スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

スポーツ時の水分補給に人気なスポーツドリンク「アクエリアス」

HOME » スポーツドリンクの成分と効果をリサーチ » 【決定版】代表的なスポーツ飲料の栄養成分を比較しました! » スポーツ時の水分補給に人気なスポーツドリンク「アクエリアス」
水しぶき 画像

アクエリアス

アクエリアスは、日本コカ・コーラ社から販売されている代表的なスポーツドリンクの一つ。1980年に発売されたポカリスエットに対抗する形で、アクエリアスは1983年に発売されました。

汗と同じミネラル比率、細胞と同レベルの浸透圧を特徴のベースとし、加えて、アミノ酸やクエン酸なども配合するなど、アスリートに理想的な清涼飲料水として定着。昨今では、スポーツドリンクという態様を超え、一般向けに「アクエリアスビタミン」「アクエリアス クリアウォーター」「アクエリアス経口補水液」が誕生。さらには、季節限定でファミリーレストランのドリンクバーのメニューにリリースされることがあります。

アクエリアス

糖分・カロリー量 ナトリウム BCAA(分岐鎖アミノ酸) ビタミン・その他
はちみつ、高果糖液糖
19kcal
40mg バリン、ロイシン、
イソロシン、アルギニン
クエン酸
最新のスポーツ科学に基づいて、汗と同じミネラル比率に調整した「水分補給飲料」。
糖分量が多い

アクエリアスのオススメ3ポイント

オススメポイント1:まさにアスリート向けの理想的なスペック

前向きなアスリートにとって必要とされる要素は、究極的には2つに絞られます。いわく、鍛錬によって蓄積した筋肉の損傷を抑えることと、疲労の蓄積を最小限にして継続的な運動を維持すること。

アクエリアスに含まれるアミノ酸BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)は、運動によって損傷しゆく筋肉を速やかに修復する成分。あわせて含まれるクエン酸は、疲労物質として知られる乳酸を分解する成分。アスリートの体に要求される2大要素を、これら成分の働きがしっかりとサポートします。

オススメポイント2:ダイエット効果も狙う「アクエリアスゼロ」

体内細胞の浸透圧に近いアクエリアス。水分や成分の体内吸収の効率が良い分、ともするとカロリー過多になってしまう恐れもある、と昔から言われてきました。運動でダイエット効果を狙っている人が、アクエリアスで過剰に水分補給をすると逆に太ってしまう、との俗説まで生まれています。

本当に太るかどうかは別にして、運動でダイエットを狙う人には、95kcal/500mmと低カロリーで、かつ脂肪燃焼作用を持つL-カルニチンを配合した「アクエリアスゼロ」をお勧め。親製品のアクエリアスと同じ特徴を維持した、ダイエッター向けのアクエリアスです。

オススメポイント3:お好みによって選べる様々なタイプ

アスリートの水分補給目的だけではなく、様々な人たちの様々ニーズに対応できるよう、アクエリアスには多彩なラインナップが用意されています。

まず、その製品サイズ。ペットボトル型として280~2000mlの6種類を用意。他にも160~500gの缶型や300g入りパウチ型など、様々なシーンに合ったサイズの製品を用意しています。もちろん、以前からパウダータイプのアクエリアスもよく知られていました。

最近では、クリアで飲みやすい「アクエリアス クリアウォーター」、ビタミンを多く配合した「アクエリアス 1日分のマルチビタミン」、体調不良時などに推奨される「アクエリアス 経口補水液」など、続々と新製品が誕生しています。

アクエリアスの画像

引用元:AQUARIUS
(http://www.aquarius-sports.jp/product/)

アクエリアスの効果的な飲み方は?

アクエリアスの公式サイトによると、様々な説明の末尾において「清涼飲料水なので、いつでもお好きな時にお召し上がりください」と締められています。確かにその通りなのですが、アスリートにとってのパフォーマンスを高めるためには、よりタイミングを絞った飲み方が理想です。

具体的には、運動前。BCAAによる筋肉修復作用やクエン酸による乳酸分解作用を享受するためには、運動前にたくさんのアクエリアスを補給しておくことが理想です。

また、筋肉の損傷や疲労は、運動中や運動後にも襲ってくるものです。この点にも鑑みれば、「運動前に重点的に飲むこと」と「運動中・運動後にも適宜飲むこと」が、アスリートにとっての理想的なアクエリアスの飲み方と言えるでしょう。

メリット

  • ミネラルだけではなく、アミノ酸、クエン酸を配合し、水分バランスをサポートします。
  • 飲みやすいようにスッキリとした後味。
  • 1種類だけでなく、ゼロカロリーやグレープフルーツ果汁配合など、複数の種類があります。

