スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ~運動に有効なドリンク徹底比較結果~

人気スポーツドリンクを徹底比較!効果や成分にはどんな違いが?

HOME » スポーツドリンクの成分と効果をリサーチ » 代表的なスポーツ飲料を比較
水しぶき 画像

スポーツドリンクの成分と効果をリサーチ

代表的なスポーツドリンクを
100mlあたりの栄養成分で比較

ここでは、代表的なスポーツドリンク「ポカリスエット」「アクエリアス」「ヴァームウォーター」「アミノバイタル」「ゲータレード」の5種類をピックアップし、それぞれの特長や成分に注目しながら比較してみたいと思います。

ポカリスエット

糖分・カロリー量 ナトリウム BCAA(分岐鎖アミノ酸) ビタミン・その他
果糖ぶどう糖液糖、砂糖
25kcal
49mg なし ビタミンC
発汗により失われた水分、イオン(電解質)をスムーズに補給する健康飲料。
塩分、糖分が多く、カロリーが高い

アクエリアス

糖分・カロリー量 ナトリウム BCAA(分岐鎖アミノ酸) ビタミン・その他
はちみつ、高果糖液糖
19kcal
40mg バリン、ロイシン、
イソロシン、アルギニン
クエン酸
最新のスポーツ科学に基づいて、汗と同じミネラル比率に調整した「水分補給飲料」。
糖分量が多い

ヴァームウォーター

糖分・カロリー量 ナトリウム BCAA(分岐鎖アミノ酸) ビタミン・その他
なし
0kcal
40mg アミノ酸各種 カリウム、カルシウム、
マグネシウム
体脂肪の代謝を促進し、エネルギーの有効活用を助ける17種類のアミノ酸バランスを再現した「スズメバチアミノ酸混合物(V.A.A.M.)」が配合されている機能性飲料。
運動前の摂取向き

アミノバイタルボディリフレッシュ

糖分・カロリー量 ナトリウム BCAA(分岐鎖アミノ酸) ビタミン・その他
果糖
13kcal
16mg バリン、ロイシン、
イソロシン、アルギニン
カリウム、カルシウム、
マグネシウム
BCAA・アルギニンとクエン酸を配合したドリンク。アミノ酸・クエン酸と水分を手軽に補給でき、カラダをリフレッシュします。
スポーツ中に糖質を吸収しにくい

ゲータレード

糖分・カロリー量 ナトリウム BCAA(分岐鎖アミノ酸) ビタミン・その他
果糖ぶどう糖液糖、砂糖、
マルトデキストリン
26kcal
48mg グルタミン酸 ビタミンB6、
ビタミンB12、ナイアシン、
カリウム、鉄
スポーツ時に必要な「3つのチャージ」(水分チャージ・ミネラルチャージ・エネルギーチャージ)が素早く効率的に補給できるドリンク。
カロリーが高い

ご注意!スポーツドリンクの落とし穴

手軽に飲みやすく作られているスポーツドリンクですが、そこには思わぬ落とし穴が潜んでいることをご存じでしょうか。

その落とし穴とはズバリ、「糖分」です。一般的なスポーツドリンクに含まれる糖分の量は500mlのペットボトル1本でおよそ20~30g。これは、スティックシュガー10本分、角砂糖なら8個分の量に相当します。
スポーツドリンクには思いもよらぬほど多量の甘味料が含まれています。甘味料は「アスパルテーム」や「スクラロース」といった人工甘味料が主流。これらの人工甘味料には肥満や糖尿病、心臓発作、偏頭痛などの副作用を引き起こす危険性があると指摘されています。

スポーツドリンクとは、運動中に失われた水分・塩分・ミネラル・ビタミンを素早く補給できるように成分が調整された飲料のこと。それは甘味料に含まれている糖分も素早く吸収されることを意味します。

血液中に一気に糖分が吸収されて、血糖値が急上昇することで、急性糖尿病を引き起こす可能性さえもあるのです。

仮に糖尿病にならなくても、虫歯や肥満の原因となりますし、場合によってはナトリウム不足からの水中毒を引き起こす危険性も指摘されています。

スポーツをする目的は、筋力の増強やパフォーマンス向上だけにとどまらず、ダイエットやアンチエイジング、また免疫力アップといった美容・健康など様々。

しかし、糖分の過剰な摂取はどんな目的でスポーツをしている人にとっても、良くない影響を与えてしまう恐れがあるのです。

注目!第三のスポーツドリンクとは...?

そんな従来のスポーツドリンクが抱えていた問題を、一から解決してくれる救世主が、現在「第三のスポーツドリンク」としてアスリートの間でも話題を呼んでいる飲み物です。

余計な糖分やカロリーを含まず、効果的に水分補給ができ、疲労回復や体力の増進、さらには脂肪燃焼作用といった効果まで発揮してくれると話題のドリンク。

そんな気になるドリンクとは一体…