュな吸引器!

サイズはコンパクトですが、ダブル水素ボトルで取ることのできる水素は業務用のものに引けをとりません!約3分で全身に到達するほどの高濃度です。また、水素ガスを発生すると同時に、水素水を生成する「ハイブリッド式」を採用したことで、水素を吸引した後に水素水を飲むことでさらに効率的に水素が摂取できます!

ダブル水素ボトルのスペック
持ち運びの可否
価格 181,440円(税込)
ランニングコスト 約3,382円
コスト内訳 ・ミネラルウォーター:2916円(税込)
※2リットルボトル27本分として計算(1回あたり300ml使用×30日×6ヵ月)
・電気代:466円(税込)
※電気代は1時間・1kWhあたり27円として計算(4時間充電を40日に1回行った場合)
水素発生方式 電気分解方式
水素発生量 10,000ppm以上(溶存濃度1000~1300ppb)

ラブリエエラン引用元:http://ismz.co.jp/labriller_elan.html

片手で持てるコンパクトサイズ!インテリアにマッチするデザインも◎

ラブリエエランも手のひらサイズで持ち運びが可能な水素吸引器です。重さは約600gとペットボトルほど、自宅やオフィスなど好きな場所で水素吸引することができます。サイズはコンパクトながらもパフォーマンスは業務用の水素吸入器は負けていません。99%以上の高純度水素を30ml生成し、1分間の吸入で高濃度の水素水を約1.5ℓと同等の水素を摂取することができるのです。

付属品の充電式バッテリーを使えば、自宅以外でもトレーニングジムやオフィスなどどこでも場所を問わずにラブリエエランが利用可能です。1度の充電で30分運転が2回以上使用できるので、1日1回の充電をすれば、外注先で充電切れの心配もないはずです。また、吸入スタイルは、鼻カニューレとネックセットの2タイプあり、外出先では、ネックセットを使うことで、周りの人も視線も気になることもないでしょう。

また、コスパも抜群で、電気代は、毎日1時間使っても数十円の電気代、専用液は1パックで30分運転が約30回つまり15時間使用できて、1パックわずか500円です。水素吸引を日常的に色々な場所で利用したい人にはおすすめの商品です。

メンテナンス方法

使用頻度や状況によって変動しますが、平均して3,000時間程度は稼働します。特別なメンテナンスは必要ありません。2週間に一回タンク内の専用液を交換するだけでOK。交換時は中に残っている専用液をすべて排液しないと、本体の寿命に影響を及ぼす可能性があります。使用する専用液の成分は公開されていませんが、触れたり飲んだりした場合でも、体に害はないそうです。

ラブリエエランのスペック
持ち運びの可否
価格 171,720円(税込)
ランニングコスト 6,580円
コスト内訳 ・電解補助液:6,480円(1パック540円×12パック)
※1パックの使用期限は2週間
・電気代:90円(2日に1回充電×6ヵ月)
※電気代は1kWhあたり27円として計算
水素発生方式 電気分解方式
水素発生量 30ml/分
※1.66ppmの水素水1.5リットル相当分吸入可能

据置型水素吸引器

据置型水素吸引器は、携帯型水素吸引器よりも多機能なことが特徴です。お茶やコーヒーに水素を溶かせるもの、生成した水素水を長期保存できるものもあります。水素水と水素ガスの両方を生成できる機種も多く、生成される水素濃度も携帯型よりも上。その能力は機種で異なりますが、1分間で60mlもの水素を作り出せるものも。

ポータブルに比べて利用シーンは限られてしまいますが、家でのリラックスタイムなどに利用できます。また、水道水から水素ガスを発生させられるので、ランニングコストも安くできます。ただし、水素の濃度については使用する水によって左右されるので注意が必要です。

こちらも、半年以上継続して使用した場合の、ランニングコストが安い順番に、水素吸引器を紹介していきます。

携帯型水素吸引器は、持ち運びができるコンパクトさと軽さを実現させた水素吸引器です。コンパクトさを重視したタイプのものは、なんと重量40gに満たないものも。本格的なタイプは少々重量がありますが、それでも600gと非常に軽量です。

価格は16,800円~168,000円と非常に幅広く、発生する水素量が多いものほど高額になる傾向があるため、価格よりも吸引したい水素量で選びたいもの。水素量が多いタイプのものであれば、1分間の吸引で水素水1L~1.5L相当の水素を取り入れることができます。また、水素ガスと水素水の両方を生成できるものや、水素ガスに香りがついているものもあり、お好みで豊富なバリエーションの中から選ぶことができるでしょう。