デメリット

  • 糖分が多いため、ペットボトル症候群と言われる糖尿病のリスクがあります。
  • 人工甘味料(スクラロース)が使用されており、飲み過ぎると肥満や片頭痛の原因に…。
  • 身体に水分をとどめるため、スポーツ以外の場面で飲むと、むくみにつながります。

アクエリアスの口コミ

スポーツ時の水分補給でアクエリアスについての口コミ

  • 私はテニス部でした。炎天下の中、練習しますので水分補給はかかせません。熱中症や脱水症状防止のためアクエリアスを飲んでいました。通常だと甘く感じますが、スポーツ後だとほどよい甘さで飲みやすいです。
  • アクエリアスは他のスポーツドリンクに比べ、飲みやすいので大好きです。バスケ部に所属していて、運動中の糖分補給として飲んでいます。
  • 夫婦でジョギングをしていますが、いつも買うスポーツドリンクがアクエリアスです。他のものだと後味が悪かったり、余計にのどが渇いたりします。しかし、アクエリアスはそのようなことがなく、スーッと吸収される感じが好きなので、これしか買いません。
  • サッカーをやっている子どもにいつも持たせています。1日にたくさんの試合があるので、水分補給をするためにスポーツドリンクは必要です。そのため、うちでは手軽に水分・塩分を補給できるアクエリアスを購入。子どもたちも、喜んで飲んでいます。

通常の口コミ

  • 運動だけでなく、風邪をひいた場合の水分補給にも使えます。食欲がなくても、飲みやすいです。水分だけでなく糖分も補給できるのは便利ですね。
  • 水分補給でよく飲んでいて、冷蔵庫に常備されています。特に夏場はかかせません。酸味があってスッキリした後味が好きです。

アスリートのパフォーマンス改善に「水素」が効果的!

こういったスポーツドリンクは、スポーツ時の水分補給をしながら、栄養素を摂取できて疲労回復できる優れたアイテムです。
しかし、スポーツドリンクでは「糖分」を過剰にとってしまうという問題もあるため、「疲労回復」には、別の選択肢を考えるのもよいでしょう。特に、本気でパフォーマンス改善方法を探しているアスリートにおすすめは「水素」です。

水素はごく小さな物質であるため、素早く体中に行き渡り、「疲労の原因」である活性酸素を除去する機能があるのです。ギリギリが勝負を決める真剣勝負を行うアスリートにとって疲労対策を非常に重要、水素は「運動前」にとることで「疲労感の予防」し、「運動後」に飲むことで「疲労回復」をサポートします!
また、疲労回復だけでなく、聴力や運動能力の向上、記憶力の向上など、脳機能を上げるエビデンスも報告されており、大事な試合の直前に吸入するだけで、成果を上げられることが期待できます。

水素をとるには「水素水」のみでなく、「水素吸引」があるのですが、以前は、設置型の大型装置で専門施設などの限られた場所でしか行えないものでした。また、美意識の高い芸能人や一流のプロアスリートの中には、自宅に水素吸引の機械を購入して置いている人もいますが、その価格は大変高価で、鼻にチューブを差し込むようなタイプも多く、手軽に利用できるとは程遠い状況でした。しかし、最近では、数万円で購入できて、ハンディタイプでいつでもどこでも使える水素吸入器が登場し、「水素吸引」は非常に身近になりました。水素吸引は、直接高濃度の水素を取り入れることができるので、わずか5分の吸入で約5リットル分の水素水と同等の水素を吸引でき非常に「効率的」です。

パフォーマンス改善に真剣に取り組むアスリートの方は是非一度「水素吸引」を試してはいかがでしょうか。

「水素吸引」でアスリートのパフォーマンス改善!

「水素吸引」には脳実行機能向上などアスリートのパフォーマンス改善につながるエビデンスが報告されています!大事な試合の直前などに吸引可能でシビアな世界で勝負をするアスリートのパフォーマンスをサポートします!

水素吸引器KENCOS2がおすすめの3つの理由!

脳実行機能向上、リフレッシュ効果、脳のストレス低下のエビデンスあり!
筑波大大学院の矢田幸博教授監修のもと、脳の働きをサポート効果、リフレッシュ効果などが示唆されました。
小さくても専門施設の装置に負けないパワー
1分間に最大8mlの水素ガスを生成、5分間の水素ガス吸引で1.0ppmの水素水約5L分に相当します。
どこでも水素でリフレッシュできる!
幅:22mm×長さ:50mm×高さ:162mmで、重量:165gいつでもどこでも持ち運びができるサイズです。
kenco使用イメージ

サロンや自宅だけでなく、KENCOS2で、「いつでも、どこでも」水素吸引が可能に!

持ち運べる水素吸引器
KENCOS2の特徴

  • 手軽に持ち運べるコンパクトさ(22mm×50mm×162mm)
  • 5分の吸引で水素水(1.0ppm)5L分
  • 3種のアロマでリフレッシュ
  • リフレッシュ効果、脳ストレス低下のエビデンスあり!