スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

水素水がスポーツマンにもたらす嬉しい効果とは

HOME » 世界のスポーツ選手たちが注目!水素水を徹底分析 » なぜ、水分補給に水素水が良いの?
水しぶき 画像

世界のスポーツ選手たちが注目!水素水を徹底分析

なぜスポーツの水分補給に水素水が良いの?

健康にも美容にも!スポーツの効果を最大限に引き出す水素水

運動時の水分補給に水素水が最適だとされる理由は、どんなところにあるのでしょうか?スポーツの前や後に水素水を飲用することで得られる嬉しい効果について、詳しく解説していきます。飲む量やタイミングによって効果が変化してくるようなので、飲み方についても考えてみましょう。

水素水の効果

スポーツ時の水分補給に最適な水素水!その効果とは?

水素水は、その名のとおり水素を多く含んだ水。水素は、酸素よりも強い活性化能力を持っていて、あらゆる物質と結合することができます。酸素が活性酸素となって体のあちこちの細胞に取り付いて傷つけ、老化させるのと同じように、水素もまた体の隅々の細胞にまで入り込むことができるのです。体の隅々まで行きわたる水素水は、活性酸素や過酸化脂質などの有害物質と結合し、無害化させて体の外へ排出する重要な働きをしてくれます。

疲労回復

疲労の原因=活性酸素の発生を断つ!

活性酸素は体内を傷つけて老化させると同時に、筋肉疲労の原因になるとも言われています。以前は筋肉疲労の原因は乳酸であるとされていましたが、最近の研究結果では、「疲労を起こす真犯人は活性酸素だ」と言われています。そんな「活性酸素」を取り除く効果の高い水素水こそ、スポーツ時の水分補給にピッタリの飲み物であると、いま注目されているのです。

脂肪燃焼

「水素×スポ―ツ=痩せる」ってホント?

水素は、細胞内のミトコンドリアを活性化させる性質を持っています。ミトコンドリアの役割は、脂肪や糖質をエネルギーに変えて燃焼させること。ミトコンドリアがしっかり働いている細胞であれば、脂肪や糖質を燃焼させやすい=痩せやすい状態となります。水素水を飲むことで、水素が体の隅々の細胞にあるミトコンドリアを活性化させ、脂肪が燃焼しやすい体へと導いてくれるのです。

免疫力向上

体内環境を整えて免疫力をアップさせる

体内で発生した有害物質・活性酸素や過酸化脂質は体調不良やさまざまな病気をもたらします。水素水は、これらの有害物質にくっついて無害な水の状態へ還元し、体外へと排出してくれます。こうして体内環境が整えられて免疫力のアップにつながるのです。健康のためにスポーツをしている方にとってみれば、水素水は相乗効果を得られる理想的な水分補給飲料でしょう。

水素水の効果(疲労回復)

アスリートは体内に活性酸素が生じやすい

呼吸によって酸素を体内に摂り入れている以上、人間の体の中には活性酸素と呼ばれる物質が生成される仕組みとなっています。活性酸素は体内に摂り入れた酸素の量に比例して生成させるため、呼吸の量や回数が多い人ほど、体内には活性酸素が生まれやすいということになります。つまりこれは、一般の人に比べて呼吸の量や回数の多いアスリートのほうが、活性酸素を体内に溜めやすいということでもあります。

本来、体内に活性酸素が発生すると、これを消去しようとする酵素が生まれ、いわゆる免疫力を発揮します。しかしながら人間の体は、年齢に応じて免疫力が低下。年齢の低いアスリートよりも年齢の高いアスリートのほうが、活性酸素を溜め込みやすいということにもなるでしょう。