こちらについても、半年間使用した場合の費用が安い順に紹介していきます。

エイチツーリボーンホーム引用元:http://www.up-x.com/product/hydrogen/h2reborn-home.html

お湯を注ぐだけ!新開発の水素ガス発生方式による水素吸入+水素水生成

独自で開発した水素発生剤にお湯を注ぐだけで水素ガスを発生させることができます。電気分解式のように電極に触れることがないため、衛生面にも配慮した水素ガスと水素水になっており、水素水は市販の金属ポットで保存すれば、高濃度の水素水を長期間保存することができます。また、お手入れの際にも複雑な分解は必要ないので、お手入れも簡単です。

メンテナンス方法

公式サイトには、本体機器や専用液体の交換時期は記載されていませんでした。ただ、水素パウダーを交換する必要があるとのこと。加えて、電気溶解液を本体内部に注入したり、専用のカニュールを使用するため、衛生面からみて消耗品は交換する必要があります。付属品の交換時期やメンテナンスなどについては、販売会社に直接お問い合わせください。

エイチツーリボーンホームのスペック
持ち運びの可否
価格 213,840円(税込み)
ランニングコスト 81,648円
コスト内訳 ・H2パウダー1箱(10袋×2パック)×9箱:81,648円(税込み)
※1日1袋使用した場合
水素発生方式 水素ガス発生方式
水素発生量 3~1ppm/30分

ルルドハイドロフィクス

引用元:http://na-shop.jp/lourdes-hf/fc/

水素ガス吸引機能搭載!水素水+水素ガス吸引の2WAY仕様!

高濃度・高純度の水素水が飲用でき、水素濃度も1.2ppmと限界値ギリギリまでの高濃度な水素水です。12時間後の残存溶存水素が80%持続するので長期保存にも向いています。オプションの「水素ガス吸引セット」を購入すれば、テレビや読書をしながら、効率よく水素を体内に取り込むことができます。また、「追い炊き」「生成モード」の2段階の生成モードに対応しているので、水素濃度が低くなっても足すことができます。

メンテナンス方法

5年間の保証がついてくるルルドハイドロフィクス。購入から2年後のメンテナンスをすすめています。保証期間内は12,000円でメンテナンスが可能です。ただ、製品自体は水素生成器の電極に、高品質で知られるチタン素材を採用しているため、故障はほとんどありません。メンテナンスというより、付属のカートリッジや浄水フィルターは、年に1回程度買い替えるのが一般的とのこと。どの製品も4,000円前後の費用が発生しますので、長期的なコストで換算すると少し割高になるかもしれません。

ルルドハイドロフィクスのスペック
持ち運びの可否 不可
価格 154,224円(税込み)
ランニングコスト 17,906円(税込み)
コスト内訳 ・カートリッジ:4,298円(税込み)
・水素ガス吸入スタートセット:9,720円(税込み)
・浄水フィルター:3,888円(税込み)
水素発生方式 直流電気分解方式
水素発生量 26mL/分 
※溶存水素濃度1.3ppm

水素吸入器ラブリエリュクス引用元:http://ismz.co.jp/labriller_luxe.html

水素ガス吸引と水素水飲用を生活習慣にしませんか?

ラブリエリュクスなら1分当たりに高濃度の水素水を約60ml生成できます。この高濃度水素水に含まれている水素を1分間吸引することで水素水を3リットル飲むのと同様の量に匹敵します。しかも、「水素ガスバブリング方式」を採用したことで、水の電気分解で生成した水素ガスを飲みものの中に溶かし込むことができるので、水以外のお茶あやコーヒーといった好きな飲み物に水素を溶かすことができます。

メンテナンス方法

購入日から3年間のメーカー保証がついており、平均2,000時間は稼働します。メンテナンスは、電解補助液を取り換えるだけでOK。1ヶ月に1回程度変えるようにしてください。交換した際、次の電解補助液の交換までの間は使用前に電解液の量を確認するようにしましょう。減った分は精製水を足して調整してください。精製水は、1ヶ月に2本程度交換される方が多いそうです。つまり、電気時補助液1本667円、精製水2本200円が毎月発生する費用と認識しておきましょう。

ラブリエリュクスのスペック
持ち運びの可否 不可
価格 270,000円(税込み)
ランニングコスト 5,407円(税込み)
コスト内訳 ・電解補助液1セット3本×2セット:4,320円(税込み)
・精製水500ml×6本:約900円
・電気代:約187円 ※1日1時間使用した場合
水素発生方式 電気分解水素バブリング方式
水素発生量 平均60mL/分

アロマ水素引用元:http://ahld.jp/

医師と共同開発の水素吸引器!

