スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

水素水には科学的根拠はあるのか?太田成男教授とは?

HOME » 世界のスポーツ選手たちが注目!水素水を徹底分析 » 水素水には科学的根拠はあるのか?太田成男教授とは?
水しぶき 画像

世界のスポーツ選手たちが注目!水素水を徹底分析

水素水の権威・太田成男教授が示す
科学的根拠を調査

水素水の効果を裏付ける科学的根拠とは

水素水を飲むことによって得られる効果にはしっかりとした科学的根拠があるのか、という点について、様々な専門家が説を唱えています。中でも、スポーツ科学の視点から水素水について研究している論文がありますので、ご紹介しましょう。

科学的根拠

太田成男教授の研究結果の真実に迫る!

日本医科大学の太田成男教授が、2007年に『Nature Medicine』という学術雑誌に発表した、水素の医学的効能を実証する論文は、医学界に大きな衝撃を与えました。以来、様々な分野の研究者が、水素が体にもたらす健康効果の科学的根拠を実証する論文を発表。水素分子の効能に関する論文は、年間90本以上、これまでに350本以上も発表されています。

【参照】太田教授の論文のソースと要約:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28560519

そして2016年1月、太田成男教授の研究チームが発表した論文では、水素が遺伝子へ働きかけることで抗酸化作用や抗炎症作用、細胞死の抑制作用などを起こすメカニズムが解明されました。

【参照】太田教授の2016年の論文のソース:https://www.nature.com/articles/srep18971

通常、活性酸素によって細胞膜が酸化すると細胞膜の一部である脂質メディエ―ターという部分が変性し、細胞内へカルシウムが流入します。カルシウムの細胞内への流入は、細胞死や炎症が引き起こし、老化につながるとされているようです。しかし、今回の研究結果では、水素が細胞に到達すると細胞膜に蓄積されて、細胞膜の酸化を防ぐ作用が確認されています。さらに、細胞膜へ蓄積された水素の働きで、活性酸素から攻撃を受けても細胞内へのカルシウムの流入を抑制し、炎症や細胞死が起こるのを抑制するということが分かったのです。

筋肉疲労を防ぎ、脳実行機能向上のエビデンス

スポーツ科学の観点から見る水素の真のパワー

この細胞膜の酸化を防ぐ作用を、スポーツ前後の身体への効果として置き換えると、運動前に水素水を飲んで細胞膜へ水素を蓄積させておけば、活性酸素による細胞への攻撃を抑えることができ、筋肉疲労を起こしにくいと考えることができます。

スポーツ前に水素水を補給することによって、汗をかいて失われる水分を補い脱水を防ぐと同時に、筋肉疲労を未然に防ぐ効果が期待できる、というわけですね。

実際に、水素水を摂取したアスリートが、運動時にパフォーマンスが高まったという筑波大学の実験結果もあります。

【実験内容】

20歳前後の現役サッカー選手10人が運動前に決められた量の水素水を飲み、運動後の筋肉疲労を血液検査などでチェック。 運動を朝6時半から始めると設定し、運動を行う前日の夜10時、当日の朝5時、運動直前の3回に分けて500mlずつ水素水を飲んでもらい、ただの水を飲んだ選手と比較してみると活性酸素の発生量が抑えられ、筋肉疲労から来るパフォーマンスの低下を防ぐ効果が認められたそうです。

【参照】上記の臨床実験の論文のソース:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22520831

また、筑波大学大学院の矢田幸博教授の監修のもと実施された別の実験では、「疲労回復」だけでなく、「脳実行機能の向上」や 脳ストレス、頭の回転度などにおける効果が報告されています。

【参照】上記の臨床実験の論文のソース:https://aqua-bank.co.jp/wordpress/wp-content/themes/storefront-child/images/single/20170309bassui.pdf

水素水の効果にまつわる異論

効果が得られない水素水には水素が入っていなかった!?

水素水の効果については、異論が多いのも事実。医学関係者の中には「水素が水に溶けず、体内でイオン化することもない」として、“水素水に特別な健康効果はない”としている研究者も多いようです。

確かに、テレビの健康番組や情報番組で水素水が取り上げられてから、サプリメントやパウチ、ペットボトルなど、様々な形の水素水を販売する会社が急激に増え、中には水素が含まれていないのに水素水として販売していた、悪徳なケースもあったそう。そんな劣悪な商品では効果が実感できなくて当然でしょう。しかし、そんな商品がひとつでもあれば、「水素水を飲んでも効果がない」という評判があらゆるメディアを介して広がってしまうのもおかしなことです。

水素水は、特定保健用食品や機能性表示食品に指定されておらず、医薬品として認可もされていません。つまり「水素にはこんな効果がある」と言えることはできますが、「水素水(商品)にはこんな効果がある」とは言えない状況なのです。たとえば以前、東京新聞は「効果がない」と言い切る趣旨の記事を掲載しましたが、これも、メーカーの担当者は商品の効果を約束する発言ができないことが背景にあるのでしょう。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS2がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳実行機能の向上、鎮痛効果(リフレッシュ効果)、ストレス低減効果が示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:22mm×長さ:50mm×高さ:162mmで、重量:165gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kenco使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS2で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS2の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(22mm×50mm×162mm)
  • 5分の吸引で水素水(1.0ppm)5L分
  • 3種のアロマでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!