アスリートは体内に活性酸素が生じやすい
呼吸によって酸素を体内に摂り入れている以上、人間の体の中には活性酸素と呼ばれる物質が生成される仕組みとなっています。活性酸素は体内に摂り入れた酸素の量に比例して生成させるため、呼吸の量や回数が多い人ほど、体内には活性酸素が生まれやすいということになります。つまりこれは、一般の人に比べて呼吸の量や回数の多いアスリートのほうが、活性酸素を体内に溜めやすいということでもあります。本来、体内に活性酸素が発生すると、これを消去しようとする酵素が生まれ、いわゆる免疫力を発揮します。しかしながら人間の体は、年齢に応じて免疫力が低下。年齢の低いアスリートよりも年齢の高いアスリートのほうが、活性酸素を溜め込みやすいということにもなるでしょう。
水素水を飲むと乳酸が溜まりにくくなる
運動をすると、人は疲労感を感じます。疲労の原因はいまだに研究途上ですが、これまで明らかになっている主要な原因として、運動によって体内に生まれる乳酸、および呼吸によって体内に生まれる活性酸素の存在が指摘されています。疲労の原因に関する学術的研究として、筑波大学のグループは興味深い臨床データを報告しました。普通の水だけを飲むアスリートのグループと、水素水を飲むアスリートのグループに分けて、それぞれの乳酸の生成量を比較。データ化した結果、普通の水を飲んでいたグループに比べて、水素水を飲んでいたグループのほうが乳酸が溜まりにくく、かつ筋肉労が低下することが判明したのです。水素水には体内の活性酸素を除去する働きもあることから、乳酸除去と合わせた二重の働きによってアスリートの疲労回復に貢献することが分かりました。
スポーツする前・後どちらでもOK
アスリートが疲労を軽減する目的で水素水を飲用する場合、スポーツ前に水素水を飲むと通常よりも楽に走ることができます。スポーツ後に水素水を飲むと、疲労の回復が早くなります。スポーツ前・後、どちらに水素水を飲んでも効果的ということです。
トレーニング時は飲まない方が賢明
柔道や短距離走など、高い瞬発力や瞬間的な筋力が要求される競技においては、少なくとも競技中における水素水の飲用は避けたほうが良いようです。なぜならば水素水の摂取によって体中の細胞がリラックスしてしまうため、本来の力が発揮できない恐れがあるからです。実際、そのような報告も挙がっています。また筋肉トレーニングをする際にも、水素水は不向きとの見方があります。筋トレで筋肉を増強させるには、一時的に筋肉組織を傷める必要があります。傷んだ筋肉組織の修復過程で筋肉は増強されるメカニズムなのですが、水素水を摂取すると傷んた筋肉組織の修復が早まり、筋肉の増強が効率的に進まない可能性があるからです。

水素水の効果(免疫力向上)

「悪玉活性酸素」が免疫力を低下させる

活性酸素は、本来は体内に侵入した外敵を攻撃する、いわば免疫力の一種。ところが体内に活性酸素が増えすぎると、外敵のみならず正常な細胞にまで攻撃を加え始め、やがて様々な病気の原因を作り出してしまいます。

活性酸素にはいくつかの種類があるのですが、特に体に害があるとされるのが「悪玉活性酸素」と総称される種類。「悪玉活性酸素」の有害性は著しく、特に腸に悪玉菌を増やしてしまうことで知られています。

人間の腸は免疫力の司令塔のような組織。人間の免疫システム全体のうち、実に70%が腸に集中しているとされています。「悪玉活性酸素」の影響によって腸に悪玉菌が増殖すると、全身的な免疫力の低下へとつながってしまうのです。

水素は凶悪な活性酸素をなくす
活性酸素とは、あくまでも酸素の一種。酸素と水素が結びつくとH2O、つまり水になることは習ったことがあると思います。水素水を摂取すると、宇宙一小さな分子である水素が、細胞膜すら通過して体の隅々まで浸透。活性酸素を発見するや自ら結びつき、無害な水と化して共に体外へと排出されていきます。つまり水素には、体のいたるところに存在する凶悪な活性酸素をなくす働きがあるのです。
身体の弱いところを良くするのが水素
水素には、体の弱いところに重点的に働くという性質があります。たとえば肝機能障害を持つ人が水素水を飲むと、水素は他の体の機能よりも肝機能の改善を優先させて働きます。人間にとっては実に都合の良い働きというわけですが、実はこの働きの原理・メカニズムについては、目下研究中。働きがあることは判明していますが、なぜそのように働くのかは解明されていません。また擦過傷や炎症等に対して水素水を塗布した場合も、それらの治りを早くするとされています。

補給のタイミング

スポーツの前後など活性酸素が発生しやすいタイミングで飲む!

水素水によって得られる水素は、体内にためておくことができません。一度にたくさん摂取しても、余分な水素はそのまま体外へ排出されるだけなので、1日数回に分けて飲むのがポイント。運動をしたり紫外線を浴びたりして、体内に多くの活性酸素が発生してしまうタイミングに合わせて水素水を飲めば、効率よくアンチエイジングや疲労回復効果を実感できるでしょう。基本的には、1日に1リットルから1.5リットル程度を、スポーツの前後や就寝前後など、1日数回に分けて飲むのが有効であるとされています。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS2がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳実行機能の向上、鎮痛効果(リフレッシュ効果)、ストレス低減効果が示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:22mm×長さ:50mm×高さ:162mmで、重量:165gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kenco使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS2で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS2の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(22mm×50mm×162mm)
  • 5分の吸引で水素水(1.0ppm)5L分
  • 3種のアロマでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!