医師とメーカーによる長年の共同研究から生まれた水素吸入器「アロマ水素」。60分の吸引で500mlの水素水107本分に相当するなど、その高い水素濃度が大きな特徴です。安全性にもこだわって企画された製品なので、長く安心して使用することができます。しかも、有害なオゾンガスが一切発生しないので長時間使用しも、毎日使用しても体には一切の影響がありません。

アロマ水素のスペック
持ち運びの可否 不可
価格 648,000円(税抜)
ランニングコスト 約156円
コスト内訳 ・電気代:約156円
※1日1時間使用した場合
水素発生方式 イオン交換膜電気分解式
水素発生量 約105.2mg/60分

ハイドロパワー引用元:http://hpjsuiso.com/hydropower-info/

特殊加工の電極版で耐久性8年以上を実現!!

耐久性・安全性・水素発生量にこだわって作られて水素吸入器「ハイドロパワー」。連続10時間使用しても安定的に水素を発生させる、高い性能性も特徴です。1日12時間連続使用しても、1ヶ月のコストは700円程度とリーズナブル。しかも、ハイドロパワーが作り出す水素は、拡散しても引火・爆発の恐れのない水素濃度なので安心して使用することができます。

メンテナンス方法

PSEマークと呼ばれる、特定電気用法にもとづく国の安全基準をクリアした証がついた製品です。消費者が使うものとして試験をクリアしている証なので、安全性は信頼できるでしょう。面倒なメンテナンスはほとんどありませんが、タンク内洗浄のため、2~3ヶ月に1度はすべて取り換える必要があるそうです。

ハイドロパワーのスペック
持ち運びの可否 不可
価格 要問合せ
ランニングコスト 要問合せ
コスト内訳 ・専用液
・3~4か月に1度はタンク内洗浄のため全取り替えが必要
水素発生方式 ハイブリッド方式
水素発生量 12L/60分 ※H-01

引用元:http://suisonia.com/

本格派にオススメの水素吸入器スイソニア!

水素吸引の新しい革命児「スイソニア」、複数年にもおよぶ第三者機関(医療・大学)との提携や共同研究を通じて、健康増進と美容保全の効果に関する研究を日々行っています。活性酸素を除去するだけにとどまらず、水素ガスを含む蒸気混合ガス「XEN」が適切な湿度や温度を設定し、鼻腔粘膜の乾きを防ぎ、長時間吸引し続けても身体に負荷の少ない仕様になっています。

疲れやストレスにさらされた一般の人にもおすすめ

サロンなどの専門施設での多く導入されて芸能人やアスリートなど美容や健康により気を配っている方にも認められているようです。テレビ番組などでも紹介されたので、サロンなどで芸能人が利用したことを見たことがある方もいるでしょう。芸能人やアスリートだけでなく、疲れやストレスにさらされた一般の人にとっても「スイソニア」を使って体をメンテナンスすることでより健やかな生活を送ることが期待できるでしょう。

大学との連携による実験で示された効果

スイソニアは35年の産業用ロボット製作などの実績のあるアースエンジニアリング会社が 医療機関や大学などと連携して開発されました。その効果に関しては、順正学園九州保健福祉大学・免疫学研究所をアカデミックアドバイザーとして人を対象とした実験を行い、「体の炎症を抑える作用」や「免疫力を増強する作用」が示唆されました。水素の効果についての研究の多くはマウスを対象としたものが多い中、人を対象にし、また、実際の商品を用いたものとして、この実験は大きな意義があるでしょう。価格は200万円弱と高額で簡単に買えるものではありませんが、その効果を実感して自宅用に購入する方もいるようです。全国17ヶ所にスイソニアを体験できるトライアルセンターがあるので、一度試してみるのもおすすめです。

メンテナンス方法

スイソニアは、購入から1年間のメーカー保証がついています。300時間以上の使用で付属のヒーターカートリッジの交換が一般的とのこと。ヒーターカートリッジ1回の交換にかかる費用は13,800円です。ヒーター部分の一式は数年単位で交換が必要。公式サイトには、明確な年数は記載されていないので、交換時期についてはお問い合わせてください。土日祝日以外は、スイソニア専用のカスタマーセンターを設けています。

スイソニアのスペック
持ち運びの可否 不可
価格 要問合せ
ランニングコスト 約16,500円(税込み)
コスト内訳 ・電気代:約2,700円 ※1日1時間使用した場合
・ヒーターカートリッジ:13,800円
水素発生方式 加熱蒸気分解法
水素発生量 要問合せ

水素吸引の効果

視野機能と運動機能の向上

こちらは、水素吸入器「ケンコス」を使用して、筑波大学大学院の矢田教授監修の下で行われた臨床試験の結果です[1]。試験は鹿島アントラーズユース(U-18)の選手に対して、5分間の水素ガス吸引を行わせるというもの。吸引前と吸引後の状態を比較したところ、静止視力が28%、動体視力が32%、皮膚感覚が260%、聴機能が67%アップしたと報告されました。また、反対に脳ストレスは34%のダウンとなったそうです。

この結果から、水素水を吸引することで視力や視野機能が向上し、聴力も鋭くなったことがわかります。さらに、皮膚感覚の他に、指を動かす機能や姿勢機能の向上も見られたことから、運動機能が全般的に高まったと言えるでしょう。

ストレスと疲労を軽減して集中力を高める

こちらも、「ケンコス」を使用した臨床試験の結果で、「第18回 日本健康支援学会年次学術大会」で発表された内容です。この臨床試験は、水素ガスの吸引による気分の変化を調べたもの。5分間の水素吸引を行ったところ、疲労感、ストレス、退屈感が軽減し、頭のすっきり感、集中力、意欲、爽快感が向上したと報告されています[2]。

試験結果によると、水素ガスを吸引することで自律神経の副交感神経が優位になり、交感神経が抑制されるそうです。副交感神経が有意になることでリラックス感が高まり、交感神経の抑制によって不安や緊張が抑えられます。また、水素ガスは脳に作用して、脳の機能を高める可能性もあるとまとめられました。

血管強化、抗炎症作用、免疫力向上効果

こちらは、「スイソニア」を使用した試験データで、「順正学園九州保健福祉大学・免疫学研究所」と共に進められた研究の結果です[3]。この研究によると、水素を含む蒸気を吸引することで、血管の強化作用、安定作用、機能改善作用があるとされます。また、体の炎症を抑える効果、免疫力を高める効果も認められたそうです。

研究内容の具体例を挙げると、血管壁の内側部分を強化し、血管のしなやかさを保つ効果があるため、血管系の疾患を予防する効果が期待できます。また、血管を拡張する効果も認められたので、血流改善や血圧低下にも役立つ可能性があります。

[1]:株式会社アクアバンク『鹿島アントラーズユース(U-18)を対象とした臨床試験を実施水素ガス吸引により選手の脳機能の変化を確認アスリートのパフォーマンス向上に有効的であることが判明』

[2](PDF):株式会社アクアバンク『水素吸入が心理、生理機能に及ぼす効果の検討』

[3]:アースエンジニアリング『【 XEN発生装置 】 suisonia  産・学共同研究』

これからは「水素水」よりも「水素吸引」の時代!

水素水の飽和濃度は1.6ppmが限界

水素を取り込むというと、パウチやボトルでコンビニやスーパーで販売されている水素水や数十万円で販売されている水素水サーバーや生成器を思い浮かべるのではないでしょうか。最終的には、水素水という水から水素を取り込むという意味ではパウチやボトル、水素水サーバーともに変わりはありません。ですが、水素水から水素を取り込むには限界があります。水素の飽和濃度は1.6ppmといわれており、それ以上は加圧し、高圧な状態にすれば、1.6ppm以上の高濃度や水素水にすることはできますが、実際に飲む際には飽和状態になるため、1.6ppm以下でしか飲むことができません。

水素吸引ならたった1分間で3リットル分の水素水と同じ

水素吸引器「ラブリエリュックス」なら、水を電気分解することで、高濃度の水素を1分あたり60ml生成できます。これは水素水で換算すると3リットル程度に相当するもので、1分間に3リットルを水素水を飲もうとしても、かなりハードルが高いですが、水素吸引器での水素吸引であれば1分間という短時間で全身に水素をたっぷり取り込むことができます。しかも、1分あたり60mlの水素濃度は、臨床試験で使用されている水素濃度と極めて近いため、効果・安全性ともに心配することなく、水素を取り込めます。

水素吸引なら持ち運びもできる!

電子タバコのように持ち運びができる「携帯型」、家でしっかりと水素吸引したいのであれば「据置型」と主に水素吸引器は2種類です。携帯型は、カニューレと呼ばれる器具を使用せずに水素を吸引できるため、いつでもどこでも水素を吸うことができます。また、据置型はカニューレを使用することで、生成したての水素をそのまま吸引できるので、水素水とは比較にならないほどの大量の水素をカラダ中に取り込むことができます。

水素吸引のメリット・デメリット

水素吸引のメリット

水素吸引のメリットとして最初に挙げられることは、水素水よりも「水素濃度」が高いということです。水に水素を溶かそうと思うと、その濃度には限界があります。水素水の濃度は1.6ppmまで。それ以上の濃度の水素水であっても、実際に飲むときには飽和状態になって、1.6ppm以下の濃度となってしまいます。

その点、水素吸引なら水に溶かす必要がないため、非常に高濃度の水素を吸引することができます。さらに、水素の濃度が高いため、短時間で多くの水素を取り入れられる点もメリットのひとつ。例えば、ラブリエリュクスであれば、たった1分間の水素吸引で、水素水3L分の水素を取り入れることができるのです。水素水3L分を1日に飲むのは大変ですが、1分間の水素吸引なら毎日簡単に水素を取り入れられます。

水素水よりも多くの水素を取り入れる方法として、水素サプリがあります。ですが、実際に取り入れることができる水素量はサプリメントによって異なり、多くの水素を必要とする場合、サプリメントの用量以上を飲まなければいけない場合も。また、水素サプリメントには水素以外の成分も摂取しますが、水素吸引であれば純粋に水素のみを取り入れられるため、水素を得る方法としては最も効率的です。

水素吸引のデメリット

水素吸引のメリットをご紹介しましたが、水素吸引にデメリットはないのでしょうか?水素吸引のデメリットは、「初期費用がかかる」ということです。水素吸引器のお値段を見て頂ければわかると思いますが、多くの水素を発生させるタイプであれば、携帯型水素吸引器でも100,000円を超えるものもあります。据置型水素吸引器はさらに高額になり、平均価格を見ても200,000円~250,000円程度で、中には180万円を超えるものもあります。

このように、水素吸引器を導入するときに初期費用がかかるという点が、唯一のデメリットだと言えるでしょう。ただし、導入のための初期費用が高額になるだけで、長期的に見た場合はコストパフォーマンスが高いという事実もあります。水素吸引器を購入してしまった後は、水素を発生させるために必要になる液やパックを購入するだけ。そのパックも、水素吸入30回分で500円など、非常にリーズナブルです。

水素吸引器は、高濃度の水素を発生させるものや、様々な機能がついているものほど、価格は高くなりがちです。そのため、購入前は価格の高さがデメリットと映ってしまいますが、数か月、数年単位の期間で見ると、水素吸引器は決して高額なものではありません。

水素吸引に副作用・危険性はある?

水素を吸引するというと、体への悪影響や副作用が不安な方もいると思います。ですが、水素水と同じように、水素には体への悪影響や副作用はありません。水素は悪玉活性酸素を無害化しますが、もしも体の中に悪玉活性酸素がなかった場合、そのまま体の外に排出されてしまうからです。また、水素は食品添加物としても使用されており、水素の添加物は厚生労働省によって認可されている安全なもの。そのため、高濃度の水素を吸引したとしても、体への害はなく、とても安全性の高いものだと言えます。

水素は医療現場でも用いられているほど安全性の高いもので、厚生労働省によって定められている「先進医療B」では、「水素ガス吸入療法」という治療法が推奨されています。しかもその治療方法は、心停止をした後の患者に向けて集中治療室で行われるもの。生命の危機に瀕している方に行う治療法として認められているので、副作用や危険性がないことは明らかでしょう。水素ガス吸入治療の技術がさらに確立されていけば、心停止以外の様々な場面で活用できるのではないかと期待されています。また、水素吸引に使用される水素は、爆発の危険がない2%の濃度のものが使用されるため、事故に繋がる可能性も非常に低くなっています。

厚生労働省が定めた「先進医療B」の項目には、「水素ガス吸入療法」というものがあります。これは、心停止があった後に昏睡状態が続く患者への治療法として、水素ガスによって脳機能を守りながら、集中治療を行うことを推奨したもの。水素ガス吸入療法を行うことで、昏睡状態から覚めたあとの後遺症を軽減できる可能性があると言います。

このように、先進医療としての活用も期待される水素ガス吸引ですが、こちらでご紹介したものは、あくまでも心停止後の方への治療法です。健康な方にも同様の効果が認められている訳ではありませんので注意してください。ただし、今後の研究によって、健康な人へも同様の効果が実証される可能性はあるでしょう。

水素サロンってどう?

水素サロンとは

水素サロンとは、その名の通り、手軽に水素を吸引できるサロンのことです。ゆったりとした空間でソファーにもたれてくつろぎながら、決められた時間で水素を吸引します。水素吸引ができる時間は何種類か用意されていて、時間によって料金も異なるため、希望の時間を選んで水素を吸引。ピラティスやストレッチなどのボディケアレッスンを受けられるサロンもあり、体を内側から健康にしてくれるサロンです。

水素サロンは全国各地にたくさんあるため、エステや美容室に行く感覚で通うことができます。ドリンクサービスがついていたり、ペアキャビンが用意されていたりするサロンもあるので 、お友達と一緒にリラックスしに行くにも最適。リラクゼーション効果と健康効果、美容効果の3つを同時に得ることができる場所が水素サロンです。

水素を毎日取り入れたいなら吸引器がおすすめ

水素サロンは、自宅に水素吸引器を用意する必要がなく、水素を取り入れるための方法としては非常に手軽です。ですが、毎日水素を吸引したい場合や、ずっと継続的に水素吸引を続ける場合は、水素サロンより水素吸引器を購入した方が、コストパフォーマンスは良くなります。水素吸引器の購入でどれだけコストパフォーマンスが良くなるのか、「ケンコス」の価格と水素サロンの30時間分を比較してみましょう。

ケンコスの本体は69,500円(税抜)で、水素を発生させるための電解液と、交換が必要な電解槽のセットが7,000円(税抜)。この7,000円のセットで、毎日40分、約4か月間(約50時間分)の使用が可能です。それに対して、水素サロンの30時間分は90,000円(税抜)となっており、20時間も多く使用することができます。しかも、ケンコス本体の料金が必要になるのは最初だけ。その後は、4か月間使用できる7,000円のセットを購入するだけで良いのです。

月に1回程度水素吸引をするだけ、ということなら、水素サロンでも良いかもしれません。ですが、毎日水素を吸引したいのであれば、水素サロンでは高額になり過ぎます。さらに、年単位で考えた場合、偶に水素吸引をする方であっても、水素吸引器の方がお得でしょう。これから先も水素吸引を続けていきたいという方であれば、金銭的な負担も考慮して、水素吸引器を用意することをおすすめします。

水素の摂取がアスリートのパフォーマンス向上につながる!

本気でパフォーマンス改善方法を探しているアスリートに「水素」は本当におすすめです。

というのも、水素はごく小さな物質であるため、素早く体中に行き渡り、「疲労の原因」である活性酸素を除去する機能があるからです。ギリギリが勝負を決める真剣勝負を行うアスリートにとって疲労対策を非常に重要で、水素は「運動前」にとることで「疲労感の予防」をし、「運動後」に飲むことで「疲労回復」をサポートします!

また、疲労回復だけでなく、聴力や運動能力の向上、記憶力の向上など、脳機能を上げるエビデンスも報告されており、大事な試合の直前に吸入することでパフォーマンス向上に直接つながる効果が期待できます。

水素をとるにはアルミパウチなどの「水素水」だけでなく、「水素吸引」があるのですが、以前は設置型の大型装置で専門施設などの限られた場所でしか行えないものでした。また、美意識の高い芸能人や一流のプロアスリートの中には、自宅に水素吸引の機械を購入して置いている人もいますが、その価格は大変高価で、鼻にチューブを差し込むようなタイプも多く、手軽に利用できるとは程遠い状況でした。しかし、最近では、数万円で購入できて、ハンディタイプでいつでもどこでも使える水素吸入器が登場し、「水素吸引」は非常に身近になりました。水素吸引は、直接高濃度の水素を取り入れることができるので、わずか5分の吸入で約5リットル分の水素水と同等の水素を吸引でき非常に「効率的」です。

パフォーマンス改善に真剣に取り組むアスリートの方は是非一度「水素吸引」を試してはいかがでしょうか。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS3がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:24mm×長さ:55mm×高さ:130.5mmで、重量:110gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kencos使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS3で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS3の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(24mm×55mm×130.5mm)
  • 3種のフレーバーでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!